CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 石工と医師 | Main | 組織内からの抗議・異論に耳傾けよ »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
にんげんみたいなわたし[2019年02月22日(Fri)]

月の夜には    池井昌樹

むかしうみとかそらとかあって
さかなもとりもともにいて
いまからおもえばゆめのよう

むかしあさぼしよぼしがあって
あさからよるまではたらいて
みのたけほどのくらしがあって

むかしめおともおやこもあって
まずしかったしけんかもしたが
ほんとにたのしかったよなあ

いったいいつからなんだろう
こんなところにおしこまれ
こんなところにつるされて

ときどきえさなどあてがわれたり
きりなどふきつけられたりしても
うまくもかゆくもたのしくもなく

つきのよるには
むしょうにむかしがこいしくて
にんげんみたいにないたりもして


『一輪』(思潮社、2003年)より

◆今もあるだろうか、「かきかたえんぴつ」というのがあった。
真新しい筆箱に消しゴムや鉛筆削りとともに削ったばかりのやつを何本か収めてランドセルに入れた。
池井にはその「かきかたえんぴつ」で綴ったような、ひらがなの詩が多い。
そうして、平易な表現に、もらったキャラメルに涙のしょっぱさが混じったような孤独の味がある。別題として「むかしを夢む」とでも付けたいようなノスタルジアの気分が歌われている。

◆一編は七・五、七・七を基調としている。
七五でなめらかに言葉を紡いで行くが、結びはこの詩のように「〜して」と言いさしていることが少なくない。
それは、ことばにまつわる感情が何ものかの不在から生じているからだろう。
不存在への悲しみを表現するには詠嘆で完結させれば済むけれど、言いさして一編を終えるのは、不在のものをどこまでも求める生き方を選択しているからで、それがこの人にとって詩をつくることの意味だろう。

◆籠の中の鳥のような今の姿は自分ひとりを襲った運命なのではない。
幾世代も経て生き物の進化を逆にたどってしまったかのような人間の、その一人が「わたし」なのだ、と観じているひと。

190222池井昌樹『一輪』(抄)2003年.jpg



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1147
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml