CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「湘南フィルハーモニー管弦楽団」第39回コンサートまぢか | Main | 今日、あなたは空を見上げましたか »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
うち続く破壊[2019年02月15日(Fri)]

◆子どもたちの受難がやまない。
断片的に伝えられる家族の姿の点描から推し量るに、その母もまた被害者である。
傷つけた父親やそれを黙認した者もまた、職場や社会やそれまでの暮らしにおいて、より大きな悪に立ち向かう力を育むよりは、抗するすべを持たない者を支配することを慰藉とする生き方になずんで来なかったか。

そうして、弱さの根源に想像力を働かせることなく、非道への憤りを呑み込んで、自分は違うからとうそぶいて、壊れるままに放置して来なかったか、私らは。


あふれる光を   大洲秋登(おおすあきと)

あおい空を
こわさないで

ガラスびんを
たたきつけるように

つぶらな目から
かがやきを消さないで

しずかな湖に
石をなげこむように

みんなの夢を
ふみつぶさないで

ぶどうを ひとつぶ ひとつぶ
つぶしていくように

家から
おいださないで

手をちぎらないで
足をもぎとらないで

山から木を
畑からみどりを
川から水を

人から
ことばを

とりあげないで

なにもかも
ふきとってしまうように

原子のキノコ雲を
はやさないで

そして
空にかかげよ

あふれる光を
こどもたちに

すべての
生きるものたちに


*大洲秋登詩集『あおくかがやいて』(かど創房、2004年)より


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1140
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml