CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 合言葉〈ノーパサラン=彼らを通すな〉 | Main | うち続く破壊 »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「湘南フィルハーモニー管弦楽団」第39回コンサートまぢか[2019年02月14日(Thu)]

190217湘南フィルハーモニーO_0001.jpg

湘南フィルハーモニー管弦楽団の演奏会が間近だ。
1977年にCAGとして発足して以来、39回目を数える。
認定NPO法人として、地域に音楽を届ける活動も活発だ。

会場は改修を終えた茅ヶ崎市民文化会館。
ソリスト3人の豪華メンバーによるベートーヴェンのトリプルコンチェルトを含むプログラムだ。


湘南フィルハーモニー管弦楽団 第39回コンサート

日時 2019年2月17日(日)
会場 茅ヶ崎市民文化会館
開場 12:45 
開演 13:30 

《指揮》 鈴木竜哉
《ソリスト》 
 ピアノ 清水紀子
 ヴァイオリン 清水謙二
 チェロ ルドヴィート・カンタ
 
《曲目》 
モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲
ベートーヴェン ピアノ、ヴァイオリン、チェロとオーケストラのための協奏曲
ベート−ヴェン 交響曲第5番「運命」  

同フィルのホームページは
http://shonanphil.web.fc2.com/

190217湘南フィルハーモニーO_0002.jpg

*******

本番    アーサー・ビナード

ゼンマイがうずまきの
若葉をだしはじめると
丘は開演まえの
オーケストラボックスに

綿毛をかすかにふるわせて
ヴァヴァ……ゼォゼォゼォー
身の張りをおのおの
調律しながらのびる

全員がひらけばいよいよ
風に弾かれて演奏
でもこの会場に早めに
きていた客は思いだす――
音合わせのほの暗い
さだまらない音色を

本番はあのとき
もうはじまっていた


『詩の風景 アーサービナード詩集 ゴミの日』(理論社、2008年)より




この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1139
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml