CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 都教委「都立高校改革推進計画・新実施計画(第二次)(案)の骨子」にご意見を | Main | 石原吉郎の「方向」 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈心にはたくさんのドアが――〉E.ディキンソン[2018年12月22日(Sat)]

DSCN9339-A.jpg
バルーン・アートによるサンタクロース。
湘南台駅地下コンコースにあるイルミネーションのステージに置かれていた。

*******


心にはたくさんのドアがあります――
       エミリー・ディキンソン


心にはたくさんのドアがあります――
わたしにできるのはノックだけ――
「お入り」とやさしくいってもらえないかと
懸命に耳をすませて――
拒絶にあっても悲しみはいたしません、
わたしには糧(かて)なのです
どこかに、至高の方の、
いらっしゃることが――


原題'The Heart has many Doors――'(1883年頃)
 *亀井俊介・編「対訳 ディキンソン詩集」(岩波文庫、1998年)によった

◆「心」は「至高の方」(Supremacy)の心か、あるいはこの世界を越えた「もう一つの世界」の心か、いずれにせよ〈なにか偉大なる者の心、であろう〉――と編者は注記しているが、それは「我が心」であっても全く差し支えあるまい。内心の声に耳傾けようとする者はすでに自身が己を超えた者に真っ直ぐにつながっていることを知っているのだから。
ドアが開いた時にそれは確信に変わるが、たといドアが開かぬままだったとしても、その人は祈り求めることをやめないであろうから。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1085
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml