CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「黙っていれば、それを恥じる時がやってくる」 | Main | 本郷新「太陽の母子像」 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「鳥は/最も激しいことを考えている」[2018年12月11日(Tue)]

DSCN9295.JPG
葉物野菜が真っ直ぐな列をなしてなかなかイイ感じだった。
相鉄線・ゆめが丘駅前で。

*******

直喩のように   北村 太郎

いっぱい屑の詰まった
屑箱をあけたあと
初めてそこへ投げ捨てた紙がたてる
音のように
さわやかな冬の朝

鳥が
悠々と空に舞いながら
ふっと静止するときがある
そのとき
鳥は
最も激しいことを考えているのだ
そのように
風と
風のあいだの冬の林


 「続・北村太郎詩集」(思潮社・現代詩文庫、1994年)

◆鳥が空中で「ふっと静止するとき」鳥は「最も激しいことを考えている」と言う。
自らの肉体の重さと翼の生み出した揚力とがつり合う瞬間、どんな「激しいこと」を鳥たちは考えるのだろう。

よだか(宮沢賢治「よだかの星」)のように絶望して地べたに身をたたきつけようとするのか、それとも「どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって」行くことか。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1074
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml