CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈在られる〉われわれ | Main | パペットのような「さとくん」 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
閑話休題[2018年11月21日(Wed)]

DSCN9111.JPG
アオサギとカモたち。

◆鳥同士で獲物を掠め取ることがあるのかどうか知らないが、人間界では「なりすましサギ」事件が一向に減らない。被害者の多くは高齢者。

◆一方で、歳費や政党助成金をチョロまかす議員バッジの徒輩や、実直に納税する国民を嘲笑うかのように税を逃れ、会社を私物化する企業トップがひきもきらず。

掠め取る相手が違うだろう!と言いたい。

*******

「朝の鏡」より   北村 太郎

朝の水が一滴、ほそい剃刀の
刃の上に光って落ちる――それが
一生というものか。残酷だ。
なぜ、ぼくは生きていられるのか。嵐の
海を一日中、見つめているような
眼をして、人生の半ばを過ぎた


 「朝の鏡」の最終(第5)連。
 『北村太郎詩集』(思潮社現代詩文庫、1975年)によった。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1054
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml