CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 動乱の世界に生身を賭ける | Main | 心を偽造するわけにはいかない »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「空虚な建設」や「卑小な希望」ばかり[2018年10月28日(Sun)]

DSCN8889.JPG

◇ホオジロ。雀の大きさほどだが、群れないのが好もしいし、さえずりもまた悪くない……
……

◆ところが田村驤黷ノとっては、鳥たちはことごとく次のようなものとして存在するらしい。


〈言葉のない世界〉より  田村 驤




鳥の目は邪悪そのもの
彼は観察し批評しない
鳥の舌は邪悪そのもの
彼は嚥下し批評しない


*詩集〈言葉のない世界〉より

◆幾千言費やしたものであれ、寸鉄刺すようなものであれ、ことばで批評してくるものは何者でもない。しかし鳥はそんなものをぶつけては来ない。
ただひたすら世界とそこにさまよう自分を観察し、己が喰らうべきものを喰らって呑み下すだけだ。まるでこちらを相手にしている風ではない。
彼に見下ろされるようにして落下し漂流する自分が行くのは〈空虚な建設も卑小な希望もない道〉〈破壊と繁殖〉〈再創造と断片〉の針の道だ(「8」の第2連)。

◆この詩もテーマは「死」とそれに抗う自分であって、冥府の門番のような鳥に見下ろされている人間が、「建設」だ、「希望」だ、「創造」だ、と景気のいい言葉を連ねたところで、どれもたちまち氷結して粉々に砕け散る、ということを詩人は良く知っている。

DSCN8893.JPG



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1030
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml