CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 相澤等『築地魚河岸』ほか | Main | 「大岡信ことば館」閉館とソロバン »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
地虫の生涯[2018年10月22日(Mon)]

大岡信にこんな短詩がある。

時間  大岡 信

地虫は一生の間知らずに終る
一メートル離れた根に棲む隣人を


 『草府にて』(1984年)所収。岩波文庫『自選 大岡信詩集』(2016年)によった。

◆木の根方をうごめく地虫に我々の孤独を重ねて見ているようだ。
立ち上がればすぐ隣の木の根方にも同様のやつが這い回っているのだが、そして両方に目を注ぐ自分には彼らの連帯を願う気持ちすらあるのだが、立ち上がって見下ろす気にはなれない。

一メートルどころか千キロだって移動することさえある人間なのに、その一人である己もまた、己よりはるかに大きな何者かに見つめられていることを感じているからだ。

*******

◆先日出会った上野公園の東京藝大卒業制作からもう一点――

DSCN8668黒氏琢也「ムズムズ」2018年.JPG

黒氏琢也「ムズムズ」 (2018年)

なぜ「ムズムズ」という題なのか、離れて見ていてはわからない。
近づいて根元を見ると――

DSCN8670黒氏琢也「ムズムズ」2018年-a.jpg

――というしかけである。

足下に蠢く虫たちにそそのかされてか、樹上には熾(さか)んに炎が噴きあがっているようだ。
あるいは木肌をはい上がる虫たち自らが、次々と我が身を灼いて空に昇って行くようでもある。

DSCN8671黒氏琢也「ムズムズ」2018年.JPG


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1024
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml