CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

とくしま県民活動プラザ

とくしま県民活動プラザは、社会貢献活動を行っているみなさんや、これから参加したいと考えているみなさんの、
主体的・積極的な活動を支援するための拠点です。


プラザトップページへ→(http://www.plaza-tokushima.com/)


柿原小学校で出前授業を行いました! [2018年11月07日(Wed)]
柿原小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月7日(水)
・講師:リヴィング・ラボとくしま 佐古 修司さん
・学習のねらい:理学療法士の指導による体つくり運動をとおして、児童の体力向上を図る。

1.準備運動
2.体ほぐしの運動 
 ・いろいろなウォーキング 前方歩き、後方歩き、横歩き(左右)
 ・10m走
 ・10人程度で円陣を組んで 上(ジャンプ)下(しゃがむ)左右
(サイドステップ)
3.競争ゲーム(3年生vs4年生)
 ・トンネル列車ゲーム
4.おにごっこ(ふえおに)

  当日は、オープンスクールで、限られた時間の中で、児童は、いっぱい汗をかき、いろいろな動き(体ほぐし運動)を楽しみました。

IMG_3132.JPG
IMG_3139.JPG
IMG_3146.JPG
IMG_3156.JPG
堀江南小学校で出前授業を行いました! [2018年11月01日(Thu)]
堀江南小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月1日(木)
・講師:ハンガリー音楽を楽しむ会 山本 貴子さん
・学習のねらい:優れた芸術や伝統文化等にふれることを通して
        豊かな情操を育む。
1.校長挨拶・講師紹介
2.コンサート 演奏曲11曲(内2曲は児童が一緒に合唱)
・児童は、最初緊張していましたたが、講師が児童に分かり易くかつ興味を持てるようにエピソードを交えながら曲紹介を行ったため、徐々に緊張も解け、中盤頃からは、非常に元気よく、楽しそうな表情で演奏に聴き入っていました。
・「トロイメライ(ドイツ語で夢を持ってという意味)」の演奏時には、講師は児童数名に将来の夢を尋ねるなど、児童との交流を図っていました。
・「トルコ行進曲」の演奏時には、児童たちはトルコ兵となって、ピアノの音色に合わせ足を踏み鳴らすなど、楽しそうな表情が見られました。
3.児童代表お礼の言葉・花束贈呈

IMG_9271.JPG

IMG_9276.JPG
IMG_9284.JPG
IMG_9290.JPG
三庄小学校で出前授業を行いました! [2018年11月01日(Thu)]
三庄小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月1日(木)
・講師:NPO法人日本防災士会・徳島県支部 高橋ヒトミさん他2名
・学習のねらい:地震災害への備えとして東みよし町の取組を見聞したり、身近なものから防災グッズを作ったりして、児童の防災意識を高める。また、いざという時に自ら進んで避難行動をとることができるようにする。

前半(9:30〜10:20)体育館・学校敷地内
 1.備蓄倉庫の見学
 2.災害伝言板171利用方法
 3.簡易トイレの紹介
 4.キッチンペーパーマスクの作成
 5.新聞紙スリッパ作成
後半(10:45〜11:30)5年生教室
 1.DVD「もし今、地震が起きたら」視聴
 2.東みよし町の被害想定紹介(震度分布、液状化分布、浸水域分布)
 3.防災ハンドブック・暮らしの中の防災(東みよし町作成)を活用
 4.家庭での備蓄物
 5.防災パネルクイズ
 
 防災士の高橋さんは、三庄小学校の卒業生であり昨年度まで当校の保護者でもありました。身近な人から直接指導していただいたことで、児童の防災意識が高まったと思われます。

IMG_3116.JPG
IMG_3120.JPG
IMG_3123.JPG
IMG_3126.JPG
加茂名小学校で出前授業を行いました! [2018年10月31日(Wed)]
加茂名小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月31日(水)
・講師:NPO法人はぐみの会 理事長 船越 昌一さん他3名
・学習のめあて:和太鼓に親しみ、簡単なリズム打ちができる。
       :ペーパークラフトでつくったお皿を使い、和の文化である皿回しを楽しむ。1.ペーパークラフト体験 お皿を作って皿回しを楽しもう。
@紙皿3枚を重ね、色テープで4箇所留める。
A紙コップの底を平らに切り取り、お皿の底の部分にボンドで張り付ける。
B乾いたら、菜ばし使い、皿回しにチャレンジ。
 ※手首を柔らかくし、くるくる回すのがポイント。
2.和太鼓のワークショップ(長胴太鼓6つ、平胴太鼓2つ、しめ太鼓2つ)
@講師3人による迫力ある模範演奏:豊稔太鼓、たいこばやし
Aバチの握り方、試打
B雷さんの太鼓:上から叩き落すイメージで ドーンドコドコドコ
 1番雷→2番雷→3番雷……‥…10番雷(ヤー)の掛け声で全員がたたく
C「打合せ太鼓」(神奈川県三浦市三崎町に伝わる)にチャレンジ
 ・3人一組でトライアングルを作り、交代しながらたたく。
 ・「スットン スットン トトーン トントン」のリズムを3回たたいて一周り、2回たたいて2周り、1回たたいて3周り
 
 児童は、3人の息を合わせ打合せ太鼓をたたけるようになった達成感、手作りの紙皿で皿回しができるようになった喜びを味わい、いきいきと活動していました。

IMG_9175.JPG
IMG_9180.JPG
IMG_9218.JPG
IMG_9237.JPG
徳島県立聴覚支援学校で出前授業を行いました! [2018年10月24日(Wed)]
徳島県立聴覚支援学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月24日(水)
・講師:NPO法人全国邦楽合奏協会 藤本 玲さん、平岡 香織さん
・学習のめあて:日本の伝統的な和楽器であるお箏に親しむとともに、基本的な奏法を身につけ
        る。
1.模範演奏「土人形」
2.お箏の変遷、お筝をかたどったお菓子(八つ橋)の話、角爪の着け方
3.お筝の弾き方、座り方、姿勢、作法等について
4.指使い 親指で糸を弾くように弾く。しっかり弾くために薬指を糸にかけることがポイント。  
5.「さくらさくら」を個別に練習。
6.2班に分かれて「さくらさくら」の合奏を発表する。
7.全員で「さくらさくら」を合奏する。
8.先生方、大人チームも発表する。生徒の方が上手!!
9.数種類の打楽器とお筝で「さくらさくら」を合奏する。
 
 初めて触れるお筝に緊張気味の生徒達でしたが、藤本先生の明るくて朗らかな指導により、全員で「さくらさくら」が合奏できるまでに上達しました。生徒の感想には「『美しい音色が出ているよ』と褒められたのがうれしかった。他の和楽器にも触れてみたい」とありました。

IMG_3058.JPG
IMG_3072.JPG
IMG_3077.JPG
IMG_3096.JPG
美馬市貞光中学校で出前授業を行いました! [2018年10月21日(Sun)]
美馬市貞光中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月21日(日)
・講師:NPO法人日本防災士会・徳島県支部の 防災士3名
・学習のねらい:地域と連携した貞光中学校防災活動の活性化と地域防災の担い手の育成
8:10〜 震度7を想定した避難訓練
8:30〜 開会式
8:40〜 35分×4コマの防災訓練
12:00〜 昼食(防災食:カレーライス)
12:30〜 閉会式
全校生127名が4つの隊を形成し、35分×4コマの防災訓練を行いました。NPO法人日本防災士会・徳島県支部の講師の方は、4コマのうちの一つの訓練「避難所運営シュミレーション体験」を担当しました。
1.「避難所で生活する上で大切なこと」
〇人・設備・資材の確保。
〇避難所運営に必要なルールの策定と遵守。
〇共同生活における思いやり。
2.新聞紙でスリッパを作る
3.段ボール製簡易トイレの組み立て(3〜4人一組で)
他の団体による防災訓練:AEDをつかった心肺蘇生、ロープワークと土のうづくり
             消火活動・煙体験、応急担架作り体験、防災グッズの観察
 学校・地域・防災関係の機関が、しっかり連携した防災訓練でした。体験した生徒さん一人一人が、地域防災の担い手としての自覚を持ち、協力して防災活動に取り組んでいこうとする態度が育成されたと思います。
IMG_3001.JPGIMG_3002.JPGIMG_3010.JPGIMG_3015.JPG
NPO・ボランティア団体と教職員によるプラザ・サロンを開催しました。 [2018年10月20日(Sat)]
NPO・ボランティア団体と教職員によるプラザ・サロンを開催しました。
日時:平成30年10月20日(土)9時00分〜12時00分
場所:徳島県教育会館 3・4F会議室
参加団体:NPO・ボランティア団体 7団体15人、教職員21人、徳教団役員2名

1.講演「子どもと学びを楽しむために〜特別支援教育の視点で〜」という演題で、徳島県保育・幼児教育アドバイザー、鳴門市教育支援アドバイザー、東京都特別支援教室心理相談員 早川貴久子先生にお話しいただきました。発達障がいのある子をよく観察し適当な支援・細やかな配慮を施し、子どもが安心して生活できるようにする、「医療は診断し投薬するまで。最後は、教育の力だ。」という言葉が印象に残りました。これまでの経験に基づいた具体的な支援の方法がたいへん勉強になりました。 
2.プラザ・サロン
 7団体各2分ずつ団体の活動紹介をしていただきました。その後、4つの班に分かれ「子どもを核とした学校と団体とのよりよい連携の在り方について」討議を行いました。いろいろな意見が交わされ、60分があっという間に過ぎました。プラザとしては、情報交換を通して学校と団体とをつなげ、少しずつでも連携が図られるよう支援したい旨を伝えました。
 参加した団体からは、来年度も継続してほしいとの声があがりました。
IMG_9139.JPG
IMG_9121.JPGIMG_9138.JPGIMG_9156.JPG
Posted by プラザ at 00:00 | この記事のURL
小松島南中学校で出前授業を行いました! [2018年10月17日(Wed)]
小松島南中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月17日(水)
・講師:リヴィング・ラボとくしま 河口 晶さん
・学習のねらい:基本のだしを五感を使って味わい、食材とだしの関係等について学習する
活動の流れ
➀活動の展開の説明
A達成目標を立て班ごとに発表する
Bだしの説明
Cだしの比較
D調理実習(40分間)
E試食
調理実習:「だしの旨味を味わおう」
1.だしとは?天然素材のもつパワーで料理のベースです。
2.和食3つのポイント
3.和食のだしは、カラッカラ
4.水と和食
  日本の水(軟水)とだし素材(乾物)との相性
5.だしのテイスティング  
  ・こんぶだし、いりこだし、かつおだし
  ・テイスティングのコツ
6.調理実習
  ・すまし汁
  ・だしがらお好み焼き

 だしは組み合わせることでうまみがぐんと増します。これを「うまみの相乗効果」といいます。生徒たちは実際に3種類のだしをテイスティングし、うまみの違いを充分に感じられたと思います。また、調理実習では、こんぶやかつおのだしがらを使ってお好み焼きを作り、だしがらの活用方法も学びました。
IMG_2939.JPGIMG_2950.JPG
IMG_2985.JPG
IMG_2963.JPG
板野郡北島中学校で出前授業を行いました! [2018年10月16日(Tue)]
板野郡北島中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月16日(火)
・講師:消費被害を減らす会 土倉 啓介さん
・学習のねらい:「消費者被害を減らすために」
北島中学1年生の総合的な学習の時間に「消費者被害の事例と予防策」について講義を行いました。 
1.消費生活センターとは 消費者ホットライン188番
2.契約とは 売買契約のしくみなど
3.SNSトラブルの例と予防策
  ・なりすまし ・デート商法 
  ・こんな言葉に要注意「必ず儲かる」「みんなやっている」
  「人を紹介するだけで報酬がもらえる」
4.出会い系サイトのトラブル事例と予防策
  ・自分のスマホの位置情報をつけないようにすることも予防になる
5.オンラインゲームの高額請求の事例と予防策
6.携帯電話の契約について
7.ネットショッピング等インターネット上での売買契約の注意点
  正しいURLなのか確認、1回のみの購入か定期購入なのか確かめる
  情報を見極める、正しい情報かどうか判断する力を養うことが大事
8.もしも被害にあった時 
  一人で抱え込まずに、保護者、学校、警察、消費生活センターへ相談を
IMG_2922.JPG
get="_blank">IMG_2920.JPG
IMG_2926.JPG
板野町板野南小学校で出前授業を行いました! [2018年10月12日(Fri)]
板野町板野南小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年10月12日(金)9:30〜12:15
・講師:NPO法人太鼓の楽校 理事長 中西 渉さん
・学習のねらい:演奏体験を通して和太鼓に親しみ、簡単なリズム打ちができるようになる。
1.太鼓に触れてみる。手のひらでたたいて音を出す。
  牛の皮でできている。よく弾く等の感想 
2.ばちでたたいてみよう。
・ばちの握り方
・肘を伸ばし、左右交互にたたく。膝を使ってしっかりたたこう。
・右手8拍、左手8拍→右手4拍、左手4拍→右手2拍、左手2拍→左右1拍ずつ交互に、その他いろんなリズムをたたいてみる。
3.太鼓の曲作りをしよう。
・2つの班に分かれ、テーマを決めて言葉集めをする。
・講師や先生の協力を得て集めた言葉に簡単なリズムをつける。ドドーンドン等
4.グループで練習
5.班ごとに発表する。

 子どもたちは覚えが早く、短時間でリズム打ちができるようになりました。元気な掛け声とともに、桶太鼓の音が体育館に鳴り響きました。 

IMG_2832.JPG


IMG_2845.JPG
IMG_2855.JPG
| 次へ
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集