CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

とくしま県民活動プラザ

とくしま県民活動プラザは、社会貢献活動を行っているみなさんや、これから参加したいと考えているみなさんの、
主体的・積極的な活動を支援するための拠点です。


プラザトップページへ→(http://www.plaza-tokushima.com/)


穴吹中学校で出前授業を行いました! [2019年01月11日(Fri)]
穴吹中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成31年1月11日(金)
・講師:NPO法人日本防災士会・徳島県支部 板東 文雄さん他4名
・学習のねらい:防災に関する講話や訓練を通じて、生徒の防災意識の向上を図る。
1.講話・訓練
 1校時 三橋防災士による講話「地域の自然災害を知る」
    ・南海トラフ巨大地震
    ・中央構造線活断層地震に起因する二次災害等
    ・台風、集中豪雨に起因する二次災害
    ・地域の土砂災害想定
 2校時〜3校時 生徒が2つのグループに分かれて実技訓練を行う。
    ・クロスロード(5問程度をグループで話し合う)
    ・ロープワーク
      パイプいすを使い、まきむすび
      もやいむすび
      ほんむすび
      れんぞくふしむすび
 4校時 前半・後半でそれぞれ異なる訓練をする
    ・新聞紙スリッパづくり(2種類)
    ・段ボール簡易ベッドづくり(3台)
2.給 食 婦人会による防災炊き出し(カレーライス)
 
 本時の学習で、生徒は自分たちの町で起こりうる自然災害に気付くことができ、災害が発生した時に適切な行動がとれるよう、平素から考えておくことの大切さを理解することができました。
IMG_3454.JPGIMG_3486.JPGIMG_3531.JPGIMG_3544.JPG
徳島中央高校定時制課程夜間部で出前授業を行いました! [2018年12月19日(Wed)]
徳島中央高校定時制課程夜間部で出前授業を行いました!
・日時:平成30年12月19日(水)
・講師:NPO法人ボランティアドッグ育成センター 賀川 比路さん、奥谷 明子さん
・学習のねらい:講話や実演を通して、肢体不自由者や難聴者を支える介助犬や聴導犬の果たす役割を知り、ともに支え合って生きていこうとする心情を養う。
1.犬の紹介 聴導犬レンくん(ミニチュアダックスフンド・7才)
       介助犬シドくん(ラブラドールとゴールデンのミックス7才)
2.講話(パワーポイントを使って説明)
 ・補助犬とは、盲導犬・介助犬・聴導犬のこと。補助犬は、「人と人をつなぐ犬」
 ・全国に、盲導犬941頭(県内3),介助犬66頭(県内2),聴導犬67頭(県内1)いる。(H30年10月末現在)セラピー犬は多い。
 ・盲導犬には不向きと判断された犬→介助犬に
生後〜1歳まで 社会化期(環境への順応の様子、他人に対しての友好的な態度等)
その後、2カ月間程度:基本の服従訓練
その後、4カ月間程度:介助動作の訓練
そして、40日間以上の合同訓練を経て、介助犬になる。
3.実演 
 聴導犬・人の手の動作で指示を与える。
 ・目覚まし、タイマー、携帯のベル、マナーモードのバイブ音に反応し、ユーザーに知らせる。
 介助犬・指示は英語で出している。
 ・アップ(立ち上がれ)ダウン(伏せ)ステイ(待て)
  テイクウォーター(水をもってきて)→アウト(口から放して)→ヒール(傍に来て)、テイクプッシュ(冷蔵庫のドアを閉めて)等
4.聴導犬・介助犬とのふれあいタイム

 講話の中で、「人と犬が、互いに相手を大切に思う気持ちを持つことが大事だ」という言葉が印象に残りました。
IMG_3420.JPG

IMG_3417.JPG
IMG_3418.JPG
IMG_3433.JPG
≪ヨッピータウン・ピッピータウン開催報告!≫ [2018年12月15日(Sat)]
お箏.JPG

【日時】平成30年12月15日(土)9:40〜14:30
【場所】吉野川市交流センター(吉野川市川島町桑村2827-20)
書道部.JPG

子どもが、NPO・ボランティアの活動家から社会貢献活動について教わりながら、まちづくりを進める「ヨッピータウン・ピッピータウン」を開催しました!
当日は、快晴の中、総勢64名以上の子どもたちが活動に取り組みました。
「まち」の主役である子どもたちは、初めて出会う大人や友達ともコミュニケーションを図りながら、いきいきと活動し、NPO・ボランティアへの理解を深めていました。
けん玉.JPG

「ヨッピータウン・ピッピータウン」での体験活動を通じて、子どもたちが社会貢献活動の役割、重要性を学んでもらえたかと思います。
総合型.JPG

ご協力いただいた参加団体の皆さま、吉野川市教育委員会の皆さま、吉野川市社会福祉協議会の皆さま、川島高校運営ボランティアの皆さま、この場を借りてお礼申しあげます。
バルーン.JPG


【ヨッピータウン・ピッピータウン参加団体】
・吉野川市総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会
・紙芝居ボランティア「おしゃべりくまさん」
・移動販売 あじみ
・特定非営利活動法人 全国邦楽合奏協会
・吉野川高校JRC・インターアクト部
・m.gree
・h.green
・ジャンキーファンキー
・川島高校 エシカルクラブ
・川島高校 書道部
・徳島ドローン協会
・NPO法人 佐那人
・徳島けん玉道場
・たこやき次郎
・NPO法人 江川エコフレンド
池田小学校で出前授業を行いました! [2018年12月11日(Tue)]
池田小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年12月11日(火)
・講師:NPO法人全国邦楽合奏協会 藤本玲さん、平岡香織さん、片山さん
・学習のねらい:お箏や尺八の音色の美しさを味わい、邦楽の特徴を感じ取って聴くことができる。
1.宮城道雄作「春の海」のお筝・尺八の演奏を鑑賞する。
2.お筝の二重奏「土人形」を鑑賞する。
  ※和楽器は、一音一音の余韻を楽しむ。
3.実際に、尺八に触れて音を出してみよう。「吹いても吹いても音が出ないなあ」
4.お筝を弾く時の座り方、姿勢、指使い等について
  ※ 親指で糸をはじくように弾く。しっかり弾くために薬指を糸にかける。  
5.「さくらさくら」を弾いてみよう。

 児童は、短時間の間に二つの和楽器に触れることができました。なかなか音が出ないが尺八。はじけば音が出ますが、曲を奏でるまでには至らなかったお筝。どちらも奥が深い和楽器である。生演奏で「春の海」を鑑賞した後には、大きな拍手が起こりました。音色の美しさに感動したのでしょう
IMG_3372.JPG
IMG_3373.JPG
IMG_3377.JPG
IMG_3394.JPG
IMG_3401.JPG
高志小学校で出前授業を行いました! [2018年12月09日(Sun)]
高志小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年12月9日(日)
・講師:NPO法人環境とくしまネットワーク 島田 芳美さん
・学習のめあて:風呂敷を活用を通して、「地球にやさしい生活」について考えよう。
1.風呂敷って? 
・風呂敷を知っている児童3分の1程度。実際に風呂敷を使ったことがある児童3名。風呂敷が家にある児童9名。
2.いろんな風呂敷を見てみよう 何が違う?「柄、大きさ」形は正方形に近い長方形
風呂敷の大きさ30cm角、70cm、90cm、100cm、120cm、180cm、230cm
大きさによって用途が異なる。
3.風呂敷の歴史について 「風呂敷は平安時代からあった!」
4.風呂敷の機能性 
包んだものを保護するはたらき、中身がばらけないようにしっかり結ぶことが重要
5.風呂敷の結び方を練習しよう(具体物を提示)
@ひとつ結び Aま結び(強く引っ張っても外れない)
風呂敷を三角に折り、両端をひとつ結び、頂点どうしをま結びにすれば簡単な手提げになるよ。
6.ボールをスイカに見立てて風呂敷で包んでみよう。(親子でチャレンジ)
※風呂敷は丸いもの長いもの等なんでも包むことができる便利なものだよ。
7.風呂敷を買い物かごにセットすればレジ袋に代わるエコバッグになるよ。
8・レジ袋を作るのに、おちょこ一杯分の石油が必要。燃やすとふうせん玉1つ分のco2が発
  生。暮らしを自ら見直せば、レジ袋を減らすことはできるよ。
 本授業を通して、日本古来の風呂敷に親しむとともに、風呂敷のよさに気づき、日常生活の中でレジ袋の使用を減らし、風呂敷を活用しようとする意欲を高めることができました。

IMG_3337.JPG
IMG_3340.JPG
IMG_3348.JPG
IMG_3350.JPG
NPO団体のための「チラシの企画から配布方法までの講座」を開催しました。 [2018年12月08日(Sat)]
日時:平成30年12月8日(土)13:00〜16:00
場所:とくしま県民活動プラザ 研修室(沖洲マリンターミナルビル1階)
講師:とくしま県民活動プラザ 職員

IMG_6588.JPG

IMG_6589.JPG

IMG_65900.JPG

IMG_65930.JPG



よく使うソフトの紹介や画像加工の方法、実際にテンプレートを使ってチラシを作成するなど、今後の活動に繋がっていくような実りのある講座となりました。ご参加頂いた団体の皆さまありがとうございました。
山川中学校で出前授業を行いました! [2018年11月30日(Fri)]
山川中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月30日(金)
・講師:NPO法人ボランティアドッグ育成センター 賀川 比路さん、奥谷明子さん
・学習のねらい:講話や実演を通して、肢体不自由者や難聴者を支える介助犬や聴導犬の果たす役割を知り、ともに支え合う地域社会を実現しようとする意欲を高める。
1.犬の紹介 聴導犬レンくん(ミニチュアダックスフンド・7才)
       介助犬ケイシーくん(ラブラドールレトリーバー・7才)
       介助犬シドくん
2.講話
県内には現在、盲導犬3頭、介助犬2頭、聴導犬1頭いる。セラピー犬は多い。基本の服従訓練は生後4カ月からスタート。1才からは、介助犬や聴導犬に向けての訓練となる。
介助犬等はがんばり屋さんで決してあきらめない。がんばれば褒めてくれるんだという意識が強い。実際、レン、ケイシー、シドは、実演の後、ドッグインストラクターにもっと褒めてほしいと、度々スキンシップを求めた。
3.実演 
聴導犬・人の手の動作で指示を与える。
   ・目覚まし、タイマー、携帯のベル、マナーモードのバイブ音に反応し、ユーザーに知らせる。
介助犬・指示は英語で出している。
    アップ(立ち上がれ)ダウン(伏せ)ステイ(待て)
    テイクウォーター(水をもってきて)→アウト(口から放して)→ヒール(傍に来て)、テイクプッシュ(冷蔵庫のドアを閉めて)等
4.聴導犬・介助犬とのふれあいタイム

 講師の方は、「もっとたくさんの方に介助犬や聴導犬への関心を持ってもらいたい。そのために、イベントや出前授業をして、ボランティアドッグの普及・拡大に取り組んでいる」と力強く語っていました。

IMG_9313.JPG
IMG_9326.JPGIMG_9330.JPGIMG_9331.JPGIMG_9368.JPG
木屋平幼・小・中学校で出前授業を行いました! [2018年11月15日(Thu)]
木屋平幼・小・中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月15日(木)
・講師:NPO法人ボランティアドッグ育成センター 賀川 比路さん
・学習のねらい:講話や実演を通して、肢体不自由者や難聴者を支える介助犬や聴導犬の果たす役割を知り、ともに支え合う地域社会を実現しようとする意欲を高める。
聴導犬レンくん(ミニチュアダックスフンド・7才)
介助犬ケイシー(ラブラドールレトリーバー・7才)
1.講話
県内には現在、盲導犬3頭、介助犬2頭、聴導犬1頭がいる。セラピー犬は多い。
基本の服従訓練は生後4カ月からスタート。
1才からは、介助犬や聴導犬に向けての訓練となる。
介助犬等はがんばり屋さん。決してあきらめない。がんばれば褒めてくれるんだという意識が強い。実際、ケイシーくんは、実演の後、賀川さんにもっと褒めてほしいと、度々スキンシップを求めた。
2.実演 
聴導犬・人の手の動作で指示を与える。
   ・目覚まし、タイマー、携帯のベル、マナーモードのバイブ音
    に反応し、ユーザーに知らせる。
介助犬・指示は英語で出している。アップ(立ち上がれ)ダウン(伏
    せ)等、テイクウォーター(水をもってきて)→アウト(口
    から放して)→ヒール(傍に来て)、テイクプッシュ(冷蔵
    庫のドアを閉めて)
3.聴導犬・介助犬とのふれあいタイム

 「もっとたくさんの方に介助犬や聴導犬への関心を持ってもらいたい。そして、必要としているユーザーがボランティアドッグを持てるような社会を実現していきたい」と語る賀川さんの言葉が印象に残りました。
IMG_3281.JPG
IMG_3286.JPG
IMG_3290.JPGIMG_3302.JPG
相生中学校で出前授業を行いました! [2018年11月14日(Wed)]
相生中学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月14日(水)
・講師:リヴィング・ラボとくしま 河口 晶さん
・学習のねらい:出汁を味わい野菜の旨みを生かした調理をしよう。
1.かつお節と昆布の合わせ出しについて
 @出汁の種類・材料について
 A出汁の取り方
 B合わせ出汁を作ってみよう
 C合わせ出汁を味わってみよう (出汁のテイスティング)
 D旨味成分について知ろう
2.野菜の重ね煮を作ってアレンジしよう
 @重ね煮のよさ
 A作り方の説明(鍋底に塩を少々ふる→上に伸びる野菜等→葉物野菜→根野菜の順に千切りにした野菜を順序通り重ねていく→塩を少々ふる)
 今回の重ね煮は、鍋底から順にしいたけ→玉ねぎ→にんじん
 B中火で10分程度蒸す
 C甘い香りがしてきたら火を止める
3.信田焼き(油揚げ2枚、ごま油小さじ1杯)
 @油揚げを包丁で切り込みを入れ、袋状にする。
 A重ね煮の具を油揚げに詰める
 B用事で口を留める
 Cフライパンで少し焦げ目がつくまで焼く
 Dしょう油大さじ1杯程度かけて香味を出す。
 
 生徒は出汁や野菜の旨味を五感を使って味わい、素材を活かした信田焼きも味わって食しました。振り返りでは、本時の学びを家庭でも実践したいという感想が多かったです。
IMG_3164.JPG
IMG_3174.JPG
IMG_3196.JPG
IMG_3227.JPG
柿原小学校で出前授業を行いました! [2018年11月07日(Wed)]
柿原小学校で出前授業を行いました!
・日時:平成30年11月7日(水)
・講師:リヴィング・ラボとくしま 佐古 修司さん
・学習のねらい:理学療法士の指導による体つくり運動をとおして、児童の体力向上を図る。

1.準備運動
2.体ほぐしの運動 
 ・いろいろなウォーキング 前方歩き、後方歩き、横歩き(左右)
 ・10m走
 ・10人程度で円陣を組んで 上(ジャンプ)下(しゃがむ)左右
(サイドステップ)
3.競争ゲーム(3年生vs4年生)
 ・トンネル列車ゲーム
4.おにごっこ(ふえおに)

  当日は、オープンスクールで、限られた時間の中で、児童は、いっぱい汗をかき、いろいろな動き(体ほぐし運動)を楽しみました。

IMG_3132.JPG
IMG_3139.JPG
IMG_3146.JPG
IMG_3156.JPG
| 次へ
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集