CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とくしま県民活動プラザ 事業報告
とくしま県民活動プラザは、社会貢献活動を行っているみなさんや、
これから参加したいと考えているみなさんの、
主体的・積極的な活動を支援するための拠点です。

プラザトップページへ→(http://www.plaza-tokushima.com/)
徳島聴覚支援学校にて出前授業を行いました![2019年09月19日(Thu)]
日 時:令和元年9月19日(木)10:40〜11:40
場 所:徳島聴覚支援学校 体育館
講 師:NPO法人ボランティアドッグ育成センター  賀川 比路 氏
ねらい:補助犬の仕事の内容を知り、福祉についての理解を深める。
内 容:@講師紹介
    Aボランティアドッグの説明
    B休憩
    C介助犬と聴導犬の実演
    D質問タイム
    Eふれあいタイム
    F感想
    Gお礼のことば
※児童は、介助犬と聴導犬の仕事の様子を実際に見ることで、障がいのある方を助ける仕事をする補助犬についての理解を深めることができました。また、ふれあいタイムで犬たちと触れ合った子どもたちは、とても嬉しそうにリラックスした時間を過ごしていました。
IMG_1465.jpg

IMG_1475.jpg

IMG_1468.jpg

IMG_1477.jpg

IMG_1482.jpg
徳島県立ひのみね支援学校にて出前授業を行いました![2019年09月11日(Wed)]
日 時:令和元年9月11日(水)9:25〜11:05
場 所:徳島県立ひのみね支援学校 プレイルーム
講 師:リヴィング・ラボとくしま  有賀 理香 氏 他1名
ねらい:アロマを体験し、アロマテラピーの魅力や奥深さを体感する。
内 容:小学部・中学部・高等部の児童生徒と教員、保護者が、香りを楽しむとともに、効能についてのお話を聞いたり、アロママッサージを受けたりして楽しい時間を過ごしました。様々な種類のアロマや、その効能についての資料が用意されていて、アロマテラピーの魅力や奥深さを体感することができました。
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg


「ゆめバンクとくしま」助成事業が実施されました[2019年09月06日(Fri)]
7月28日に、板野町の県立総合教育センターで、「徳島県生涯学習インストラクター・コーディネーターの会主催」の講演会が行われました。

IMG_20190728_141332_20190730124002.jpg


20190728.pdf
Posted by プラザ at 13:15 | この記事のURL
県立池田高校辻校にて出前授業を行いました![2019年09月06日(Fri)]
日 時:令和元年9月6日(金)13:15〜14:30
場 所:池田高等学校辻校 体育館
講 師:NPO法人日本防災士会徳島県支部幹事 救急救命士 篠原隆史 氏・事務局長 板東文雄 氏
ねらい:災害からの被害を最小限にとどめるために、一人ひとりが今後起こりうる災害のリスクについて認識し、自分の身は自分で守るための知識を蓄え、いざというときに実践できるよう備える。
内 容:
@講師あいさつ
A講義 
・熊本地震被災者緊急支援活動、西日本豪雨災害被災者に対する緊急支援活動に参加した際の、被災地の様子や避難所の様子、支援活動の様子について。
・災害への備えや、発生時の行動や心構えについて。
B質疑応答

〇講演後の質疑応答では多くの生徒から質問があり、被災者支援のボランティア活動、災害発生時の心構えや行動に興味関心が高まりました。
IMG_0175.jpg

IMG_0185.jpg

IMG_0179.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0188.jpg





プラザ主催講座「NPOボランティア団体のための〜無料で情報発信できるSNSの使い方〜」を開催しました。[2019年08月17日(Sat)]
日時:8/17(土)10:00〜12:00
会場:とくしま県民活動プラザ 研修室
講師:株式会社 PLUS.a 代表取締役 有田 和重 氏

SNS.JPG

SNS3.JPG

SNS2.JPG


有田 和重様による、SNSの効果的な使い方について、具体的な例を挙げて教えて頂きました。
様々なSNSがありますが、どのサービスにも共通することは、新鮮な情報を継続的に投稿することが大切だということでした。
講座終了後も熱心に質問されてる方もいて、大変有意義な講座となりました。
ご参加頂いた皆さまありがとうございました。
鳴門高等学校にて、出前授業を行いました![2019年07月13日(Sat)]
日時:令和元年7月13日(土)9時00分〜12時00分
講師:NPO法人まちづくりサークル大麻   日下正幸 氏
   NPO法人アプサラ   鈴木 仁 氏
ねらい:子どもたちへの支援や、ふるさと観光ガイド等の体験学習をすることにより、ボランティア
    精神の育成と自己の進路への活路を自ら見出していく。
内容:(1)9:00〜10:20  講師:まちづくりサークル大麻 日下正幸氏 
   【地域の活性化、地域貢献に対する考え方を深める】 
    @講師あいさつ
    Aグループ分けをして、ロールプレイ。(板東駅に着いた観光客を道案内する設定)
    Bロールプレイをしての感想を発表。
    C板東に関するクイズ等。
image5.jpeg

image4.jpeg

   (2)10:30〜12:00  講師:アプサラ  鈴木仁 氏
   【世界で起こっている問題解決のために自分は何ができるか考えを深める。】
    @講師あいさつ
    Aカンボジアの厳しい環境の子供達へのボランティアや、そのきっかけ。
    B積極的傾聴法について
    C幸せの方程式(思い→考える→願う→工夫→努力→実現)、自信を持つことが大事。
    D人生はドラマ(声に出して行動を起こす。意思表示をする。)
image7.jpeg

image2.jpeg
 
徳島市立高等学校にて出前授業を行いました![2019年07月12日(Fri)]
日時:令和元年7月12日(金)10:50〜12:10
講師:NPO法人環境とくしまネットワーク 島田 公 さん
ねらい:環境に関心を持つ生徒たちが、視野を広げ、何をどのように学ぶのかを自ら選択し実践する
   ようになってほしい。
内容:2年生生徒51名を対象に、再生可能エネルギーと、実証機器での体験を含めた基本的な地域
   環境実践型の授業が行われました。
@講師あいさつ
A講義 プレゼン「自然エネルギー革命をはじめよう」
   〇環境の定義・・・人間に都合のいいもの
   〇人間の活動が地球規模の環境問題に。
   〇SDGsとは・・・持続可能な開発目標。
   〇NPO法人環境とくしまネットワークの活動概要。
   〇自然災害にこそ必要な地域自立エネルギーの大切さ。
   〇再生可能エネルギーの利活用を地域づくりにつなげるために、地域でつくるみんなの電力。
   〇2050年の天気予報について
B屋外で、風力発電・太陽光発電の設備を使っての実証実験。

 風力・太陽光の発電設備や、様々な測定機器(二酸化炭素濃度測定器、PM2.5測定器、サーモグラフィー、照度測定器、ハンディGPSなど)を前に、生徒たちは興味を持って測定し、学習に取り組んでいました。学習後には、島田さんの所に多くの生徒が質問にくるなど関心の高さがうかがえました。
image1.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg

image5.jpeg
徳島市 城東小学校にて出前授業を行いました![2019年06月28日(Fri)]
日時:令和元年6月28日(金)14:45〜15:30
講師:とくしま自然観察の会 井口利枝子 氏
   写真家 幸田青滋 氏
ねらい:吉野川の干潟について話をうかがい、校区に隣接する川を、徳島の自然財産としてもっと身近に感じさせたい。
授業のながれ
@講師あいさつ
A幸田氏撮影の、吉野川の干潟の生物(トビハゼやシオマネキなど)動画視聴
B子ども達からの感想
Cいろいろな蟹の写真を見る(チゴガニ、ハクセンシオマネキ等)
Dとくしま自然観察の会代表の井口 利枝子 氏より、干潟のガイドブックの紹介
Eプレゼン(吉野川は、みんなの宝物)を視聴
干潟における生態系のドラマを、子ども達はとても興味深く見ていました。講師のお二人から、身近な自然を知り、体で感じることはとても大切だと教えていただきました。
image1.jpg

image3.jpg

image4.jpg

image5.jpg

NPOおためし体験アドバンス事業 NPO法人エコロジカル・ファーストエイドでの体験について【1回目】[2019年06月25日(Tue)]
体験日時:令和元年6月25日(火)13:30〜17:30

NPO法人エコロジカル・ファーストエイドの佐藤理事長から、法人の紹介と、その活動内容について説明を受けた後、フィールドワークと、フェアトレードの交渉を行いました。

内 容
@NPO法人の説明 
・佐藤理事長から、団体の理念や目的、「持続可能な街づくり」をとおした「人のつながり」や「住民の笑顔」の大切さを教えていただきました。
Aフィールドワーク
・業者と地域住民との問題解決を通して、交渉の難しさとともに、業者の良好な関係づくりの大切さを目の当たりにしました。
・地元の高校生達が立ち上げた「re:ver」の取り組みで、水質浄化した用水路を観察しました。20年はかかると言われたところを、高校生たちは、自ら資金調達、装置作成を行い、数か月で水質を改善しました。
B海外との交渉
・ネパール支援として、コーヒー豆を扱う海外の業者と、英語を使ってインターネットで交渉しました。

 佐藤理事長が、「人の行動は、経験がないと難しい」「街の中には色々な人がいて、寄り添っていくことが大切である」といったメッセージを、学生に伝えました。
DSC_9708-01.jpg

上板町 松島小学校にて出前授業を行いました![2019年06月24日(Mon)]
日 時:令和元年6月24日(月)9時35分〜10時20分
講 師:NPO法人スペシャルオリンピックス日本・徳島  田所健作 氏
ねらい:いろいろなスポーツを実際に体験することにより、スポーツの楽しさを知ってほしい。
授業の流れ
  @講師より挨拶(スペシャルオリンピックスの紹介など)
  Aボッチャの説明
  B準備運動 
  Cボッチャのボールを投げる練習
  Dゲーム(3つのグループに分かれて)
  E全員で片付け
  Fまとめ

ボッチャは、ヨーロッパで考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競いました。
児童は、なかなか思うように転がってくれないボールに一喜一憂しながらボッチャを楽しんでいました。異学年の児童が一緒に作戦を考えたり、チームメイトを一生懸命応援したりしながら、仲良くゲームをすることができました。
image2.jpeg

image4.jpeg

image3.jpeg



 
| 次へ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
プロフィール

プラザさんの画像
リンク集