CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 閉塞感を突き抜けて | Main | 生ごみ堆肥化普及促進事業»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お蔭様で・・・ [2017年08月20日(Sun)]
 というわけで、「新しい働き方開拓団」の8月例会は、くらげさんのお蔭で無事に開催することができました。
 くらげさん、どうもありがとうございました。
 この次の例会に関する提案も、是非お聞かせくださいね。よろしくお願いします。
正月は、冥土の旅の一里塚 [2016年01月01日(Fri)]
 明けましておめでとうございます。
 お正月ですね。
 
 なので、一休さん作と言われている狂歌を鑑賞したいと思います。
 (本当は、一休さんが語ったのはこのままの言葉ではないようですが)

 正月は、冥土の旅の一里塚
 めでたくもあり、めでたくもなし
年末のご挨拶。 [2014年12月31日(Wed)]
 12月例会の報告を中断して、年末のご挨拶を申し上げます。

 2014年も間もなく終わろうとしています。
 「新しい働き方開拓団」も、発足以来6年目になります。
 本当にいろんなことが、ありましたね。

 最近会っていない人たちは、元気でお過ごしでしょうか?

 開拓団の実践活動は、下川町の方で徐々に進んでいます。
 旭川では、今年はほぼ月1回の例会を行いました。
 来年以降の活動については、これから考えたいと思っています。

 というわけで、どうなっていくのかよく分かりませんが、とにかく来年もどうぞよろしくお願いします。
寒い中でのお仕事、本当にお疲れ様です。 [2014年05月18日(Sun)]
 くらげさん、またまたコメントどうもありがとうございます。
 
 そうですね。昨日も今日も寒かったですね。外での仕事は大変ですね。くれぐれも、風邪をひかないようにお気を付けください。
第1次世界大戦勃発から百年。 [2014年01月01日(Wed)]
 あけましておめでとうございます。
 2014年が始まりました。

 1914年は、第1次世界大戦が始まった年です。
 第1次世界大戦では、飛行機、戦車、化学兵器(毒ガス)が戦闘に使われました。その後、地雷、ミサイル、原子爆弾(核兵器)、劣化ウラン弾、生物兵器など、百年の間に多くの新兵器が開発されています。

 どうかこれから先は、人類がその精神性を向上させて、平和な世界を創り出していけますように。

2013年最後の日なので・・・。 [2013年12月31日(Tue)]
 12月28日の例会の報告はまだ途中なのですが、「2014年の目標」を話したという所で本当に2013年最後の日になってしまいました。
 というわけで、今日は例会の報告を中断して年末のご挨拶をしたいと思います。

 お蔭様で、「新しい働き方開拓団」は2013年も細々とですが活動を継続することができました。どうもありがとうございます。

 ●例会は、ほぼ毎月1回行いました。

 ●出版事業として、機関誌「言の葉」も毎月発行しました。
  今年、通算50号を数えました。

 ●その他、新しい働き方の実践的な取り組みについては、下川支部で徐々に進めています。



 来年もどうぞよろしくお願いします。


感謝の年明け [2013年01月01日(Tue)]
明けましておめでとうございます。
昨夜は大嵐でしたが、今朝目覚めたら、家はまだありました。
無事に新年を迎えられたことに感謝。

今、初雪かきを終えた所です。

あけましておめでとうございます [2012年01月01日(Sun)]
 今年もよろしくお願いします。

 2012年が良い年となりますように。

 というのは、ちょっと主体性が弱い感じがするので、

 2012年を、全力を尽くして悔いることのない、そして良心を貫き恥じることのない年にできますように。

 と、言っておきましょう。

 
あなたは、必要とされている存在です。 [2011年12月14日(Wed)]
 アイヌ語カルタ大会まで残りあとわずかです。
 まあ、規模は小さくてもみんなで楽しく和やかにやれればいいかなとは思いますが、でもそれにしても、参加してくれる人がいないとカルタ大会はできません。

 というわけで、スタッフ、競技参加者、観客、何でもいいので是非、あなたに来て欲しいのです。
 私たちには、あなたの力が必要なのです。
 どうぞ何卒、よろしくお願いします。
勤労感謝の日 [2011年11月23日(Wed)]
 今日は、勤労感謝の日でしたね。
 働いている皆さん、どうもありがとうございます。

 でも、働くということは、決してお金になる仕事をすることだけではありませんね。
 労働市場がすべての人に雇用の機会を提供していないのは明らかです。
 けれども、働くということの可能性は、新しい視点、創造的な発想によるならば、きっとすべての人々に対して開かれているはずだと思うのです。

 それが本当なのかどうなのか、あれこれと思い悩むよりも、それに向って前進、実践していく方がいいですね。


| 次へ