CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年07月 | Main | 2018年09月»
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき  18.08.28  不正、水増し、障がい者雇用 [2018年08月28日(Tue)]
 どうして不正がおきるのか。ごまかしがなぜあるのか。今、問題になっている官庁の障がい者雇用の不正問題は、就労継続支援A型事業所の誤魔化し雇用と同じように感じます。
 怒りは感じませんが、都市の虚構化と構造が同じようにかんじます。不正が当たり前の社会を作りした原因を知ることも大事のように感じます。
 
Posted by ピアファーム at 21:33 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.08.24     セコンド [2018年08月24日(Fri)]
 私たちの仕事はボクシングでボクサーをリングの外でコーチ、付添人・セコンドでありたいといつも思っている。利用者の支援をするスタッフのセコンド、所長として事業所を運営する管理者のセコンドとして見守る。
 ナシやブドウをうまく販売できるように、接客がうまくできるように、美味しい梨や葡萄ができるように、お店の運営ができるように付き添うセコンド。メンバーが当事業所で働き、力強く活きて行くことを応援するセコンド。
生涯、一人の施設職員、セコンドとして汗を流したいと思っています。
Posted by ピアファーム at 14:25 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.08.18 本物を追求する  [2018年08月18日(Sat)]
 中央省庁が障がい者雇用の数値を不正操作したとの報道があった。世の中誤魔化しと不正の嵐が吹き荒れています。政治家や大学は不正の城かも。福祉ではA型の不正等を始め不正がまん延しています。
  でも、障がい者と農業で働く私たちは誤魔化しのない本物を追及していきたいと思っています。誤魔化し、不正をするくらいなら事業は止めます。本物を追及するからこそ、ブドウやナシが売れます。障がい者支援でお互いに切磋琢磨していけるからこそ、いい関係ができて立ち直れると思います。
生活困窮、引きこもり、発達障害の人達のかかわりは今までになかったことですが、これからのメインテーマになりそうです。知的障がいより幅が広いですが、ボチボチといきます。本物を追及すること忘れずに!!
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 10:50 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.08.09 一人ヨガリですが。。。 [2018年08月09日(Thu)]
 でもブドウの栽培は難しいね。6年目の収穫ですが、思うようにいきません。でも、昨年よりは栽培術が向上したかなと思っています。一人よがりですが。。。。
 
Posted by ピアファーム at 17:15 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
震さん、ありがとうございまます。 [2018年08月04日(Sat)]
震さん、ありがとうございます。
 今日は仲裁に入って頂いたシンさんのお蔭で、気づかされたとスタッフが言っていました。震さん、どの職場には色々な人がいて、自分は一所懸命に働いていると思い込んでいる方が多いのです。本当にそうなのかを確かめる術を知りません。独りよがり、人の意見を聴かないことで、多くのトラブルを真似てしまいます。それすらわからないこともあります。時として福祉の現場では、一番愚かなのはそこを経営する経営者やスタッフあったりします。
 私は福祉の現場で育ち、対象者となる人に色々なことを教わりました。どんな課題や問題を抱えているメンバーにあっても、コツコツと一緒に取り組むことで少しずつ解決していきます。でも、時としてそうしたことが分からないスタッフや事業所が多くなりました。
 できれば、少しでも皆さんが主役に、一緒に取り組めるような事業所つくりをしていきますので、よろしくご指導ください。
 今日はあなたのアドバイスが、とても良かったと所長も褒めていました。ありがとうございした
Posted by ピアファーム at 18:50 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農福連携研修会報告集の編集を終えて [2018年08月03日(Fri)]
 「農業と福祉の連携研修会報告集」をやっと印刷にまわすことができました。この報告集は農林水産省 農山漁村振興交付金 平成29年度都市農村共生・対流事業で進めてきた研修会を冊子にしました。
 農林水産省農林水産政策研究所 吉田行郷企画広報室長の「農福連携の過去・現在・未来V〜これからの農福連携の課題と展望〜」テーマでの講演、実践報告は特定非営利活動法人アゲイン竹本久保理事長の「アゲインの進める障がい者と支援農業」、特定非営利活動法人UNE(ウネ)家老洋代表理事の「私の思う農福連携と新たな村づくり」の2つ素晴らしい実践報告が収録されています。また、シンポジューム、座談会もなかなかの出来です。拙い編集校正作業でしたが、何とかやり遂げることができたことに感謝です。 
報告集表紙画像.jpg