CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年05月 | Main
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 18.06.16 リセット [2018年06月16日(Sat)]
 こうして畑ができることに感謝です。苗を植え育てますが、すべてが育つ訳でもありまませんが、コツコツと育てていきます。枯れたらまた植えます。病気にやられたら、新しい芽を出します。
農業は常にリセットができます。メンバーの支援も常にリセットできるように、スタッフに支援していきます。思い道理にいかない栽培と支援ですが、常にリセットしていきますので、とても楽な気持ちです。
DSC_0176.jpg
 醸造用ブドウの栽培です。品種はモンドブエ
 
Posted by ピアファーム at 15:38 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
震さんの想い [2018年06月13日(Wed)]
  今年1月から産直市場ピアファームで働いています。彼のような存在はイキイキと働いてくれることに感謝です。時々、ピアファームのHPに寄稿してくれます。
2018/06/12震さん語録 No.5
先日の日曜日にスポーツ大会がありました。その後に書いてくれました。 
『第8回福井県障がい者スポーツ大会を見てピアファームのみんなとの会話や、その知り合いと大会参加者を見て感じたのはみんな外に出られるんだなというものでした。
精神障害の場合、引きこもると外に出るのに苦労するしブランクがあると回復に時間がかかります。人との会話や運動などをして回復する良い機会なので参加できて良かったです。僕の場合も家族に公園で散歩やキャッチボールに付き合ってもらい話をしたり、病院のデイケアでスポーツや障がいのある人との対話や病気の本を読んだりお医者さんのケアをうけました。
自分のペースをくずさないで回復に努めれば時間はかかるけど良い方向に向かい道は開けると思います。「求めよ、さらば与えられん。叩けよ、さらば開かれん」人との関わりというのは煩わしいことも多い気がしますが、それは関わりがあるからの悩みなのでしょう。誰とも関わらなければ面倒も少ない代わりに楽しみも少ない。当たり前に社会の中にいて忘れていた気がします。外に出て社会と関わること、それ自体が時には治療となるのかも知れません。
産直市場ピアファームは事業形態がスーパーの為、普通に仕事をしているだけで多くの方と接することになります。そういった社会と関わりを持てる事業所であることは今後も大切にしていきたいと考えます。
 http://web01.vss.co.jp/peerfarm.jp/news/detail.php?news=mikuni&no=45
Posted by ピアファーム at 15:15 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.06.06 障がい者をもつ親の気持ち [2018年06月06日(Wed)]
 この仕事を始めた頃に「障がい者を子に持つ親の気持ちは、その親になってみないとわからない」と言われた。そうか、それほど大変なのかな。つらい思いをしたのだろうなと自分なりに感じたことがありました。
  でも、自分が子どもを持つ親になって何か吹っ切れたように「それは親としての甘えかもしれない」と思うようになりました。障がいを持っていても人格をもつ人として接することができない思いがそこにあるように感じています。うまく例えることはできませんが、
なんか、お互いに依存することで、救われているような観念があるのではないでしょうか。
 親と子の関係はかえることは出来ないですが、お互いに自立・適度な関係を持ちつつ、自分でやれるようにすることは障害があるなしに関係がないようにも感じます。
DSC_0040.jpg
カメラ
 ブドウの栽培では、ブドウの気持ちに寄り添います。
Posted by ピアファーム at 18:29 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.06.03 障がいの多様化に応える [2018年06月03日(Sun)]
 最近は当法人で働く方の層が少しずつ変わってきています。これまでは知的な障がいのある方が多かったのですが、障がいの多様化、働き方の多様化を求める方が増えています。
 昨日のNHKスペシャルで「ミッシングワーカー」との事がでていましたが、社会が高度多様化していきますとそれについて行けない方が増えてきています。統計上150万人と言われているようですが。
 個人ではどうしようもない現実がそこにあるように感じています。家庭、地域の教育・保全の機能がもてなくなり、より貧困化が進み格差、差別がそこにあるように思います。   社会福祉は「社会、地域、家庭、個人が機能的に欠損している部分を補う」制度になっていますが、なかなか現実に追い付いていないような気がします。私たちとしてできることを、少しでもしていきたいと思っています。
Posted by ピアファーム at 18:05 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)