CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
雪の中を歩く陽子さん [2018年02月14日(Wed)]
 豪雪のため、JR芦原温泉駅から事業所までの市内バスが運休のため、陽子さんをお迎えに来ました。
 彼女を見ると初めて出あったことを思い出します。小生が学生で就学前の自閉症児の家庭保育を特別支援学校でしていた頃に、幼稚部に入学してきました。彼女を見ているとそうした若い頃を思い出します。
 福井大学教育学部の元藤本先生のご紹介で始めたこの家庭保育を通じて、障がいのある子どもたちの成長が福井県の就学猶予に終止符を打たれて、初めて情緒障害児学級が福井市内でできるようになりました。
 あれから43年が過ぎ、今も彼女たちから勇気と挑戦する志を分けてもらいます。小さかった陽子さんが大人になり、雪の中をコツコツと大きい荷物を背負って歩く姿は何とも云えない感動を覚えます。そんな陽子さんを手本に頑張ります。感謝です。
DSC_0094.jpg
カメラ
 大きなリックと手荷物をもって雪の道を歩いています。


Posted by ピアファーム at 17:25 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき18.02.09 可能性を診る、探る。 [2018年02月09日(Fri)]
 叱られることを一つ提言したいです。今までの職場で、メンバーと一緒にこうしたい、こんな事業をしたいと思って提案をいくつもしてきました。
 幸い潰されることはなかったが、それに近いことは多々ありました。同じ同僚、上司、そして保護者でした。でも、そのお陰でこうして独立させて頂いたのかもしれない。
 只、寂しいのは、エゴで障害のある人たちの可能性を否定されるのは辛い。ほんとうの理解者である保護者にもそうした面があります。「臭いものに蓋」「寝た子を起こすな」になってしまっているような気がします。 ふとそんなことを思いました。
 今はそれがないので、皆の良い面が出せています。私がブレーキを掛けるほうに回っているとのがある。イイですね。
Posted by ピアファーム at 22:37 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お年寄りのお客様の安否確認と訪問、産直市場ピアファームの大切な活動です [2018年02月09日(Fri)]
 昭和56年以来の37年ぶりの大雪のなか、メンバーも大活躍です。大雪で休んでいたメンバーも自分で歩いて出勤です。
産直市場ピアファームでは、いつも来てくださるお年寄りのお宅に安否確認も含めて訪問しました。メンバーがいつも配達をしていますので、お年寄りの方とは顔なじみです。
 お店の近くには一人暮らしのお年寄りの方が動しています。
DSC_1394.jpg 
カメラ
 ホットするような場面をメンバーが作ってくれます。これが本当の福祉かな。
Posted by ピアファーム at 09:58 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成30年は豪雪になりました。 [2018年02月07日(Wed)]
 昭和56年豪雪と同じような大雪です。幸い事業所2か所も自宅も幹線道に傍にあるため何とか車を出すことができました。
 産直市場ピアファームは何とか営業をしています。大雪でお客様多くきてくださいます。ありがとうございます。
 就労継続支援を利用しているメンバーは公共交通機関も運休しているため、昨日、本日、明日と大事をとりお休みとしました。
 しばらく辛抱です。ご心配をして頂きました皆様、お心使いをありがとうございます。もう直ぐ春ですので、暫く除雪作業でがんばります。

 DSC_0060.jpgカメラ
 大雪ですが、暫く我慢ですね。
Posted by ピアファーム at 12:13 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)