CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ナシの摘果作業 [2009年05月26日(Tue)]
亜由美さんは、梨摘果のベテランです




貴浩さんも、摘果作業に挑戦です


今年から、博樹さんも作業に加わりました
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 19:34 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業と就労継続B型事業A 開墾のススメ [2009年05月23日(Sat)]
 障害者就労支援で農業に取り組む場合に是非進めたいのは、荒れた農地の開墾です。私たちはこれまで作り手のないナシ園や畑を7反(5,000u)程開墾してきました。近くの農家の方があきれ顔で私たちの開墾する姿を見ていましたが、この作業を通じて地域の方にとても信頼されたと感じました。

 (写真@放置された農地)
     

 きれいな畑にした時の満足、充実感はなかなか得られないものです。草刈、樹木の伐採、根っ子取りなどを皆で進めて、苦労もありましたが、やりがいの方が大きく、皆で取り組めたことがとても好評でした。

 (写真A開墾した農地)

 NPO法人として市農業委員会から農地の貸借をして、荒廃する農地を活用、甦らせ地域農業を振興する役割を担い、就労継続B型事業として農業に就労の場を求めてきました。農業で就労継続B型事業を展開する場合、「地域農業を振興する」目標をもって、荒れた農地を開墾してみることをススメます。
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 18:09 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業と就労継続B型事業 [2009年05月22日(Fri)]
 就労継続B型事業に農業(梨野菜栽培)を生業として創業して丸一年が経過しました。テーマとしている「地域農業の振興と障害者の就労自立」を同時に進めていくことは、今の時代、世の中が求めているように思えてなりません。
 最近は福祉関係者との付き合いは少ないが、地域も含めた農業関係者との結びつきの方が多い。福祉関係者は補助金、行政、利用者等への愚痴の集団で、話を聞いていると腹が立つことが多く、なるべく付き合いを避けたい。私自身も福祉の中で育ち、あまりこのようなことを言っていると叱られそうでもあるが、思いとしては地域農業の振興と障害者の就労自立が大きな課題であり、福祉関係者と共に愚痴を言っていられない事情もあります。
 農業の良いところは「育つ」ことです。野菜、果樹などで色々なものを育てていると、自分自身が育ちます。自分が育つと周りが育ちます。農業は「育ちあい」のサイクルであるところがとても面白い要素をもっていますが、きつい仕事でもあります。
 
(写真 昨年植えた王秋梨の苗木です)
Posted by ピアファーム at 18:59 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
摘果作業を進めています。 [2009年05月20日(Wed)]
 梨の摘果作業は梨の実を大きくする上でとても大切な作業で、これから収穫までの間この作業が続きます

 写真@ (摘果前の梨の実が一果に沢山ついているものをハサミで落とします)


 写真A (摘果後の梨の実が一果に一個にした写真です)
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 18:27 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
作り手のない梨園 [2009年05月18日(Mon)]
 昨年までかろうじて管理をしていましたが、今年から作り手がいなくなった梨園です。

 廃園になった梨園は、栽培管理をしていないので病害虫の温床になり、周りの梨園に被害をもたらします。寂しい限りですが、栽培管理の手抜き、売れなくなる、廃園になる悪循環が続きます。
 

 
続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 18:43 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
梨も実が段々と大きくなります [2009年05月14日(Thu)]
愛宕梨の開花50日の状況です。

 

幸水梨の開花40日の状況です
 


続きを読む・・・
Posted by ピアファーム at 21:14 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
軽トラックに乗り、「夢の果実〜So Sweet〜」を聴きながら軽快に働いています。 [2009年05月01日(Fri)]
 「田舎で働きたい!」で東京から来て頂いた長野泰昌さんが、知的に障碍のある人たちと共に働いてくださり、そのお礼にと長野さんが作詞作曲『夢の果実〜So Sweet〜』とプレゼントしてくださいました。
 長野泰昌さんのブログを開くとこの曲が聴けます。是非一度開いてください。

 日本財団よりご助成頂いた軽トラックに乗り、長野さんの曲を聴いてします。写真のこの軽トラックは、何とCDも聞けます。
 毎日、軽快に「夢の果実」を聴きながら、働けます。日本財団様、長野泰昌様ありがとうございました。
Posted by ピアファーム at 20:40 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)