CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年11月 | Main
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
認定農業者と就労支援事業の組み合で新たなイノベーションを造る [2017年12月07日(Thu)]
 おもと 杉田様
農業談義はイイですね。飽きることなく話ができてしまいます。今日訪問して感じたことをメモしました。
一つは地域の課題です。就労継続事業を地域のなかでさせて頂いて、農業の担い手になっていることの問い、深みをいかに考えるかです。
二つ目には収益を上げること。認定農業者として農業改善計画で5年間の事績を積み上げていくなかで方向性と当時に収益性を追求することです。これは農地の集積とかわっているように感じます。効率性です。10aあたり最低20万円、最高200万円の収益を上げる農業をめざしてください。
三つめは作物の選定ですが、農地に作物を合わせることの必要性です。農地一筆ごとのに個別支援計画が必要です。土質、排水、風向きなどを検討して、最適化を作り出すのに最低5年は掛かります。
就労継続支援事業と認定農業者の組み合わせは、新たなイノベーションを創造することと捉えています。従来の就労継続事業にない地域開発、振興があり、これからの農業や地域づくりは大きな役割を果たします。「おもと」は栗東市の市街化区域にあり、これもよいビジネスを切り開くチャンスですね。
 生意気ですが、そんなことを感じました。

Posted by ピアファーム at 20:45 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)