CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雑感 | Main | 助成事業報告»
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
スタッフの皆さんへのお願い [2018年05月20日(Sun)]
 これまでの10年で障がいのある人たちとスタッフが働く場を整備しました。これからの10年はこれを継続継承をしていく10年です。
 普通の就労継続支援ではない地域に寄り添ったことを取り組んできました。これが私たちの歩む道と思っています。そんな思いで、下記のことをスタッフの皆さんにお願いしました。


                                平成30年5月20日
               スタッフの皆様へのお願い
                           特定非営利活動法人  ピアファーム
                                    理事長 林 博文
 今年は早5月を迎えようとしています。皆様のお蔭で、大きな事故やトラブルもなくこれまで事業を継続できたことに感謝とお礼を申し上げます。
 1年間のなかで6月、7月は一番運営資金が厳しくなる時期で、今年もだいぶ厳しい状況になりそうです。つきましてはスタッフ(パート、アルバイトの方も含みます)の皆様に下記のお願いを申し上げます。
 皆様には、平素よりご尽力を頂いていますが、この期間は一段と厳しいときです。どうかよろしくお願い致します。

1.日々の売り上げを挙げるために、ご支援とご協力をお願いします。
 産直市場ピアファーム、ピアファーム農産物直売所の日々の売り上げが1円でも上がるように努力とご支援をお願いします。
 買い物のお客様の立場に立って、お店に来る人を増やし、お店の売り上げを挙げるようにしてください。

2.賛助会員の募集をスタッフの方は一人5名の加入をお願いします。
 募集目標は500名です。現在150名分しか集まっていませんので、5月、6月中に是非、加入を進めてください。
 尚、ピアファーム、産直市場ピアファームの所長、所長補佐の皆さんは事業所の取引業者様より各5口の加入をお願いしてください。
 また、昨年加入戴いた方で、まだ、未加入の方は連絡をしてご加入を進めてください。

3.事故、怪我のないように、危険(リスク)を避ける行為を取ること。
 お互いに仲が良い、チームワークが良いと思っていますと、お互いの嫌な点を指摘や注意をしたりせず、つい穏便に過ごしてしまいますが、それが大きな事故の原因になる場合があります。
 1)良い支援をする。2)売り上げを挙げる。3)よい作物をつくる。4)事故を起こさないように気を配る。5)地域に貢献する。この5つの課題に常に挑戦していくのが、私たちの仕事であることを肝に命じてください。事故・怪我は常に起きると思ってください。事故や怪我をしないための準備が常に考えて行動してください。
4.スタッフの皆さんへの要望
 1)報告をもっと早く、蜜のしてください。
 皆さんの報告をもとに、事業を継続的に安全に進めていくための明日や明後日、週間、月、年間、2年、5年の予定を常にイメージしています。
 一日の動き、インシデント等は常に所長、所長補佐に速やかに必ず報告をしてください。
2)面倒なことを避けるな。
果樹栽培はとても手間が掛かり、面倒なことを多いものです。この面倒なことをしないと良い梨や葡萄ができません。私は面倒なことが金儲けと思っています。面倒なことをやるためには準備が必要です。
皆さんはどんな仕事でもこの準備をしっかりやっていくと面倒なことが楽にできます。
3)雑にならないようすること。
ある方の支援日誌を診ましたが、大変雑でした。「仕事の様子、問題が起きた時の現認確認、今度どうするか」等を具体的にメモしてください。決して、パソコン入力は必要ありません。メモ、直筆でいいのです。そうした習慣を身に付けることで、良いメンバーのパートナーになれます。
4)横柄(おうへい)横着(おうちゃく)をなくし、少し不親切にすること
人とのかかわり、物事の応対を雑になってはいませんか。よく注意をしてください。また、送迎をする際、危なくないように送迎するスタッフが事故を起こさないように、雪が降った場合どうするか場面を考えて、メンバーにも動いてもらうようにしてください。
5)要領の悪さを改善すること。
 報告が遅れたり、仕事の順番を考えなかったり、進める手順を聴かなかったりすることで、大変要領の悪いことをやっている場合を見受けます。
 手順を確認、報告で随分と改善していきます。そのことでこれまでと違った自分に進化していきます。

 平成20年から10年はで障がいのあるメンバーとスタッフが共に働ける事業を準備しました。平成30年からはこの事業を継続していくための可能性に挑戦しながら潜在的能力を引き出してきます。
 ピアファームも産直市場ピアファームも地域に必要な仕事と役割があります。事業、人、地域は常に変化、入れ替わりしていきます。安住はありません。
 挑戦とたえまざる前進です。その中で自分を改善、変わっていくことが必要です。
 よろしくお願い致します。

Posted by ピアファーム at 18:32 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき18.03.31 福祉を志す夢 [2018年03月31日(Sat)]
 昨日の新聞に挟まれていた広告に、近くの福祉事業所の職員募集が出ていました。福祉系は深刻な人材不足と言われています。様々な理由から人材不足なのでしょうが、その原因をひも解いていくことが必要ですね。
 小生の職場は福祉系(就労支援)ですが、農業系(認定農業者)でもあり人材は農業系で求め、福祉と農業ができる人材を育てていきたいと思っています。
魅力、夢、希望、活力、感動ある職場にして行きたい。小生が福祉を学んでいた頃には夢ありました。今は、少しその辺が足りないのではないか感じています。
Posted by ピアファーム at 18:41 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 10.03.10 粛々と。 [2018年03月10日(Sat)]
 3月に入り、急に忙しくなる。春の陽気に誘われて浮かれることなく粛々と。
明日は3月11日東北大震災から7年になる。哀悼の意を胸に刻み、震災に遭われた方の分も頑張りたい。なにも出来ないけど、志は持ちたい。
Posted by ピアファーム at 17:54 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
雪の中を歩く陽子さん [2018年02月14日(Wed)]
 豪雪のため、JR芦原温泉駅から事業所までの市内バスが運休のため、陽子さんをお迎えに来ました。
 彼女を見ると初めて出あったことを思い出します。小生が学生で就学前の自閉症児の家庭保育を特別支援学校でしていた頃に、幼稚部に入学してきました。彼女を見ているとそうした若い頃を思い出します。
 福井大学教育学部の元藤本先生のご紹介で始めたこの家庭保育を通じて、障がいのある子どもたちの成長が福井県の就学猶予に終止符を打たれて、初めて情緒障害児学級が福井市内でできるようになりました。
 あれから43年が過ぎ、今も彼女たちから勇気と挑戦する志を分けてもらいます。小さかった陽子さんが大人になり、雪の中をコツコツと大きい荷物を背負って歩く姿は何とも云えない感動を覚えます。そんな陽子さんを手本に頑張ります。感謝です。
DSC_0094.jpg
カメラ
 大きなリックと手荷物をもって雪の道を歩いています。


Posted by ピアファーム at 17:25 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お年寄りのお客様の安否確認と訪問、産直市場ピアファームの大切な活動です [2018年02月09日(Fri)]
 昭和56年以来の37年ぶりの大雪のなか、メンバーも大活躍です。大雪で休んでいたメンバーも自分で歩いて出勤です。
産直市場ピアファームでは、いつも来てくださるお年寄りのお宅に安否確認も含めて訪問しました。メンバーがいつも配達をしていますので、お年寄りの方とは顔なじみです。
 お店の近くには一人暮らしのお年寄りの方が動しています。
DSC_1394.jpg 
カメラ
 ホットするような場面をメンバーが作ってくれます。これが本当の福祉かな。
Posted by ピアファーム at 09:58 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成30年は豪雪になりました。 [2018年02月07日(Wed)]
 昭和56年豪雪と同じような大雪です。幸い事業所2か所も自宅も幹線道に傍にあるため何とか車を出すことができました。
 産直市場ピアファームは何とか営業をしています。大雪でお客様多くきてくださいます。ありがとうございます。
 就労継続支援を利用しているメンバーは公共交通機関も運休しているため、昨日、本日、明日と大事をとりお休みとしました。
 しばらく辛抱です。ご心配をして頂きました皆様、お心使いをありがとうございます。もう直ぐ春ですので、暫く除雪作業でがんばります。

 DSC_0060.jpgカメラ
 大雪ですが、暫く我慢ですね。
Posted by ピアファーム at 12:13 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 18.01.18 就労支援サービスのイノベーション [2018年01月18日(Thu)]
 今、平成30年度事業計画についてあれこれと数値化、文章化をしています。欲張りで5年、10年、15年、20年後も見据えて策定もしていこうとしているが、果樹をなりわいとしているので、5年、10年、20年を想定したことを常に考えています。
 愚直の就労継続B型で農業と販売に特化して高工賃給与をめざし、そのことで地域振興、活性化をすることがこれからの就労支援サービスのイノベーションではないかとおもっています。
 思い込みかもしれないが、この思い込みが新たなものを生み出すと思っている。
DSC_0062.jpg
カメラ
 50センチあった積雪もだいぶ融けました。

Posted by ピアファーム at 17:11 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
障がい者の就労支援でご助成頂いたことを地域農業振興にも貢献しています [2018年01月07日(Sun)]
 日本財団様より初めにご助成戴いたスバル軽トラック、この丘陵地で仕事をする上で200%の力を発揮しています。ナシ・ブドウ園の作業、収穫販売と就労継続支援に本当に役立っていますが、もう一つはこの坂井北部丘陵地の農業担い手としてピアファームを支え地域農業に貢献してくれています。
 多くのご助成が障がい者の就労支援と同時に地域農業の活性化に貢献していることの感謝と誇りをもっています。ビニールハウス、農産物直売所整備などほんとうに障がい者の就労支援として農業で働くことがこの丘陵地の振興につながることが幸せなことでもあります。これらのご助成に心より感謝をしております。
 今日はそんなことも思いながらナシ剪定をしていました。右側の掛けてある剪定道具一式を身に付けてナシやブドウ剪定をしています。地面を踏み樹を見て、樹の方向を決めていきます。とても大切な仕事、ルールでもあります。
DSC_0011.jpg

Posted by ピアファーム at 12:36 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年もよろしくお願い致します。 [2018年01月02日(Tue)]
 あけましておめでとうございます。猫
 今年で、福祉の事業に従事して40年になりました。1978年に福祉大を卒業して知的障がい者の人と一緒に働くことができて、今があります。障がいの重い人たちの療育支援から始まり、授産事業の展開、企業就労支援、法人が代わって、社会啓もう活動、通所授産、福祉工場の運営、就労支援事業の新規開拓、そして社会福祉法人から10名のメンバー、スタッフ2名で独立分社して10年になりました。犬
 今年もどうぞ、よろしくお願い致します。粉骨誠意精進したいとおもいます。ここまでこれたのも皆さんのご指導とご協力のお陰です。決定

Posted by ピアファーム at 20:51 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
一年のお礼 [2017年12月28日(Thu)]
 「社会福祉法人コミュニティネットワークふくい」独立分社して10年が経ちました。毎年年末に元上司の松永正昭氏に一年の御礼を報告させて頂いています。10年を振り返ると見えてくることも一杯あります。何をおいても感謝です。

Cねっとサービス
松永 正昭 監査役 様
               一 年 の 御 礼
 今年も大変お世話なりましたことを心より感謝申しあげます。
 年の瀬になりますと、一年間大きな事故や怪我なく年を越せることに安堵しております。毎日、畑に出てナシやブドウ、リンゴ等に樹を一巡してから農作業にかかりますが、こうして畑で仕事ができることに感謝です。
 面白いもので20年前に松永さんの提案のもとにクリートプラザ金津で農業を始めた時は、地域の人は怪訝そうな顔で眺められ、JAからは横やりを入れました。福祉関係者からは無謀なことをすると言って非難を浴びたものでした。今は農福連携として国、県、市町村が後押ししてくれるようになり、当時と比較すると隔世の感を覚えます。就労支援事業所が地域農業、産地継承の担い手になることの大切さと必要性を今は改めで実感しています。
 ピアファームの農業、果樹栽培は社会福祉法人Cネットふくい坂井事業所の時に事業基盤をつくりました。福祉工場の担当者として、新たな事業展開を農業に求めたのですが、最終的には担い手がいないことが幸いして、今に至っています。坂井事業所からあわら事業所(A型、生活介護)農楽里(A型)、クリーンネット金津(B型、生活介護)ピアファーム(B型)と分離分社してきましたが、これで良かったと感じています。事業を継続発展させるためには分離分化が必要なことが分かりました。
 独立分社して10年が過ぎ、新たな10年、20年に向けてのスタートが来年よりはじまります。皆様の一層のご支援を頂きながら、新たな農業福祉の担い手に特化していきたいと存じます。
 年末年始と慌ただしい日が続きますが、ご健康に気をつけて良い年をお迎えください。一年間ありがとうございました。                 合     掌

DSC_0088.jpg
カメラ
 この10年でナシ、ブドウ、リンゴなど多くの樹を植えました。これからの10年はこの樹に助けられます。
Posted by ピアファーム at 16:34 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ