CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 耕作放棄地再生利用事業 | Main | スタッフ紹介»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
今追求すること [2018年09月02日(Sun)]
 これからの課題を追求するための材料を書店探してきました。
今年に入り、当法人に15名の方が利用登録、その方は発達障害、生活困窮、引きこもりとされる方々です。地域にこれだけのニーズがあるとかと愕然としましたが、圏域内にこうした方に寄り添う場がないこと、もっと多くのニーズを抱えた方があるのではないかと思ったりします。これまでは知的障害等の方を支援してきましたが、様々なニースを持つ方に「伴走型支援」ないしは「寄り添い型支援」を追求していきたいと考えています。包括支援は在宅高齢者を中心の地域サポートを想定していますが、生活困窮や引きこもりの課題も複合的に対応が求めらいるように思います。
次の課題は野菜作りです。農産物直売所では、これまで多くのお年寄りは色々な野菜を作って出荷してきましたが、その人たちの再高齢化が進み、野菜を作れなくななってきました。そこで、第一の課題の人たちと共に本格的な野菜栽培に挑戦をしたいと思っています。
利用希望の方は、少なからず「農業」働きと交わり、関わりを求めてます。そこ野菜をつくることでこの課題を対応できないかと思っています。
第三の課題はこれからの事業経営の指針です。前々から読んでみたいと思っていた養老孟司さんの「遺言」、キーワードは感性です。
デジタルの時代にあって、感性を大切にしていくことは農業には大切なことです。辞書もその一つです。写真の本はそうした私のこれからの糧で、接ぎ木、挿し木も大切な課題です。貧乏暇なしですが、それがイイのかも知れません。でも、こうしたことを考えられることに感謝です。
DSC_0003.jpg
農福連携研修会報告集の編集を終えて [2018年08月03日(Fri)]
 「農業と福祉の連携研修会報告集」をやっと印刷にまわすことができました。この報告集は農林水産省 農山漁村振興交付金 平成29年度都市農村共生・対流事業で進めてきた研修会を冊子にしました。
 農林水産省農林水産政策研究所 吉田行郷企画広報室長の「農福連携の過去・現在・未来V〜これからの農福連携の課題と展望〜」テーマでの講演、実践報告は特定非営利活動法人アゲイン竹本久保理事長の「アゲインの進める障がい者と支援農業」、特定非営利活動法人UNE(ウネ)家老洋代表理事の「私の思う農福連携と新たな村づくり」の2つ素晴らしい実践報告が収録されています。また、シンポジューム、座談会もなかなかの出来です。拙い編集校正作業でしたが、何とかやり遂げることができたことに感謝です。 
報告集表紙画像.jpg
GHについて [2017年09月23日(Sat)]
 時代錯誤と言わるかもしれませんが、就労継続Bと農業、販売に特化して高工賃給与をめざすのは当社の使命と感じています。障がい福祉サービスを広げるよりも、現在の居宅支援サービスを受けながら、働くことを応援したいと考えます。


ピアファームとして、今のところは、グループホームの設置は見送ります
特定非営利活動法人ピアファーム
 
理事長  林  博 文

1.グループホームの設置希望調査及び設置委員会の結論から

 去る9月15日に保護者会のグループホーム設置委員会が開催されました。グループホーム(以下GHと略します)利用希望調査では、11名の方の利用希望がありましたが、実際に直ぐに利用したい方は2名でした。
 仮に設置しても、2名だけでは運営も不可能、また、他の利用者を他から入れざるおえなくなります。
委員会としては現状の設置希望では定員に満たないことから、設置については見送り、現状では取り組まないこととしました。

2.今の生活、暮らしを豊かするための、働くことに力を入れる

 ピアファームは創設より高工賃を事業目標としています。つまり、障がい基礎年金と月工賃を合わせて10万円になるように、月平均工賃一人3万円〜5万円を設定した事業運営をしています。
 「高い工賃を払う利用者がいるのなら、能力があるので一般就労を進めてはどうか」との言われる行政関係者もおられますが、メンバーの働きやすい環境と高い収益性ある事業に取り組むことで工賃向上が達成できるのです。
 そうした観点から、今後とも就労支援事業を継続しながら高工賃(所得保障)を事業目標としていきます。
 
3.メンバーのライフステージを居宅のなかで 

 当初に働いていた社会福祉法人希望園は知的障がい者入所更生施設でした。ここでグループホームの設置を担当させて頂きましたが、生涯を入所施設で暮らすのではなく、入所施設から出て、地域のなかで暮らすことを念頭に取り組んできました。
 また、社会福祉法人コミュニティネットワークふくいでは、通所授産施設を利用する方の保護者の高齢化、家庭機能の崩壊等、または親の元気なうちに自立を望んでGHを保護者の方から新築した家を利用してほしいしとの申し出があり設置してきました。

4.家で両親と共に暮らすことを支える在宅サービスが充実しています

 親亡き後を心配することは、昔から言われています。しかし、今は老人介護することが日常的になっていますのでので、障がい者が在宅で暮らすことを応援する体制も充実しています。
 法人で無理をしてGHを設置しなくても、居宅にかかわるサービスを利用して暮らすことが可能になってきました。
 これからのライフステージをどのように考えていくかを見定めて、あまりGHに頼るのではなく、現状を維持していくのも大切なことと思います。

5.これからのピアファーム

 特定非営利活動法人ピアファームは、障害福祉サービスとしてピアファーム定員20名、産直市場ピファーム定員20名、ピアファーム指定相談事業所の3事業を運営しています。そして、障害福祉サービスの就労継続支援事業として認定農業者の農業経営、農産物直売所の経営、産直市場のスーパーマーケットの小売業を経営があります。これを束ねていくことでメンバーの高い工賃を継続が可能となります。
 障がい福祉サービス事業には子どもから老人まで色々なサービス事業がありあますが、ピアファームとしては今の事業をブレルことなく継続していきます。
 この10年の取組なかで、活かされたことを踏まえて、次の10年に向けて挑戦していきます。
今後ともよろしくご指導、ご支援をお願い致します。



農業と福祉の連携研修会開催のご案内 [2017年08月05日(Sat)]
 農業と福祉の連携研修会を平成29年10月28日(土)開催します。会場はあわら温泉に近いJA花咲ふくい芦原農協会館です。農福連携に興味のある方は是非ご参加ください。
農林水産省 農林水産政策研究所の吉田行郷(企画広報室長)氏の「これからの農福連携の課題と展望」のテーマでの基調講演とNPOアゲイン理事長竹本久保氏、NPO法人ウネ代表理事家老洋氏の実践報告等です。ドコモ提供
 これからの事業の方向性を考えるヒントになります。県外からの方は「あわら温泉」にお泊り頂き、翌日は永平寺、勝山の恐竜博物館、東尋坊との観光もイイですよ。猫
ここから次の農福連携のヒント、イメージがつかめますかも。でも、これからの取組の参考になります!!犬
カメラ
H29農福研修会ポスター画像.jpg
まだ、まだ、ですね。 [2017年07月24日(Mon)]
 19歳の秋、父が入院して稲の刈り入れを手伝うことになった。福祉、障害児教育のかかわりを持ちたくて、福井大学の藤本文朗先生を訪ねた。暫く大学を休学して田んぼの手伝いをしながら、自閉症の子どもの家庭指導を引き受けました。当時の福井大学付属養護学校(福井大学特別支援学校)をお借りしてその子の保育をすることになった。
 今、その子は46歳になります。彼と過ごす時間を共有することができたお蔭で今があると思っています。福祉、障がい者支援にかかわり、44年になりますが、少しは貢献できているか心配です。でも、まだ、まだ、出来ていないことが一杯あります。刻苦勉励ですね。
DSC_0068.jpg
カメラ
 この山里を担う人は、70歳代になりました。小生は若い方?。これからやることが一杯あります。
 メンバーの将来を見据えて [2017年05月04日(Thu)]
 開設当初はメンバーの平均年齢は30歳でしたが、あれから10年目になり平均年齢が42歳になりました。
就労継続B型事業としてスタートしましたが、利用しているメンバーは能力の向上した面はありますが、体力、身辺面に維持低下が少し見えてきました。体力適に無理な方を他の事業所へとお願いしたのですが、問題行動もあり断られる始末でした。
また、他法人のGHから働きに来ているメンバーありますが、事業所の中からもGH利用の声も聞こえてきます。メンバーの保護者の高齢化しています。また、一人暮らしをすする方も少しずつ増えて来ました。
今、将来のことを見据えて生活介護事業、GHの設置を検討しています。他法人との連携でこうした課題を解決していきたいのですが、それも難しいようです。
視察に来きた方より、学んだこと。 [2015年11月21日(Sat)]
 障がい者就労で農業を取り組む時、あまり難しく考えることなく、愉しむ農業をしていければイイのかなと思いました。
 本日視察に来られた方が、「耕作放棄地が、少しでも進まないこと。草がはえてい田や畑が、作物の畑に変わることの素晴らしさを伝えたい」と言われたことに、ハッとした思いです。収益にすぐにつながらなくても、里山を生かし、そこで暮らすことの大切さを感じていくことも大切かなと感じました。
 色々な角度から、農業に入ることはイイことです。難しく考えなくでも、かかわることで次のことが生まれる。耕作放棄地が生まれ変わることはイイことなのかも知れないと思いました。
 やさい畑クレムの皆さんありがとうございました。
DSCF1032.jpg
カメラ
 スタッフの説明を聞く「やさい畑クレム」の皆さんです。
秋になります。心も体もほぐしていきます。 [2015年09月03日(Thu)]
 8月も終わり、ぶどう、なしも繁忙期を一旦終えることができたことに感謝です。これから、来年の収穫に向けての準備をして行きます。夢わくわくで約10か月の準備に入りますが、これが大切な取り組みでもあります。
 メンバー、スタッフも少しづつできることが増えて、とても心強いものがあります。栽培も人も真剣に向き合うことの大切さを感じます。でも、感謝が一番強い武器なのかも知れません。
DSC_0189.jpg
 幸水梨が収穫を終え、豊水梨の収穫、この風景を見ていますと秋を感じます。

給付費単価の改定について [2015年03月21日(Sat)]
 毎年、この時期に障害福祉サービスの報酬単価変更の説明を受けるのですが、県の担当者から「障がい者を金儲けの道具になっている」との説明を聴きます。一昔まではなかったことですが、自立支援法ができて民間の福祉参入でこうした事態を言わざる終えない状況になっていると感じますが、残念です。
 
いい加減にして!!A型雇用、給与向上をしないA型はありえない。 [2015年02月11日(Wed)]
 昨日、訪ねて来た某団体の方が「A型を利用する方がいませんかね。」と開口一番に言ってきましたので、給与は幾ら払うのと尋ねると「4時間勤務で最賃です」と平然と言ってくる。「A型は4時間勤務が主流で、障がい者はそれ以上の勤務は無理です」と言う始末。そんなこと誰が決めたのと言ってしまった。あまりに強く行ったので、すぐに帰ってしまった。
 本来、A型は今、企業、団体が障がい者雇用を口実に本来の主旨と外れかかっているのではないでしょうか。とうも釈然としないことが横行しています。
 でも、私たちは。。。。。
DSC_0066.jpg
 ここで働くメンバーはB型ですが、平均給与は5万円を越えます。
| 次へ