CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 作業日誌より»
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 17.12.30  感謝とお礼そして次へ [2017年12月30日(Sat)]
 今年一年ブログを見て頂きありがとうございました。就労支援事業所として農業と販売に取り組めることに感謝をしています。障がいのある人たちと働くことは、世間では障がいそのものを取り上げようとしますが、彼らと一緒に働くことは障がいをあまり気にしません。
 今、なにができるかを考えて取り組むことです。ナシやブドウ栽培で、できることを一緒に取り組むことが大切です。そんな関係をつくることができたのは、彼らから学びました。もっと教えられることが一杯ありそうで、楽しみです。
 皆様、ありがとうございました。
Posted by ピアファーム at 18:13 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
認定農業者と就労支援事業の組み合で新たなイノベーションを造る [2017年12月07日(Thu)]
 おもと 杉田様
農業談義はイイですね。飽きることなく話ができてしまいます。今日訪問して感じたことをメモしました。
一つは地域の課題です。就労継続事業を地域のなかでさせて頂いて、農業の担い手になっていることの問い、深みをいかに考えるかです。
二つ目には収益を上げること。認定農業者として農業改善計画で5年間の事績を積み上げていくなかで方向性と当時に収益性を追求することです。これは農地の集積とかわっているように感じます。効率性です。10aあたり最低20万円、最高200万円の収益を上げる農業をめざしてください。
三つめは作物の選定ですが、農地に作物を合わせることの必要性です。農地一筆ごとのに個別支援計画が必要です。土質、排水、風向きなどを検討して、最適化を作り出すのに最低5年は掛かります。
就労継続支援事業と認定農業者の組み合わせは、新たなイノベーションを創造することと捉えています。従来の就労継続事業にない地域開発、振興があり、これからの農業や地域づくりは大きな役割を果たします。「おもと」は栗東市の市街化区域にあり、これもよいビジネスを切り開くチャンスですね。
 生意気ですが、そんなことを感じました。

Posted by ピアファーム at 20:45 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.11.21 A型問題について [2017年11月21日(Tue)]
 以前からA型事業所を設置したいとの相談がいくつもありましたが、就労支援や福祉に情熱もない方がやりたいと言うのはすべて断った。
 今のA型事業問題は創設時から発生していたが、あまり取り上げなかった。全てを性善説ではいけない、あれだけ障がい者施設の虐待が無くならないのと根っこは同じようなきがします。情けない。自分たちの周囲では。。。。と思うですが。
福祉をもっと社会の根源に据えたいと思うのですが。無理かな?
Posted by ピアファーム at 18:04 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき17.10.29 ブレナイこと [2017年10月29日(Sun)]
 「NPO法人の方が社会福祉法人より元気がありますね。」と良く聴きます。確かに、近隣の社会福祉法人の職員の欠員等のこと、運営のしづらさなどを伺うことがあります。
 大変なのかなとも思いますが、置かれた状況を正しく見極めることが必要なのではないでしょうか。事業所の支援力のなさ、課題解決力の欠如、損得勘定の横行などに折れることなく、もっとブレナイ方向を示すことが必要と感じています。
Posted by ピアファーム at 15:05 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.08.23 [2017年08月23日(Wed)]
  A型事業を設置したい会社の労務士が当法人の設置準備書類を借りきたが、A型事業や放課後デイ事業認可のためのコンサルタントが、理念もなく事業認可に動くことが動機の不純さを示している。iモード
障がい者、発達障害の子どもたちは金儲けの道具になっている。役所は性善説で事業認可を受けていると言うがそうであろうか。猫
当事業所から事業認可書類を借りたA型事業所は今月で閉鎖、その後に違うコンサルタント系の会社が事業を引き継いだ。どこかが違う。この制度設計の不備なのかもしてない。振り込め詐欺が無くならないのと同じで、こうした貧困ビジネスで食い物にしていく状態が消えないのだろうか。犬
DSC_0043.jpg
カメラ
 彼らを貧困ビジネスの餌食にはしたくない。
Posted by ピアファーム at 15:30 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.07.20 [2017年07月20日(Thu)]
 就労継続事業所が乱立し過ぎる福井県ですが、近くのA型事業所が8月で閉鎖するようです。そこに勤務していた方の数名が当事業所に見学に来られましたが、色々聴いてみると次のようなことが分かりました。バス
A型事業所の方は、B型事業所を低く見ている。賃金が最賃をもらっていても、実質的な作業は出来ていない。賃金の多くは支援費より払っているようです。そしてA型で働く方はB型で働く方よりも自分たちが仕事をできるとの優越感をお持ちようです。
また、以前にも指摘したかとも知れませんが、時としてA型事業所で働く方が当事業所で働く方よりも給与が低かったとこもありました。猫
 しっかりし事業所理念のなかで、学卒者が心身共に働き涯のある事業所に就職、進路を選んでほしいと思っています。我が子がこれから10年、20年後どのような働きと暮らしを築くかを見定めてほしいと願っています。犬
Posted by ピアファーム at 14:25 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.07.01 [2017年07月01日(Sat)]
 農業の楽しさを味わいながら、時々思うことがあります。こうして作物を育てることができることに感謝、そして自分を褒めています。苦しいことは苦しいかも知れませんが、出来ること、栽培して育つことにこの上ない喜びがあります。
 今日も雨でしたが、育ったスモモを食べました。感謝です。イイネ!!楽しいネ!!自慢だね!!そして感謝だね!!犬

写真は福島県浪江町で花栽培をしてるNPO法人JINのトルコ桔梗です。綺麗です。
Posted by ピアファーム at 18:15 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.06.16 [2017年06月16日(Fri)]
 いつも思っていますが、メンバーと一緒に働けることに感謝をしています。今週は初めて取り組んだ玉ねぎの収穫をしています。それぞれがお互いの役割をもってコツコツと作業をこなせることに感謝です。
Posted by ピアファーム at 19:33 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
wさんは今月支給分で5万円を越えました Wさんが月給与工賃5月分が5万円になりました。 [2017年06月05日(Mon)]
 wさんは今月支給分で5万円を越えました。感謝です。真面目な彼だからこそです。僕らはこうした彼らを応援、寄り添うのが仕事です。A型、一般企業と言う方もいるけれど、これは私たちがからこそ出せる味なのです。
 わかるかな!!彼に感謝です。猫
Posted by ピアファーム at 22:11 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
メンバーの給与工賃の差は大きい。 [2017年06月04日(Sun)]
 以前の話ですが、wさんは高等部卒業後の進路はA事業所に決まっていましたが、親の会で色々な話がでて、急きょ、当事業所にくるようになった。
 双方ともB型ですが、A事業所の一か月の給与工賃5,000円、当事業所は3万円でした。1か月5,000円で年間60,000円、10年間で600,000円です。1か月30,000円で年間360,000円、10年で3,600,000円で、この両者の違いで10年で3,000,000円の違いがある。
 これは大きいですね。特別支援学校の進路指導ではあまり、こうしたことは議論されないようですが、本人にとってのこの差は大きすぎるのではないでしょうか。
 障がいで割引されないようにしたいものです。猫
Posted by ピアファーム at 18:32 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ