CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«つぶやき 18.06.03 障がいの多様化に応える | Main | 震さんの想い»
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 18.06.06 障がい者をもつ親の気持ち [2018年06月06日(Wed)]
 この仕事を始めた頃に「障がい者を子に持つ親の気持ちは、その親になってみないとわからない」と言われた。そうか、それほど大変なのかな。つらい思いをしたのだろうなと自分なりに感じたことがありました。
  でも、自分が子どもを持つ親になって何か吹っ切れたように「それは親としての甘えかもしれない」と思うようになりました。障がいを持っていても人格をもつ人として接することができない思いがそこにあるように感じています。うまく例えることはできませんが、
なんか、お互いに依存することで、救われているような観念があるのではないでしょうか。
 親と子の関係はかえることは出来ないですが、お互いに自立・適度な関係を持ちつつ、自分でやれるようにすることは障害があるなしに関係がないようにも感じます。
DSC_0040.jpg
カメラ
 ブドウの栽培では、ブドウの気持ちに寄り添います。
Posted by ピアファーム at 18:29 | 私の想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1364965

コメントする
コメント