CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«事業を継続できることに感謝 | Main | つぶやき 17.12.30  感謝とお礼そして次へ»
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
一年のお礼 [2017年12月28日(Thu)]
 「社会福祉法人コミュニティネットワークふくい」独立分社して10年が経ちました。毎年年末に元上司の松永正昭氏に一年の御礼を報告させて頂いています。10年を振り返ると見えてくることも一杯あります。何をおいても感謝です。

Cねっとサービス
松永 正昭 監査役 様
               一 年 の 御 礼
 今年も大変お世話なりましたことを心より感謝申しあげます。
 年の瀬になりますと、一年間大きな事故や怪我なく年を越せることに安堵しております。毎日、畑に出てナシやブドウ、リンゴ等に樹を一巡してから農作業にかかりますが、こうして畑で仕事ができることに感謝です。
 面白いもので20年前に松永さんの提案のもとにクリートプラザ金津で農業を始めた時は、地域の人は怪訝そうな顔で眺められ、JAからは横やりを入れました。福祉関係者からは無謀なことをすると言って非難を浴びたものでした。今は農福連携として国、県、市町村が後押ししてくれるようになり、当時と比較すると隔世の感を覚えます。就労支援事業所が地域農業、産地継承の担い手になることの大切さと必要性を今は改めで実感しています。
 ピアファームの農業、果樹栽培は社会福祉法人Cネットふくい坂井事業所の時に事業基盤をつくりました。福祉工場の担当者として、新たな事業展開を農業に求めたのですが、最終的には担い手がいないことが幸いして、今に至っています。坂井事業所からあわら事業所(A型、生活介護)農楽里(A型)、クリーンネット金津(B型、生活介護)ピアファーム(B型)と分離分社してきましたが、これで良かったと感じています。事業を継続発展させるためには分離分化が必要なことが分かりました。
 独立分社して10年が過ぎ、新たな10年、20年に向けてのスタートが来年よりはじまります。皆様の一層のご支援を頂きながら、新たな農業福祉の担い手に特化していきたいと存じます。
 年末年始と慌ただしい日が続きますが、ご健康に気をつけて良い年をお迎えください。一年間ありがとうございました。                 合     掌

DSC_0088.jpg
カメラ
 この10年でナシ、ブドウ、リンゴなど多くの樹を植えました。これからの10年はこの樹に助けられます。
Posted by ピアファーム at 16:34 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1328318

コメントする
コメント