CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
つぶやき 17.06.16 [2017年06月16日(Fri)]
 いつも思っていますが、メンバーと一緒に働けることに感謝をしています。今週は初めて取り組んだ玉ねぎの収穫をしています。それぞれがお互いの役割をもってコツコツと作業をこなせることに感謝です。
Posted by ピアファーム at 19:33 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これから考えること [2017年06月10日(Sat)]
先般、生活介護事業とグループホーム設置利用のアンケート調査を保護者対象に実施しました。法人創設10年目に入り加齢化と同時に暮らし向きも保護者の皆さんと一緒に考える時季にと思っています。暮らし向き、生活介護事業は他法人の事業所を活用と考えていましたが、思ったより狭き門、思うようにいかない現実がそこにありました。設置を希望している保護者は90%、一緒に考えていきたい。
スタッフやメンバー、保護者、地域の皆さんのお蔭で働くことはようやく形になってきたように感じています。さて、これから色々と考えて行きたい。
DSC_0027.jpg
カメラ
このネギ畑を皆で大切にしていきます。

Posted by ピアファーム at 19:05 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.06.09 [2017年06月09日(Fri)]
 この仕事について40年になろうとしていますが、最近ようやく見えてきたこと、考えられることができるようになったように感じます。
 入所施設に勤務していた時は、箱の中だけを考えていていればよかった。でも、福祉工場では働くようになり、地域で暮らし働くことの広がりに戸惑いました。今はその広がりに助けられているようになったと感じています。
 まだ、まだ分からないことも多いですが、コツコツしかできないことに感謝をしています。でも。。。。。
Posted by ピアファーム at 20:21 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
wさんは今月支給分で5万円を越えました Wさんが月給与工賃5月分が5万円になりました。 [2017年06月05日(Mon)]
 wさんは今月支給分で5万円を越えました。感謝です。真面目な彼だからこそです。僕らはこうした彼らを応援、寄り添うのが仕事です。A型、一般企業と言う方もいるけれど、これは私たちがからこそ出せる味なのです。
 わかるかな!!彼に感謝です。猫
Posted by ピアファーム at 22:11 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
メンバーの給与工賃の差は大きい。 [2017年06月04日(Sun)]
 以前の話ですが、wさんは高等部卒業後の進路はA事業所に決まっていましたが、親の会で色々な話がでて、急きょ、当事業所にくるようになった。
 双方ともB型ですが、A事業所の一か月の給与工賃5,000円、当事業所は3万円でした。1か月5,000円で年間60,000円、10年間で600,000円です。1か月30,000円で年間360,000円、10年で3,600,000円で、この両者の違いで10年で3,000,000円の違いがある。
 これは大きいですね。特別支援学校の進路指導ではあまり、こうしたことは議論されないようですが、本人にとってのこの差は大きすぎるのではないでしょうか。
 障がいで割引されないようにしたいものです。猫
Posted by ピアファーム at 18:32 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.06.01 [2017年06月01日(Thu)]
 スタッフがメンバーのかかわりを見たり、そこで悩んだり戸惑ったりすることを聴いていますが、あまりうまい助言はできません。でも最近感じることは、障がいある人たち、発達障害と言われている方の思いや考え方が少しわかるようになったのかなとおもうことがあります。
以前は強制的に指示、思いを伝えたりしていましたが、今はスタッフがメンバーとのやり取りや寄り添い方を聴くと色々なイメージが湧いてきます。「はたらく」ことを基本に組立てていますので、そのなかでのスタッフの葛藤にはとても頭がさがります。感謝です。この積み重ねで、メンバーが安全に働けるのかなと思っています。
DSC_0358.jpg
カメラ
リンゴが癒してくれます


Posted by ピアファーム at 19:38 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つぶやき 17.05.20 [2017年05月20日(Sat)]
「近くのA型事業所が閉鎖するようだ。事業収入が月20万円、利用者給与が月80万円支払、毎月20万円の赤字とのこと。バカヤロー、障がい者支援を舐めるな!!
最近は、A型、児童デイ等を見ていると、ふざけるなと言いたいことが沢山あります。職安も障がい者雇用率を上げるために、訳のわからないA型事業所とつるんでいるのではないか疑いたくなることを良く聴きます。フリーダイヤル
障がい者も努力をしないで、フラフラ、それに群がるA型事業所。就労して汗を流すことよりも、助成金を当てにする事業者と当事者。
少しでも清くありたい。無駄な金は使わない。支援費の5倍の事業収益をあげられないならA型事業は辞めた方が良いのではないかと思う。」
色々な話が横切ると、そんなことをつぶやきます。猫

Posted by ピアファーム at 11:39 | 雑感 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
 メンバーの将来を見据えて [2017年05月04日(Thu)]
 開設当初はメンバーの平均年齢は30歳でしたが、あれから10年目になり平均年齢が42歳になりました。
就労継続B型事業としてスタートしましたが、利用しているメンバーは能力の向上した面はありますが、体力、身辺面に維持低下が少し見えてきました。体力適に無理な方を他の事業所へとお願いしたのですが、問題行動もあり断られる始末でした。
また、他法人のGHから働きに来ているメンバーありますが、事業所の中からもGH利用の声も聞こえてきます。メンバーの保護者の高齢化しています。また、一人暮らしをすする方も少しずつ増えて来ました。
今、将来のことを見据えて生活介護事業、GHの設置を検討しています。他法人との連携でこうした課題を解決していきたいのですが、それも難しいようです。
感謝と誇り [2017年04月21日(Fri)]
 障がい者福祉・働くことにかかわって今年で40年目に入りました。この世界で働くようになるきっかけをつくってくれた大学や支えてくれた苦学生の友人たちに感謝をしています。
当時、ゆたか福祉会【名古屋市】で真摯に向き合う当時の職員の姿を見て、将来の自分の姿を見たような気がしたものです。全障研、車いすの会のかかわりも大きな刺激を受けました。
 今日は農作業をしながらそんなことを思っていました。メンバー、スタッフと共に農業で働けることに感謝です。生涯、障がい者就農にかかわれることに誇りと、感謝の日々です。
DSC_0098.jpg
カメラ
王秋ナシの花です
Posted by ピアファーム at 19:01 | 作業日誌より | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業について [2017年03月31日(Fri)]
農業について 〜 いつも思っていること 〜

 山里で育った私は、祖父母につれられて畑や田、炭焼きの仕事につれていってもらい、そこが幼い私の遊び場だった。山菜、花、木々、キノコ、田や畑のことなどを遊びとして教えてもらい、手でふれ、匂いを感じ、目で追った記憶が脳裏に焼き付けらいます。
 これが農家の人手をして小学校の時から使われると、遊びたいのにと思いから田や畑の仕事段々と嫌になっていった。でも小学校高学年から田を耕す耕運機の操作をして田んぼに入っていたが、機械操作はとても興味があって楽しかった。
 山の棚田でしたので、小学校の時から稲や道具を運ぶために背負ったりすることやらされ、夜遅くまで刈り取った稲を稲架に干す作業をしたこともありました。夜の月明りで、父に稲束を干すのを手伝っていると、キツネが「コーン、コーン」と啼いてとても不気味だった。高校の頃に読んだ大牟羅良さんが書いた「もの言わぬ農民」の姿が私が幼い頃の暮らしにあった。
 これが私の農業の原点ですが、幼いころの農業の大変さを体験しましたので、これまでの生活でこのような大変さはないです。だから、今は感謝をして農業ができることに本当に感謝しています。
06.4.28たんぽぽ.jpg
Posted by ピアファーム at 21:33 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ