CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月30日

〜心の距離感〜

夏休み後、2学期の生活リズムにも慣れた頃から、
爪かみが多くなっているし、爪いじりも激しい。
軽く注意はしましたが、
何が、ストレスなのだろうか?
話しを聞いていても、
これといった原因がわからないでいました。

「学校イヤだ!」が始まりました。
「スクールバスの隣の席のお友だちがイヤだ!」
「作業がイヤだ!」

学校での様子、スクールバスでの様子を聞いても、
そんなに「イヤだ!」と、なるほどのことはない。
本当の原因は何?

娘の話を、「そうなんだ〜。フムフム。○○がイヤだったんだね〜。」
共感してあげながら、原因を探っていました。

あるとき、「○○先生(女性の担任)にも、しっかり伝えたし、先生わかってくれているよ〜」と
私が言ったときの、娘の表情が、瞳が、ちょっとだけ反応しました。
大好きな○○先生です。娘にとって、安心できる、信頼できる先生です。
娘にそれとなく聞いても、わからない。
たぶん、娘も認識出来ていない?自分の気持ちを・・・

なぞなぞか?
一日中考えて〜
昨年までは、娘の心が不安定になる出来事も有り、
○○先生は、ずいぶん娘と密に、話しをしていました。
でも、今年は、不安定になる材料がさほどなく、
わりと落ち着いていて、先生方からも、頼りにされ、褒められて・・・
○○先生は、作業班も一緒なので、いつも、一緒にいる。

もしかして、心の距離感?
もっと甘えたいけど、甘えられない?
自分のことをもっと見て欲しい?

娘に、「もしかして、○○先生と2人で、もっと色々なお話したいの?」と聞くと、
瞳が輝き、うなずきました。

先生に、伝えると、
そういえば、めずらしく手を触ってきたこと、手をつないできたことがあり、
私をもっと見てというサインだったのですね。気づかずすみません。と・・・
そして、意識して、娘と関わってくれて、
その後の娘は、そんなに嬉しいのかい?と思うほど、明るくなりました。
スクールバスがイヤだ!作業イヤだ!も、言わなくなりました。

普段から、生徒1人1人に十分に心をよせてくれる○○先生です。

母親もそうですが、家にいて、話したいときには、話せるからと、気にしていなかったのですが、
子どもは、「しっかり自分を見て欲しい」「自分の気持ちをわかって欲しい」と思っています。幼い子ほど。いや、思春期の子もそうかもしれません。(娘は知的に幼いですが)

心の距離感、2人の空間、私も意識するようにしています。
寝る前に、布団でゴロゴロしながら、たわいもない話しをし、一緒に笑い、話したいことがあれば聴ききってあげる。そんな時間を大切にしています。











posted by 佐藤 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話

2019年09月29日

〜面倒かもしれないけれど〜

赤ちゃんから、就学前には、
しっかりと愛着関係と、感性を育んでおいて欲しいと願っています。

以前なら、当たり前に出来ていた心の土台のこの2つが、
最近は、出来ていない子が多い気がします。

学びに来てくれるお母さん方から、
周りに心配な親子がいるという話しをよく聞きます。

いつもスマホの画面ばかり見ていて、
子どもの方を見ていない。
泣いていても、放っておくし、
1人で遊ばせておいて、一緒に遊ばない。
外で一緒に遊ぶなんて、していない。
人間関係も面倒で、育児サークルや、
何か言ってきそうな支援の人がいるところには行かない。

これでは、子どもは愛着形成不十分で、
ものごとに対する、感性も育ちません。
人との関わり方も、母親を見て学ぶのです。

お子さんの幸せを願うなら、
今、子どもの人生の土台作りの時です。
お母さん、仕事、家事、育児で、めいっぱいかもしれませんが、
面倒でも、頑張って欲しいなと思います。

娘が年中の時から、「子ども劇場」に入っていました。
親子で、生の舞台(劇や音楽など)を鑑賞したり、
親子遊び会をみんなで作ったり・・・
親も一緒に参加しないといけないので、
面倒と言えば、面倒でした。
娘は聴覚過敏に、知的障害あるので、
他の子より、大変でしたから・・・
でも、娘は今でも、子ども劇場で知り合った方々が好きで、
一緒に大笑いした劇のことも、覚えています。
子ども劇場で、人とどう関わるのか、
お友達、大人たちと、一緒に鑑賞する、感じること、
娘は、学んだと思います。
私も、娘のことを知ってもらえて、受け入れてもらえて、
「大丈夫よ」って、支えていただきました。

たまたま、昨日のフォローアップの時に、
参加されていた方、子守りの手伝いに来てくれていた方も、
子どもが小さい頃は、子ども劇場に入っていて、
小さい時だけでも、入っておくといいよね〜。と
話が盛り上がりました。
昨年話題の「非認知的能力」を高められる場です。
〜IQなどの検査ではわからない、心の能力のこと〜
自分に対する能力:自尊心、やる気など
他人に対する能力:共感する力、社会性など
実は、親の非認知的能力も高まります。
そう考えると、「子ども劇場」って、すごい。
全国にあるし・・・
最近は、会員数が減少しているそうですが、
無くなってほしくないですね。

面倒かもしれないけど、
「子ども劇場」入る、入らないは別にしても、
幼少期に、しっかり感性豊かに、愛着バッチリに、育てて欲しいな。




posted by 佐藤 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月28日

〜人に頼った方がいい〜

発達障害児者の親の中には、
「母親だから、自分がすべてやらないと・・・」
「人に迷惑はかけられない」
「頼っては、申し訳ない」と、
他人に「助けて」「手伝って」が言えずに、
母親が1人で頑張って、
頑張りすぎている方いますね。
特に、年配の母親。

子どもがいざというときに、
助けを求められるようにするためには、
親が周りの方々、支援者に、
協力を求める、頼ることを見せていくことです。
人に頼ることを経験させていくことが大切です。

どのような支援が必要な子か、周りに知ってもらい、
親は少し離れて、見守る時間も大切です。

発達障害児者の親だけでなく、
不登校、引きこもりの子の親で、
「恥ずかしいから」「私たち親が何とかするから」と、
他人の手を借りようとしない、支援者、経験者に頼らない、
他人に相談しない・・・
そして、長引いているケースの相談が時々あります。

親より、子どもが困っているのです。

支援が必要な子の親の役目は、
親がサポート出来なくなった後も、
子どもがその子らしく、生きていけるように、
少しずつ経験を積ませ、
支援のネットワークなどの環境を準備し、
「大丈夫だよ」って、
経験させておくことではないでしょうか。



posted by 佐藤 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月27日

〜ライフストーリーワーク〜

昨日は、児童相談所で、昨年、当法人のペアレント・トレーニング(Growing upアドバイザーコース)を受けた里親さん達への、フォローアップの日でした。

うちでは、Growing upアドバイザーコースを受けた方には、定期的なフォローアップをしています。大切にしているのは、参加する方々が、毎回、何かを感じたり、何かを学んだりできるようにと、内容を考えています。時には、参加者の悩みや、近況報告で、2時間が終わるときもあります(学ぶより、今は、発散が必要と感じる場合)。

昨日の参加者は、すでに、子どもの気持ちを受け止めたり、適切な関わりが出来ている方々なので、今回は、自分を見つめ直す内容にしました。

子育ての連鎖。
よく虐待の連鎖って言われますが、要は、子育ての連鎖なんですよね。
親にしてもらった子育てが、今の自分の子育てに影響する。
価値観の連鎖、充されぬ思いの連鎖に気づき、これからの子育て、夫婦関係に活かす、
ライフストーリーワーク的なことをしました。

1,子どもの頃、親から言われて、されて、イヤだったこと、気持ちを書き出します。
2,その子どもの頃の自分に、ねぎらいの言葉(「よくがまんしたね」「辛かったね」「もう大丈夫だよ」など)を書きます。
3,子どもの頃、親から言われて、されて、嬉しかったことを書き出します。
4,そのことの、感謝の言葉を書きます。(「応援してくれてありがとう」「守ってくれてありがとう」など)
(親だけではなく、兄弟、祖父母と一緒に暮らしてきたなら、含めて書きます)
書くことで、見つめ直すこと、整理することが出来ます。
そして、今の子育てに、影響している部分が見えてきます。気づきます。
5,これからの、子育てのあり方、夫婦のあり方、何に気を付けよう、こうしてみようを書きます。

こんな感じで進めました。
私は、親の価値観に影響されるというより、父と母の関係性(距離を置き、あまり仲が良いとはいえない)に影響されてきたと気づきました。母と同じように、夫に対して、距離を置いていました。両親の姿を見ていて、子どもの頃の私は、不安な気持ちでした。同じように、娘も不安を感じていると思います。なので、距離を縮めるように、どうしたらよいかを考えるようになりました。

皆さんも、紙に書き出してみるといいですよ。
心の奥底にあった、子どもの頃のマイナスの感情、過去の自分の感情に気づいて、解放してあげることです。「辛かったね。もう大丈夫だよ。」って。
「色んなことがあったけど、いま、こうして生きている。これからは、もっと私らしく、歩んでいこう!」って。







posted by 佐藤 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月26日

〜素敵なお母様〜

家庭教育を一緒に学んできた姉妹(それぞれ家庭を持つ母)のお母様にお会い出来ました。
その姉妹は、いつも周りに気を配り、気を遣い、出しゃばらず、常に感謝をし、
私より、ずっと若いのに、「今どき、なんて、偉いの!」と思っていました。
出来ない、していない自分が恥ずかしく、見習わなきゃと思うほどです。
それだけ、周りに気を配れるからこそ、子育てに悩んだりするのかも〜と、
感じていました。
ですから、その姉妹のお母様にお目にかかれたこと、
本当に良かったです。凜として素敵な方でした。

そのお母様が、「私の子育ての間違いに気づきました。子どもの心を聴くより、しっかり、厳しく教え、しつけていました。」「今は、娘達の話を聴くようにしています。」と・・・
でも、それって、その時代の良妻賢母の姿ですよね。
「○○家の嫁、母」として、人に指を指されぬように、人様の前に出して恥ずかしくないよう、
母親への重圧が強かったその時代、精一杯、子どものためにと、厳しくしつけてきたことを、
誰が責めることができるでしょうか?

自己肯定感が低い、子育てに自信がもてない娘(子)も、人間です。
男尊女卑の時代、頑張って、家を切り盛りし、働き、子育てをしたお母様(母)も、人間です。
親の期待に添えなかったことを、自分の子どもに求めてしまう。自分と同じように頑張る、我慢することを子どもにも求めてしまう。深層心理では、よくあることだそうです。

今、新しい時代、
「○○家」より、「個人」の人権が重視される、多様性を認める時代です。
自分の育てられ方を引きずるよりも、
これからの、子育てのあり方を考えた方がいいのです。

それには、まず、過去の自分(子どものころの自分)と、
今の自分(子育てする側)とを、分離することです。
されて嬉しかったことは、子どもにも・・・
嫌だったこと(期待のかけ過ぎ、こうでなければとの価値観の押しつけ、無理強いなど)は、
しないようにすればいいのです。

よく、親の子どもへの関わり方は、連鎖すると言われますが、
夫婦、父と母の関係性も、実は、連鎖していること、多いと感じています。

お母様と娘さんの、仲の良い姿を見ていて、
やっぱりお母さんって、スゴいな。
いつまででも、子どものことを心配して悩んでいる。
すてきな母娘でした。


時々、どうしたもんだか・・・と相談に頭を抱えるお母様の話しを聞きます。
お母様の時代、お母様なりに、精一杯生きてきた、子育てしてきたことを
否定するのではなく、それはそれで、認めてあげて、
自分たちの子育てと、生き方と、分離する。
今は、口うるさくても、いずれ、親は先に逝く、はず。
だから、まずは、頭の中で、心の中で、分離しておくことが、いいのかな。
子は親離れできるけど、親が子離れできないケース、多いから。





posted by 佐藤 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月25日

〜切り替え〜

「孫(発達障害がある)が遊びに来たときに、
近くの公園につれて行くのですが・・・
「帰るよ」と言っても、全然言う事を聞かない。
飽きるまで、付き合った方がいいでしょうか?」
と、聞かれました。

「終わり」の見通しを付けてあげることと、
「次」を用意することがいいかもしれないと、
お話しました。

どういうことかというと、
「どこから始めていいのか」わからない。
「いつ終わればいいのか」わからない。
幼い子も、発達障害の子も、わりと、多いです。
公園から、帰る時間を決めておき、
「○時になったら、帰るよ。」と時計を見せて、
「あと、10分遊んだら、帰るからね。」
「あと5分したら、帰るよ。」と、
終わりの見通しを立ててあげること。

そして、「次」を用意してあげるといいですね。
好きなことが「おしまい」と言われるより、
好きなことが「はじまる」方が、気持ちが切り替わります。
例えば、家に帰って、大好きなプリンを食べる。
という「次」があると・・・

「家に帰って、手を洗ってから、プリンを食べるよ!」
というと、見通しが立つので、いいです。

もし、すぐに、気持ちを切り替えられたら、
いっぱい、いっぱい褒めてあげてください。

もし、「もう少し!」と粘られたら、
「あと5分(10分)ね」と待ってあげて下さい。
できるだけ、子ども自身が、「家に帰る」と言えるように・・・
子どもから「帰る」が言えたら、
「自分で、決めれたね、偉かったね」と褒めて下さい。

もし、想定内の時間以上、粘りそうなら、
「プリンの時間が無くなるけど、いいのかな?」
と、子どもに選択させてください。

もしかしたら、プリンより、今している遊びに夢中なのかも。
たまにしか来ない公園だと、興味がわく場所、遊び方がいっぱいあるのかも。
そんなときは、できるだけ、満足するまで、
少し長めに遊ばせてからが、いいかもしれませんね。

「○○止めなさい。終わりにしなさい。」というより、
「○○始めよう。○○するよ!」という方が、
子どもの行動は、切り替わりやすいです。






posted by 佐藤 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月24日

〜発達障害かも?と気になったら〜

発達障害かな?
そう思って、本やネット検索される方、多いと思います。

私もそうでした。
書いてあることに、これは、当てはまる。これは違う。これは・・・
だから、何が何だかわからなくなる。
余計、悩む。

最近は、わかりやすい本、マンガ付きなども、色々出ているので、
私の頃よりは、かなり恵まれています。
(逆に、どの本を買おうか、迷うくらい。)

もしかしたら、発達障害かな?ちがうかな?
そう感じたら、まずは、子育ての仕方を見直してみて欲しいです。
診断より先です。診断を待っていては、遅いです。
と、皆さんには、お話しています。

・大声で怒らない。ダメダメ言わない。
・どうしたらよいのかを、具体的に、見せて、一つ一つ、何度も優しく教える。
・良い行動、頑張ろうとしたことを、褒める。認める。
・落ち着くまで待つ。焦らせない。

発達障害の子への対応ですが、HSC(ひといちばい敏感な子)にも、有効。
定型発達の子にも、有効です。
子どものやる気を引き出し、自己肯定感を育む関わり方です。

子ども自身の発達の凸凹+親の良い対応=障害となる問題の減少
子ども自信の発達の凸凹+親の悪い対応=障害となる問題の増加、二次障害

あと、本やネットだけではなく、発達障害のことをよくわかる人、理解できる人、先輩ママ、などの「人」と、知り合って下さい。相談してみてください。教えてもらってください。
正直、全然ちがいます。複数人いると、いいですね。
リアルな経験談は、あなたの子育ての道しるべになるかもしれません。





posted by 佐藤 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月23日

~ ~ 〜子どもの思いを聴ききる〜

子どもの話を、子どもの思いを、聴ききることって、
親の心にも、時間にも、余裕がないと、難しいもの。
でも、とても大切なこと。

子どもが、
「お母さん(お父さん)に聴いてもらって良かった!」と実感出来たら・・・
子どもは、満足し、心が安定します。
幼い子でも、思春期の子どもでもです。

「子どもの話なんて、毎日聴いているわ」という方も、

優しいまなざしで、笑顔で、相づちを打ちながら、話を聴いていますか?
子どもに体を向けて、目線を合わせて、話を聴いていますか?
途中で遮らず、急かさず、考える間も大切に、話しを聴いていますか?
「事柄」ではなく「思い」を受けとめていますか?
子どもの思いを、心を、聴ききろうとしていますか?
穏やかで、何でも話せるせる雰囲気を作っていますか?

お母さん(お父さん)が、真剣に、自分の話を、全部聴いてくれた。
これって、子どもの心を育てます。
そして、他人の話を聴ける人に、育ちます。

言いたいことがあれば、しっかり聴ききった後に、
あなた(親)の思い、考えを伝えればいいのです。
途中で、意見したり、叱ったりしないことです。

「乳児は しっかり 肌を離すな」
「幼児は 肌を離せ 手を離すな」
「少年は 手を離せ 目を話すな」
「青年は 目を話せ 心を離すな」
という、言葉があります。
心を離すなって、
子どもとの、何気ない会話や、
子どもの話を聴ききることなのかな?
それによる親子の信頼なのかな?

「〜聴ききる〜」
聴き出すとは、違うので、気をつけてくださいね。









posted by 佐藤 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年09月22日

〜共感できる方に、必要な方に、〜

このブログ、どんな方が見てくれているのだろう・・・
時々、思います。

ですが、「いいね」や「コメント」を受け付けていません。
当初、必要ないと思っていたし・・・
超アナログな私は、あまり「いいね」を気にしていませんが、
「コメント」は、私、神経図太くはなりましたが、
気になり色々考えてしまうタイプなので、無理。
繊細というより、真面目と最近は言われます。

毎日書くようになり、見て下さる方が、増えたらと思い、
「ブログ村」には、知人に登録してもらいました。

たぶん、
うちの活動(講演会など)に来て、ブログがあることを知った方、
色々検索していて、見つけましたという方、
がブログを見て下さっているのだと、思います。

このブログを何度か見てくれている方は、
私の「思い・願い」を共感してくれる方だと思っています。

同じように、共感できる方、必要な方に、
「こんなブログあるよ。」と、紹介して頂けたらと思います。

きっと、周りに、
子育てに悩んでいる方
しつけが上手くいかないと、怒ってばかりの方、
発達障害かもと不安な方
発達障害と診断されたけど、よくわからない方、
子育て、子ども支援をされている方、
お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん、
保育園、幼稚園、学校の先生・・・

わかってくれる人に届くといいな〜と思っています。
もし、そのような方がおりましたら、お願いいたします。









posted by 佐藤 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2019年09月21日

〜忖度〜

またテレビから聞こえてきた「忖度(そんたく)」という言葉
ふと、思いました。
日本は、大人も子供も、
忖度だらけ。
忖度文化?

忖度:相手の気持ちをおしはかること。推測。

以心伝心:言葉や文字によらず、心から心へ考えを伝える事。言わず語らず。

自閉症児者にとって、わからない世界。
幼い子にとっても、曖昧な言葉、わからない。

あいまいな言葉、日本は多いよね。
「ちゃんとして」「しっかりね」
「うまくやっておいて」「きれいに片づけておいてね」
何をどこまで?

定型発達の子は、いままでの親との経験を総合して、
これは、これくらい、こうすれば、OKだなって、わかるけど、
発達障害があったり、子どもがまだ幼いと、無理。

具体的に、一つ、一つ、言うか、
視覚優位な自閉症タイプや、幼児には、絵や写真を使って、説明するといいよね。

自分の子どものころを思い出すと、
親の言う事が、抽象的、曖昧だった、
そもそも、父は、言わないでもわかるだろうタイプだったので、
私は、忖度というか、親の顔色を見ていた。
だから、親といると、疲れた。
兄は、私にわかるように教えてくれた。
わかるまで、優しく教えてくれた。
兄がいると、安心だった。

娘にとって、私は、どっちなのだろう・・・


posted by 佐藤 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき