CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月31日

〜達成感〜

「やった〜!できた〜!」という達成感は、子どもに感じてほしいことです。

手取り足取り教えて、やらせて、「できました!」「完成しました!」と喜んでいる、達成感を感じているのは、大人、先生の方だったり・・・。

もちろん、何度も経験して身につけることも大切ですが、その時のアプローチの仕方で、違ってきますよね。

娘は手先が不器用でした。
ですから、学校で、手先を使う課題を行なう場面を何度か見てきました。

K先生は、黒い画用紙と、折り紙を穴開けパンチで5ミリほどの小さな丸い紙をたくさん準備し、黒画用紙に書いた線の上に、小さな赤や黄色の5ミリほどの丸いその紙を糊で貼り、「花火」を作るという課題を娘に与えました。
娘は、糊がイヤです。ベタベタして。それに、そんな小さい薄い丸い紙を扱うなんて・・・
案の定・・・
娘はどうしたらよいかわかりません。K先生は「ダメ、違う!そうじゃない!」の繰り返し。娘の手を取り、一枚一枚小さい丸い紙を持たせ、糊を付けさせ、画用紙に貼らせていきました。途中で、娘が抵抗。手を引っ込めてやろうとしません。すると、K先生が残りを貼っていきました。そして完成し、娘の作品として廊下に掲示。達成感は、K先生です。娘は、完成してホッとしています。もう糊を触らなくていい。
シールなら、娘も出来ただろうに、と思った母でした。
(K先生にも言いましたが、「いえ、練習ですから」と)

H先生の時にも同じように糊を使って、紙を貼る課題がありました。
枠の中に、1センチ大の色紙を隙間なく貼っていくものでした。どのように行なうかを説明した後、「何色がいいかな?」娘がとった黄色い紙をみて「黄色、いいね。」「この線の横に貼ろうか」「そう、いいよ。」不安な娘の視線がわかるので、一つ一つ丁寧に「いいよ」「大丈夫だよ」「次はね・・・」と、進めてくれます。貼る位置がずれたときは「ちょっとおしいな〜、隙間が空いているから、もう一回、貼り直そうか。」「いいね、きれいに貼れたね」「見て!ここまで貼れたよ。あともう少しだよ。」と声を掛けてもらいながら、娘は、ニコニコしながら、先生の顔を時々見ながら、貼っていきます。糊が苦手なのを知っているから、紙を貼る場所に、スティックのりを塗ってから、貼っていきます。手は糊だらけになりません。最後まで集中して完成。「上手にできたね!」と褒められた娘の瞳はキラキラ。できた達成感と、H先生への信頼感ができた場面でした。

「達成感」学校でも、家でも、大事にしたいですね。
定型発達の子は、叱咤激励すれば、なんとか努力し、達成できることも多いですが、発達障害の子には、一つ一つ具体的に、教えながら、褒めながらでないと、達成出来ません。

子どもは、遊びやイタズラの中で、達成感を味わいます。大人からみると、止めて欲しいことも多いですが、危険が無ければ、させてあげて欲しいです。(後で、洗えばいい、あとで片づければいいのです)その時の子どもの瞳を見てください。キラキラしているときは、脳は活発に何かを感じています。子どもの達成感を一緒に喜んであげられるといいですね。

子どもに持たせたい達成感。達成感は次のやる気を育てます。
「達成感」を子ども自身が感じることが、大事です。








posted by 佐藤 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月30日

〜幼稚園・保育園の運動会は必要か?〜

全ての子に、幼稚園・保育園の運動会は必要か?
という話が先日ありまして・・・

集団行動の練習?小学校で運動会があるからその練習?
幼児なのにレベル高すぎの内容も。親が喜ぶから?園の先生方の腕を見せたい?
何ヶ月も前から、練習。

発達障害のある子にとっては、日々の決まった日常を送るだけでもまだ大変な時期。非日常のイベントで、練習する内容も時間も違う日々。定型発達の子なら、それにも適応できる子が、多いけど、見通しが出来ない子。いつものパターンが安心な子たちには、不安の日々です。

もちろん、発達障害といっても、子どもも色々なので、それなりに楽しめる子、先生がついていれば、練習に参加できる子。
定型発達の子でも、参加したいけど、先生にしがみついている子もいます。まだ、幼児ですから。

今回の話の発端は、発達障害のあるお子さんが、秋の運動会の練習を嫌がり、どんどん種目練習が出来なくなり、開会式の練習だけに参加。それも、嫌がるようになり、先生から「練習を嫌がり出来ないんですけど!」「どうしたら、いいですかね?」と言われ、親としては、子どもの様子から、「運動会でなくていい」と、思うのだけど、先生からは、何とか出るようにと。

「全部じゃなくて「これだけ」って、参加させたら?」
重度の自閉症児者に関わる方は、「運動会やその練習は、子どもが不安になり混乱するだけ。まして幼児期の運動会なんていらない。」
嫌がり全て参加してこなかった当事者の方は、「あとで、一度は参加しておけばと思った。」(小学生になってからでもいいけど)
いろいろ意見が出ました。

同じ発達障害といっても、1人1人違います。学年が上がれば、同じ子でも、違います。先生の誘導の、関わり方の良し悪しも影響が大きいです。
みんなと同じようにとの園や学校の先生方の思いは、わかりますが、本当に今、この子に必要なのか?この経験が必要なのか?無理強いしていないか?逆に不安、恐怖をあたえていないか?よく見て、考えて欲しいと思います。

0か10ではなく、2とか5でもいいですよね。
応援だけでも、いいと思います。応援しながら、運動会を見ることで、次回の見通しも立てられます。
うちの娘は、練習も参加したり、しなかったり。大好きな先生のお手伝いと称して、先生の横でみていることも多かったようです。本番は、先生の横で先生の顔を見ながら、綱引き以外は、なんとか参加。毎回、ビデオを撮り、何度も見て、次回のイメージ(見通し)を付けていました。

運動会、学芸会。
発達障害のあるお子さんにとっては、悩みが多いですね。
少なくても、子どもにとって「イヤでたまらなかった出来事」には、したくありませんね。
全部は参加しなかったとしても、「頑張ったね」「楽しかったね」という達成感を子どもにもってもらいたい。うちでは、ビデオを見ながら、「ここ、頑張ったよね」といいところを褒めて、次につなげるようにしていました。

誰のためのイベントなのでしょうかね。







posted by 佐藤 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月29日

9月の予定

旭川市や近郊の方々・・・
ペアレントサポートの9月の予定を・・・
宣伝らしいことをしてなかったから、参加申込みまだ少なくて・・・

すべて10:00〜12:00です。参加費500円。
9月6日(金)サロン(ゲストは、不登校を考える市民ネット オアシス 事務局 尾崎さん)(場所:おぴった)

9月13日(金)発達障害講演会「福祉の制度とサービス、就労、生活」講師は、旭川市障害者総合相談支援センターあそーとセンター長 紺野さん (場所:おぴった)

9月17日(火)子育て講演会「子どもに伝える生と性の話」講師は、母乳育児相談室きらり 助産師 山崎さん(場所:ときわ市民ホール)

9月20日(金)から始まるGrowing upアドバイザーコース(当法人ペアトレ)5回コース

旭川市民活動情報サイト当法人イベントより、内容、申込み先をご覧ください。
http://asahikawa.genki365.net/gnka07/mypage/mypage_content_list.php?gid=G0000467&type=11

9月24日(火)主催は道北家庭教育研究グループクリーミーママの会ですが、神楽公民館(2階交流室、10時〜12時)で、「子どもの心を大切に〜子どもの思いを聴く親子のコミュニケーション」を私佐藤が、話をします。これは無料で申込み不要です。

posted by 佐藤 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2019年08月28日

〜障害か個性か〜

本によると、平成18年、横浜市の1歳半健診で、検診結果により、発達の問題で経過観察を受けた子どもが20%近くおり、そのころは、多すぎるとの指摘がされました。
スウェーデンのあるグループの調査でも、健診で問題のなかった子を6歳まで追跡調査した結果、何らかの問題があり経過観察となった子を含めると、やはり20%の子どもが、神経発達、精神発達上問題があったそうです。
やはり5人に1人は、何らかの発達上の問題があるということです。
その子ども全員が、「発達障害」と診断されるわけではありません。
その判断の微妙な発達状況の子ども達こそ、育児にそれなりの専門的知識が必要と感じています。
早期から発達障害の特性に応じた関わり方、教え方をした子と、そうでない子との差が、成長するほど、大きくなります。ですから、診断されなくても、傾向があるとされた段階で、発達障害児の子育てを学んでほしいと思います。

障害か、個性か・・・
レッテルを貼るために診断、評価するのではありません。
特性や能力障害から上手くできないことを叱られてばかりいると「どうせ自分なんて」「どうせダメなんだ」と努力もやる気もなくなり、自己否定な大人になっていきます。
特性や能力障害を正しく評価し、努力が成果に結びつくように工夫する。一緒に考える。一緒に喜ぶ。それが、子どもをありのまま、丸ごと受け止めるということです。

子どもは、脳の発達期です。
子どもの特性は、どんなものも「障害」であり「個性」です。その区分は、あなたが今子どもに向けている視点にしか過ぎません。どちらか片方を選ぶものではありません。「障害であり個性である」両方の視点を持って、子育てしていくことが、子どもを適切に支援し、子育てを楽しむことにつながります。

最近は「発達障害」がテレビなどで取り上げられているためか、我が子の発達の問題を指摘されても、親側の受け入れや対応が早いようですね。10年前は、母が感じても、指摘されても、夫が祖父母が理解してくれず、支援も受けられないという例が多かったのですが、いい方向ですね。









posted by 佐藤 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月27日

〜脳の配線〜

犬や猫の赤ちゃんが生まれた時、
犬は犬としての、猫は猫としての脳の配線ができています。
ところが、
人間の赤ちゃんだけは、脳の配線がほとんどできていないまま生まれてきます。
世話をしてくれる人との肌の触れあい、言葉や態度などの心の触れ合いによって脳の配線が組まれ、人間形成の基礎がつくられていきます。
それだけに、幼児期の子育てが、とても大切です。

うちの子は、幼児期を過ぎたという方、大丈夫です。
気づいたときが出発点です。(家庭教育で学びました)

子育ては、まず子どもの心、思いを聴くところから始まります。
赤ちゃんなら、赤ちゃんの。
3歳なら、3歳のその子の。
小学低学年なら、低学年のその子の。
反抗期なら、反抗期のその子の。
思春期なら、思春期のその子の。
心の奥の、本当の思いを聴くことです。

教えること、命令すること、脅迫することばかりしていると、
違う方向に、脳の配線が・・・

人を思いやれる。自分の命、他人の命を大切にできる人に育てるには、
まずは、子どもの思いを聴いて下さい。
言葉だけではないです。表情、声のトーン、態度・・・
反抗期では、あまのじゃくだったり、わざと注目して欲しくて、逆効果のことをすることも。

自分が、子どもだった頃を、少し思い出してください。
素直に親に話せた頃。
素直じゃなかった頃。
甘えたかった頃。
一人前だと認めて欲しかった頃。

しっかり聴いて、しっかり伝えてあげてください。
「あなたは、大事な存在。あなたはあなたでいい。ちゃんと育っているよ。」
「あなたは私(私たち)の宝物。」







posted by 佐藤 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月26日

〜人との出会いが人生をつくる〜

昨日、テレビから聞こえてきた「人との出会いが人生をつくる」という言葉。
本当にそうだな〜と思い、急いでメモしました。
ブログに使えるわ〜。
毎日、何を載せようか考えるので。
このブログを見てくれる方は、ただヒマな人ではなく、何かヒントが欲しい方だと思うので、
少しでもその思いに応えたいと思っています。

今でこそ、NPO法人を立ち上げて、講師など行なっていますが、
元々は、知的障害>発達障害の娘に振り回されて、子育ての自信も失い、ボロボロの母親でした。
そんな私が、
・同じような子どもを育てる、いつも前向きな2人の母親に出会えたこと。
・毎日の幼稚園での問題行動でも、いつも上手く対処し、私を励まし続けてくれた先生方。
・学校を楽しい所にしてくれて、娘に自信をつけてくれた先生方。
・娘のことを、よく理解し、一緒に育ててくれる児童デイサービスの先生方。
・スゴすぎるベテランの里親さん方。
・発達障害親の会を運営している、先輩の母親の方々。
・我が子の将来を考え、事業を立ち上げた母親方。
・前身の「発達障害児とママのためのサークルタンポポ」で、出会えた母親方と出会えた講師方。
・ボランティアで、子ども、親子の支援に、全力で関わっている方々。
・ペアレントサポートを手伝ってくれる、様々な方々。

人との出会いで、少しずつ広い視野を持てるようになり、自分と娘の狭い思考から、他の母親も応援できたらな〜。勉強出来るところがあったらな〜。私も勉強したい。と変わり、一歩一歩進んで来ました。振り返れば、自分にも自信がつき、素敵な人たちに囲まれ、みんなで歩んでいます。

今、苦しい方、
素敵な人を探してみてください。

「貴方の周りに人が10人いるとしたら、
2人は、あなたの見方になってくれる。
2人は、足を引っ張る。
他の6人は、「いいね」と言いながら、何もしてくれない傍観者。」
だと、本に書いてありました。
全ての人が、貴方や子どものことを理解し、見方してくれる訳ではありません。

私も、出会えて良かった方々とは逆の方も、何人も出会いました。

人生は、山あり、谷あり。
その中で、素敵な人、尊敬できる人、学べる人、出会えるといいですね。






posted by 佐藤 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2019年08月25日

〜愛情よりも安心〜

発達障害ある子、HSC(ひといちばい敏感な子)、虐待を受けた子。
みんなに、共通なのは、
そうでない子ども達より、何倍も「安心」を求めています。

発達障害児者の親が
「小さい頃から、いっぱい愛情かけて育てているのに〜」
「上手くいかない」「愛情が伝わっていない気がする」と言うのをよく聞きます。

実は、愛情は、曖昧で、実感しづらいものです。
相手の気持ちを感じる(認識する)のは苦手。
そして、自分自身の感情を自覚(認識する)こと、伝える事も苦手です。
愛情という概念は、自閉症の人々にとっては、
かなり難しいことです。

では、どうしたら上手くいくのか。
それは、「安心」を与えることです。

発達障害、HSC(ひといちばい敏感な子)、虐待、
子ども達は、みんな強い不安感を持っています。

・発達障害児者にとっては、脳の発達の凸凹特性から起こる不安。
(見通し、概念、曖昧が苦手で、頑張っているのに怒られる。わからない不安)
・HSC(ひといちばい敏感な子)にとっては、その子の性質からおこる不安。
(感受性が強く、なんでも敏感に感じ、気にし過ぎ、疲れやすく、不安になりやすい)
・虐待を受けた子にとっては、虐待の経験から起こる不安。
(自分は大事にされない存在、無力感が続き、とても自己肯定感が低く、強い不安がある)
これらの子に「安心」を与えず、「不安」を与えていくと、あっという間に二次障害を起します。

「安心できる環境」と「安心できる人」が大事です。

安心できる環境・・・
・発達障害がある子にとっては、どこで何をすればよいか分かりやすい環境、見通しがわかる環境。周囲の雑音や視覚的情報を減らせる場や、落ち着ける静かな場所。近所、学校、地域の人たちが、温かく見守って、手助けしてくれる環境。
・HSC(ひといちばい敏感な子)は、疲れやすいので、頑張らせ過ぎず、その子のペースで、身体や心を休ませてあげられる、失敗しても、「いいんだよ、大丈夫だよ」と、親をはじめ、学校の先生も、その子の特性を理解してくれる環境。
・虐待を受けた経験のある子は、施設、里親や親戚の家庭で、暮らしていくなかで、求めるのが「居場所」と「自尊心」。居場所とは、今だけでなく、将来の居場所。将来にも続く心の居場所。自尊心は、誰からもイヤなことをされない、言われない、自分を1人の人間として、認めて欲しいし、認めてもらっている安心感が欲しい。

安心できる人・・・
子どものことを理解しようとし、認めてくれる、困った時には助けてくれる人。
子どもは今何を考えているのか、子どもは何に興味を持っているのか、子どもはどんなことを求めているのか。知ろうとしてくれる、感じてくれる、共感してくれる人。
そんな安心できる人が、一人いるかいないかで、人生大きく変ります。

「安心」を与えてくれる人は、「信頼」に。
「安心」の積み重ねは、「安定」に、「自信」に。
「安心」は、問題行動を減らし、やる気(意欲)を引き出します。

ですから、その子にとって、何が「不安」で、どうしたら「安心」につなげられるのかを考えることです。
だからといって、学校が不安だから、ずっと不登校でいいよ。という訳ではありません。
学校で、何が困るのか、何がイヤなのか。気持ちを誰にどんな方法で伝えたらいいのか、工夫することはできないか。色々、子どもと、先生達と、考える、相談することです。結局不登校になっても、自分のために色々してくれた親の愛情、気持ちは伝わります。

子どもは、やがて大人になります。
しっかり「安心」を得た子どもは、自分から、自分のペースで、成長します。








posted by 佐藤 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月24日

〜病気になれない。ケガできない!〜

小さい子がいたり、発達障害の子がいたり・・・
母は、病気できない。ケガできない。と思いますよね。

昨日、足を痛めた知人に会い、私も気を付けようと思いました。
私、ドジなので・・・。

今まで、四十肩(右)、五十肩(左)で、それぞれ悪化して、1年以上治るまでかかり・・・
左手首の骨折。左膝痛で杖をついていた時も。

誰も優しくはしてくれません。痛み止めを飲み、何とか工夫して家事と娘の世話をしなければなりません。片手で畑仕事もしていました。今振り返っても、よくやったな〜と思います。

もし、私が入院したらと思うと、とても不安です。
知的障害のある発達障害の娘が、とても心配。

そこで、定年?した家にいることの多い夫に、少しずつ家事を移行し、出来ることを増やしています。(私より、几帳面)
問題は娘。父親(夫)と二人だけだと不安で「気持ちが、こんがらがるの」と娘の表現。
以前より、ストレスが減り、温厚になった夫。でも、娘にとっては、緊張する「人」のまま。
私と離れたくないのではなく、私がそばにいると安心、母は安全地帯。父親がいるときは、母がいないと不安。

でも、近くに住む高齢の義母の介護が始まれば・・・私がもし入院したら・・・、と考えると、今から、練習してもらわないと、少しでも慣れておいてもらわないと。
突然では、娘はストレスをためて、えらいことになる。

春、義母のサポートが、少し必要な時期があり、夜だけ、私が泊まりに行きました。
練習にもなるので、説明し、娘のお風呂も夕ご飯も終わらせ、あとは寝るだけにして・・・。
朝食は、夫にお願いして・・・。
数回、泊まりに行きました。
朝、帰宅すると、娘は、「ちゃんと寝たよ!ご飯たべたよ!」と報告し、ホッとした表情。
「偉かったね、ありがとう〜」と褒めます。よし、よし。
夫は、「夜中に目が覚めて、寝坊しないか気になり、眠れなくなり、寝不足だ!」
「あ〜だの、こ〜だの」。
問題なのは、娘ではなく、夫の方でした。
義母が元気になり、最近は、泊まりに行っていませんが、
時々、練習させなきゃ、と思う母です。







posted by 佐藤 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月23日

〜「様子をみましょう」?〜

発達障害かもしれない?
親が思うか、周りから勧められたか、どちらにしても、
病院に行き、検査するけど、診断が付くほどではなく、
医師に「様子みましょう」
そう言われて・・・。

診断が付くほどではないから、大丈夫と思う。
何もしなくていいと考える。
それは、大間違いです。

診断名を付けるには、「診断基準」に、その子が基準を充していないと、付けられません。
発達障害という診断名はありません。
「自閉症スペクトラム(障害)」「ADHD」「LD」この総称が発達障害なのです。
それ以外でも、脳の発達の偏りで起こる、「協調性運動障害」、こだわりのない自閉症「コミュニケーション障害」、以前使われていた「広汎性発達障害」など。それぞれに、診断基準があります。子どものうちは、成長期、発達期である為、診断を確定するのが、難しいことも。
ですから、「診断名を確定するのは、もう少し様子をみましょう」と医師は言います。

ですが、病院に行くというのは、それなりに、困っているからです。
困っているのは、誰か。
一番困っているのは、子ども本人です。
診断名が付こうが、様子を見ようが、
親は、困っている子どものことを、理解し、適切な支援が必要です。

なぜなら、幼児期の頃からの理解や支援が、遅れたり、不足したりして、
子どもに過度なストレスがかかりつづけ、二次的問題を起こしている子が多いのです。
過度な不安。過度な緊張。意欲が極端に低下する抑うつ症状。不安が高じて強迫性障害。頭痛や腹痛の身体症状。いじめ。不登校。ひきこもり。チック。PTSD。など。
問題の定着や悪化を防ぐため、早い段階での対応が必要なのです。

もしかして、発達障害?と思ったら、すぐに、発達障害児の子育てに準じた関わり方をしてほしいです。専門家に相談したり、正しい情報を得てください。(ネット情報、本にも、偏っている、間違っている情報があります。色々な情報をたくさん見ることを勧めます。)
このブログに以前載せた記事も、一つの参考にしてくれると嬉しいです。

旭川市では、「疑い」でも支援につなげようとしてくれます。ありがたいことです。
地方に住み、支援を受けられない方、それこそ親が果たす役割は大きいです。

特に母親は、「しつけができていない!」と責められたりして、辛いですよね。
子どもは「頑張っているのに、どうして怒られるの?なんでわかってくれないの?どうしたらいいの?」と辛いのです。
自閉症の東田直樹くんが中2の時に書いた本「自閉症の僕が跳びはねる理由」に書いてあったと思います。「僕のことで、家族が苦しむ、悲しむことが一番辛い。」って。

子どものためにも、家族のためにも、様子を見るという「放置(理解も支援もしない)」は、しないでください。









posted by 佐藤 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年08月22日

〜コグトレ〜

コグトレって、ご存じですか?

児童精神科医、宮口幸治氏が、少年院勤務の時に、困っている子ども達のために、作った認知トレーニングのことです。

少年たちが、何に困っていたかと言うと、
簡単な足し算、引き算が出来ない。漢字が読めない。簡単な図形を写せない。短い文章ですら復唱できない。(身体が不器用)。
見る力、聞く力、想像する力がとても弱く、そのせいで聞き間違えたり、周りの状況が読めなくて対人関係で失敗したり、被害的になったりしていたのです。そしてそれが非行の一員にもなっていたということでした。

現在学校教育現場でも、注目されている「コグトレ」。

<困っている子どもの様々な行動>
・コミュニケーション力が乏しい
・対人関係が苦手
・融通が利かない
・想像力が乏しい
・相手の気持ちがわからない
・衝動的になってキレやすい

<困っている子どもの特徴>
@認知能力の弱さ
A感情統制の弱さ
B融通の利かなさ
C不適切な自己評価
D対人スキルの乏しさ
+身体的不器用さ

これらに、着目し、学習の土台をつくる、社会性を高める、身体の使い方を学ぶために作られた認知トレーニングです。

興味のある方は、本も色々出ていますし、ネットで調べて見てください。

ただ、「これいいわ!」と
がむしゃらに、子どもにやらせないでくださいね。
子どもも、楽しめる。「できた!」で終れる、
毎日、少しずつ、続けられることが大切です。








posted by 佐藤 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき