CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月31日

〜食事用はさみ〜

私のバッグには、いつも食ばさみが、入っている。

小さい頃から
せんべい、クッキーは、小さく割ってから食べている。
少しずつ、歯でかんで、が出来ない、イヤだと言う。
肉系は、一口大にカットしないと、むりやり口にいれてしまう。
イカリングは、カットしないと、飲み込めない。
口の周りの筋肉を上手く使えず、かみ切るのが苦手な子が多い。
あまり噛まずに飲み込む子。飲み込んでいないのに次々口に押し込む子。
発達障害を持つ子に、わりと多い。

娘は、あまり噛まずに飲み込む子。
噛みちぎれず、途中で、「もう食べない!いらない!」と皿ごと宙に舞うか、
むりやり口に押し込む子だったので、食ばさみで、切ってあげていました。

今は、皿ごと宙に舞うこともないですし、
噛み切ることも、少しずつ出来るようになりました。
まだ難しいと思う物は、切っていますけど。

最近は、外食に行った先で、食ばさみを使うのは、
おばあちゃんと行く回転寿司くらい。
おばあちゃんも、娘も、
イクラなど軍艦巻きの海苔が噛み切れない。
イカやタコなども、カットが必要。
さすがに、回転寿司で、フォークやナイフは、置いていないから。

娘のためから、おばあちゃんのために、
バッグの中の、ピンクの食ばさみは、活躍しています。









posted by 佐藤 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月30日

〜負けたくない〜

夏休み。

娘が利用している児童デイサービスでは、
午前中に、ラジオ体操とお勉強(宿題)をし、午後からは、その日の活動をしています。

年下の子のお世話が大好きな娘。
同じ曜日に来る、仲の良い年下の男の子A君がいます。
娘は優しいお姉さんのように、お世話をしているらしい。
(デイからの連絡帳に、よく書いてある)

先日、デイから帰宅した娘が
「A君に負けた!」そして、「負けたくない!」と。

何のことか聞くと、A君の宿題の方が、難しかったようで、ショックだったようです(笑)

今まで、誰かに負けても、「○○ちゃん、すごいよね〜!」と、言っていたのに、
「負けたくない!」なんて、成長してきた?

この、子ども自身が「負けたくない!」と思い勉強等をしようとするのと、
親から「頑張りなさい!」と言われ勉強等をするのとでは、大きく違います。

娘には、「あなたも、いっぱい練習したら、出来るようになるよ。(たぶん)」
(いっぱい練習して、習得。でも、すぐ忘れる娘の脳・・・)
「夏休み中も、頑張ろうね。」

今年は、精神的に安定している。
だから、チャンス!

興味を持たせて、上手く脳に入力させるには・・・
娘の入力しやすい事、タイミング、量、を楽しく繰り返す。繰り返す。
私が、頑張らないと・・・。


夏休みの宿題がいっぱいで、子どもも親もストレスとの話をよく聞きます。
夏休み前から、宿題や作品作りがイヤで、不安定になっている子。
毎年、怒りつけながら、させているという方。
絶対無理だから、ほとんど母が教えて書かせている。
量が多すぎるから、担任に言って減らしてもらった。
など、色々な話を聞きます。

宿題にかなりのストレスがあるのなら、
わからない、できない、のです。
大人も、わからない、出来ないことを叱咤激励されても、辛いだけ。
優しく教えてくれると、助かります。
子どもも同じです。

定型発達の子で、頑張れる子は、自力で考えてできても、
発達障害、落ち込みやすい子は、サポートが必要です。
「なんでわからないの?」ではなく、「何がわからないの?」
そんな風に、寄り添ってあげて下さい。
一つ出来たら褒めて、一つ出来たら褒めて、
余裕があれば、ですけど・・・。

一緒に勉強すると、
どれくらいわかっているのか、子どものこと、わかります。
子どもとの、大事な時間です。






posted by 佐藤 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月29日

9月6日(金)「サロン」

8月、講演会やサロンはお休みです。

9月の活動予定
まず、
9月6日(金)サロン(ざっくばらんな茶話会形式)
今回のゲストは、
不登校を考える市民ネット「オアシス」
旭川と近郊の不登校の子を持つ親の会。
その「オアシス」の事務局尾崎紀子さん。

尾崎さんは、オアシスの事務局もされていますが、
大人の女性を元気にする活動をされていたり、
すてきな方です。

お子さんが不登校とか関係なくてもOK、
尾崎さんの話を聞いてみたい、話をしてみたい方。
こぢんまりとしたサロンですが、是非、どうぞ。
詳しくは
http://asahikawa.genki365.net/gnka07/mypage/mypage_sheet.php?id=66975


posted by 佐藤 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2019年07月28日

ペアレント・トレーニング6月コースを終えて

当法人独自の、ペアレント・トレーニング(Growing up アドバイザーコース)6月コースが終わりました。
終了時の、アンケートの、感想欄に、
とても嬉しい感想が書いてあり、紹介したいと思います。

幼い子を育てている方です。
〜この講座を受講するまでは、“しつけ”というもののイメージが、とてもネガティブなもので、「親の言う事を聞かせる」「言う事を聞かない場合は、怒鳴る」という印象でした。
本当のしつけは、子どもと親の良い関係を築くために行なうものということが理解できました。
しつけの具体的な方法を学べました。今後の子育てに役立てていきたいと思います。〜

講座の初日、不安そうだった彼女の表情が、変って行くのを、嬉しく見ていました。
何が良くて、何が悪いのか、手探りでの子育て。
この講座を受けることで、道しるべができます。

学んだこと、気がついたこと、
きっと子育てに活かしてくれることと思います。
フォローアップで、また会う日が、楽しみです。



posted by 佐藤 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年07月27日

〜言葉通りに、真面目に〜

昨日から、娘は夏休み。
1学期頑張ったご褒美に、西イオンのバイキングのお店に、母と2人で行くことに。
娘の好きなデザート(白玉、オレンジ、アイスなど)があり、頑張ったご褒美で、年2〜3回利用しています。

お店は、11時オープン。
10時頃には、イオンに着き、百均で、夏休みに使う物を買う予定で。
その前に、私の用事があり、サービスカウンターで、調べてもらっている間、
娘は10メートルほど離れたところにある休憩スペース(長いす)に、座っていました。
目の前の自販機で飲み物を買いたいと、財布をとりに来て、
「大丈夫、自分で出来るから!」と、自販機に向かいました。
サービスカウンターでの用事に時間がかかっている間、ちらちら娘を見ていました。
すると、向かい側の長いすに腰掛けていたおじいさんが、ニコニコしながら、自販機の前に立つ娘と、話をしています。話というより、声を掛けているといった感じで。娘もニコニコ何か適当に答えているようで・・・。
間もなくして、「ママ〜!」と、呼ぶ声。飲み物が買えないらしい。
いつもの自販機と違い、「現金でお支払い・はい・いいえ」などのタッチ式。娘には無理。
急いで行って、欲しい飲み物を買い、もう少し待っているように言いました。
ようやく用事が済み、振り返ると、近づいて来た娘は、
「帰る〜!イヤだ〜!ザワザワしてうるさい〜!」と、不安定まっただ中。
おじいさんは、ニコニコしながら、不思議そうな表情。おじいさんに、一礼し、
娘に「どうしたの、落ち着いて」と声を掛けるが、「イヤだ〜!帰る〜!」が、おさまらない。どんどん声も大きくなる。

状況から、理由はわかるので、娘の気持ち、パターンを考え、「ダメ、ギャーギャー言わない。まずは、静かな所で、落ち着くよ。」強めに言って、静かで誰もいない和食店横の長いすに、連れて行きました。
私「おじさんから、声掛けられて、どう答えたらいいか困ったの?」
私「何を、いわれたの?」
娘「わかんない」
私「困るから、声かけて欲しくないのに、声かけてきたから、どうしていいか、わからなくなったの?」
娘「(うなずく)」
私「わかったよ、困ったんだね〜」と、話をして、娘は、少しずつ落ち着き、
私「おじいさんは、困らせようとしていたんじゃないよね。それはわかるよね?」
娘「うん」

その後、百均に行き、無事、バイキングのお店にも行きました。

後で、考えれば、
私が「ここでまってて!」と言ったことで、困っても娘は動けずにいた。
私が、「困ったら、お母さんの所に来てね」と言っていれば、すぐに、来れたはず。
私の用事が済んで(お辞儀をした私を見て)、待つことが終わったと判断し、私のもとへ来たけど。待つ間は、ここで待たなければと、我慢していたのだ。

自閉症の特性「言葉通りに、真面目に」。
知的障害や認知の低さから、相手が違うと「何を言われているか、わからない」「何を答えていいかわからない」考えているうちに、次々言われると、パニックになる。
娘の特徴です。











posted by 佐藤 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月26日

〜草の根のつぶやき〜

ペアレントサポートの活動は、
子ども達が、1人でも多く、健やかに育つよう
親や支援者に、正しい知識を学べるように、
親が子育てのスキルを身につけ、孤立しないように、
そんな思いで、学習支援活動を続けています。

今年は、「北海道ろうきん社会貢献助成制度」から、10万円の助成金を受けることができ、安心して活動できます。人件費なしの、ボランティアでの活動。草の根の活動です。

草の根の原動力は、「怒り」でした。

「発達障害」と診断されても、具体的に発達障害児の特性や、育て方、将来など、わかるように、腑に落ちるように教えてくれるところがなく、
ただ「お母さん、頑張って!」「母親でしょ!」と言われ、

「里親研修」で、子どもに発達障害があると虐待のリスクが高い。と知り、
あるとき、「発達障害がある子だから、叩いたってダメだって、指導しているのに・・・また、怒って虐待した、ダメな母親で、困ったもんだ」との、言葉を聞き、怒りを越え、悲しかった。
私は、そのダメな母親の気持ちが、よくわかる。
もちろん、私は、娘を叩かないけど・・・。
怒鳴ることしか、叩くことでしか、方法を知らなければ、
周りにサポートしてくれる人が、いなければ・・・。

児童虐待も、障害者虐待も、高齢者虐待も、
子どものこと、発達障害のこと、障害のこと、高齢者、認知症のことを、
知らない、正しい知識が無いから、
こちらの思うとおりにならないイライラをぶつける。
それが、虐待に。
(もちろん、ニュースに出るような、最悪の親もいますが)


「親」だから、「里親」だから、「子育て支援者」だから、
何でも、我慢して、頑張れる訳ではありません。
やはり、正しい知識、周りのサポートが必要です。

イギリスをはじめ欧米北欧では、発達障害児者や親の教育、支援は、進んでおり、日本は後進国。
各専門の人材育成が進んでいません。

だから、今は、
行政だから出来る支援と
民間だから出来る支援で
一歩、一歩、
そんな思いで、
試行錯誤しながら、歩んでいます。














posted by 佐藤 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月25日

〜その言い方〜

同じセリフでも、言い方一つで、相手をホッとさせたり、逆にイライラさせたり。

子どもは、相手(特に大人)から言われるとき、
1番目に、表情。
2番目に、声のトーン。
3番目に、話の内容。
の、順に、入るそうです。

表情と、声のトーンで、「イヤだな、話聞きたくないな」となるか、
「話を聞かなきゃ」と、思うか、意外と大切です。

子どもに向かって教える時に、
大人同士の会話でも、
上から、押さえつけるような
強い指示、注意に感じる言い方・・・
有無を言わせない、口調の方が
たまに、います。

揺るぎない自信、正論を言っているのですが、
言われた方は、コワイです。
子どもなら、余計に・・・

特に、お若くない方に、多いです。(個人的感想)
私も、若くないので、
たぶん、
私達の育ってきた時代は、
親や先生が、上から押さえつけるように、
ガミガミ言って、子どもの思いを無視して、
正論を押しつける、時に怒鳴りながら、
育てられてきました。
それが、当たり前でした。

それと、
遠慮無く、自己主張できるだけの、
経験、年令、立場・・・も関係しているのか。

女性も、男性も、
その言い方、
相手を不安にさせている、イヤな気持ちにさせていること、
気づいていない。「くせ」のようになっている。

もしも、あなたが子どもだったら、
「だからっ、言ったでしょ!」と、強い口調で言われるのと、
「だからね、言ったでしょう」と、さとすように言われるのと、
どちらが素直に聴けますか?

諭す(さとす)
よくわかるように、やさしく言う。教え、導くこと。

言い方に、少し気を付けると、
親子関係、人間関係が、少し上手くいくかもしれませんね。








posted by 佐藤 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月24日

〜毎日、脳トレ〜

馬を、水飲み場に連れて行くことはできるけど、水を飲ませることはできない。

馬は、自分の意がなければ、飲まないから。

子どもに、「勉強しなさい」「頑張りなさい」と、言っても、
子どもに、学ぼう、覚えようという気持ちがなければ、身につかない。
生活習慣でも、コミュニケーションでも・・・。

子どもにして欲しいこと、止めて欲しいことがあるとき、
具体的に、して欲しい行動を伝え、見せて、させて、褒めて・・・。
それが、効かない時は、
子どもが、したくなるように、言葉を掛ける。

ただ「しなさい!」ではなく、どう、その気にさせるか。
親の頭の回転がものをいう。
まさに脳のトレーニング。「脳トレ」。

私のやり方を見ていて、最近は、夫も、上手くなりました。

朝、なかなか起きてこない娘。
夫が、「お父さんも眠いな〜一緒に寝ようっと」と、添い寝すると、大抵、ガバッと、起きてくる娘。それでも、昨日は、眠気が強いのか、起きてこない。
そこで、お祭りで買った、グロウイングペット(水にいれておくと、卵からひよこが孵り、大きくなる)のひよこが食卓テーブルの上に置いてあったので、「ひよこも、待っているよ」と言った後に、夫が「なんだ〜、ひよこ、大きい!」と、大げさに叫んだので、娘は、飛び起きてきました。

中学の男の子の母は、宿題やっていないとわかると、「スゴいね、もう宿題終わったの〜えらいじゃん!」」と、大げさに褒めると、あわてて宿題しだすよと、話してくれました。

「○○しなさい!」上から指示、「だめ!」上から注意だと、逆に言うことを聞かない子(特に反抗期)の場合は、出来るだけ、本人がそうしたくなるように、変化球の言葉がけをするといいですよ。
そして、やるべきこと、して欲しいことをしたときには、ちゃんと褒めること認めることを忘れないで下さい。その積み重ねが、次に、繋がります。

子育ては、毎日、脳トレです。




posted by 佐藤 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月23日

〜大器晩成(たいきばんせい)〜

子どもは、みんな、大器晩成。

発達障害は、もっと、大器晩成。

脳は、胎児期から、20歳頃まで、発達します。
20歳頃には、ネットワーク、システム、脳の形が整います。
(大人の脳は、経験や知識を通して、総合的に考えられる脳機能の充実期)

言い換えれば、それまでは、成長中、発達中の脳なのです。
子どもの脳は、大人の脳のミニチュアでは、ありません。

持っている才能を、大人になり、発揮出来るか、出来ないかは、
親や周りの人の環境です。親や周りの人の関わり方です。

目の前にいる子どもの「今」だけではなく、
子どもの未来につながる、自尊心、好奇心、人としてのあり方、
子どもの成長に合わせて、教えていますか?

子どもは、「夢」を持っていますか?

posted by 佐藤 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

〜怒る・怒りはどこから〜

子どもの行動には、子どもなりの理由がある。

親の行動、言動にも、親なりの理由がある。

怒るとき、
危険なことに「感情を込めて」怒る→子どもにダメを教えるため。

だけど、たいていは、
親の思いと違う、想定外のことを子どもがしたことで
親自身がプチパニックになり、「感情的に怒る」ことが多い気がします。

特に、朝の忙しいときに、時間のかかることをされたら、激怒する。
時間に余裕があるときなら、そんなに怒らないけど・・・。
同じ「こぼしてしまう」でも、水の時と、ジュースの時では、怒り方が違ったり・・・。
子どもの行為で、親が困ることに繋がる〜遅れる、汚れる、拭く手間。
同じことをしても、親の都合で、怒っている。

親に、時間的、精神的余裕がないと、感情をぶつけて怒ってしまう。

ということを、自覚出来るか、出来ないか。が大事です。

こぼしたら、ただ怒るのではなく、「拭く」ということを教え、「大丈夫、今度はこぼさないように気を付けようね」と、言えばいいのです。

しつけとは、教え、褒めて、身につけさせるものです。怒って、叩いて、押しつけるものではありません。

とはいえ、幼児期のお子さん、それも、子どもが、2人3人といたら、余裕なんて、ありません。
わかっているけど、出来ません。そんな自分が嫌で・・・というママも、多いです。
「自分の都合で感情的に怒ってしまった」と、自分を責めないでください。そのことに、気がついているあなたは、素晴らしいのです。意識していれば、余裕が出来たときには、上手くできます。
子どもも、成長します。ママも、成長します。

私は、娘が何かやらかす、とか、行かない!と騒いでいると、(離れられるときは)トイレに入ります。
私の怒りのクールダウンと、この後、どう動いたら?言ったら?かたづける順番は?時間の変更は?仕事の変更は?色々なことを想定し、色々なパターンを、考えます。子どもの前だと、怒りで頭が真っ白になり、思考出来ないからです。
怒りをただクールダウンしたいときは、洗面所に行き、鏡を見る(コワイ顔がそこにある)。
どうしようと考えるときはトイレに行く。私のパターンです。

完璧な親はいません。完璧な子どももいません。
大事なのは、ママも、子どもも、自己否定しないこと。
大丈夫、大丈夫、大丈夫。
ママも、パパも、子どもも、経験を積んで、時間を掛けて育ちます。

怒りの元は、余裕のなさと、知識のなさからくることも多いです。
保育園や、幼稚園の先生って、スゴいな〜と思ったこと、ありませんか?
それは、「子どものこと」を、学んだ専門家だからです。
本屋には、幼稚園、保育園の先生方向けの手引き書がたくさんあります。
ちょっと、参考にするといいですよ。






posted by 佐藤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき