CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月30日

4月26日発達障害講演会「自閉症スペクトラムへの支援と療育」報告

DSCN3971.JPG講師は、指定障害者支援施設つつじの里、自閉症ユニット支援員の桑原一樹さん。
自閉症の特性やそれを活かした支援の仕方を教えていただきました。

「見通しを持つ」ことが苦手な自閉症児者に、見てわかるスケジュール、見てわかるスモールステップの手順書、見てわかりやすい環境づくりが必要とのこと。ひとりひとり、わかる手立て(写真、絵、文字、量など)が違うので、その人に合わせた工夫が必要とのこと。

私達は、自閉症児者のことを、よくわからない「児者」と思うけど、彼らから見ると、私達の世界は、わからない「世界」だと思うようです。少しでも、私達の世界がわかりやすく、生活しやすくなるよう、この手立てが、とても重要だそうです。
posted by 佐藤 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年04月28日

5月のサロン

5,21(サロン).pdf5月のサロン予定は
5月21日(火)10:00〜12:00
旭川市障害者福祉センターおぴった
お菓子をつまみながら、気軽にゲストや参加者と、お話出来ます。

今回のゲストは、伊藤美子さんです。
社会福祉士、精神保健福祉士、発達支援コーチ、家庭教育などを活かし、発達障害があっても無くても、子育てについて語り合う「にじいろサロン」や、無料学習支援とご飯と遊び場「おむすびころりん」をされている、知る人ぞ知る、伊藤美子さんが来てくれます。
HSP(ひといちばい敏感な人)の話や、将来働くときにために、今しておくとよいことなど、少しお話もしてくださいます。

参加費500円
定員10名
申込み 090−9083−2817




posted by 佐藤 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2019年04月23日

ペアレント・トレーニング・ワークショップ

DSCN3965.JPG4月22日、当法人ペアレント・トレーニング「Growing up アドバイザーコース」の、紹介講座として、ワークショップを開催しました。

「Growing up アドバイザーコース」は、発達障害があるなしに関係なく、乳幼児期から高校生期までの子育てに対応しています。又、親だけではなく、支援者も学べます。

内容は、「脳の発達・発達障害」「CSP(コモンセンス育児法)」「家庭教育」の3つを5回で学ぶものです。視点の違うものを学ぶことで、より子育てに活かしやすくなります。

私(佐藤)自身、CSPと家庭教育に出会い、本当に助けられました。今も、山あり谷ありの子育てですが、自信をもって毎日をおくれます。

ワークショップの中で、お話したことから少しご紹介します。

子育てで大切な親の役目は、「育む」ことと、「教える」ことです。
「育みの行動は、子どもが「自分は親に受け入れられている、愛されている」と実感できる、大切なことです。育みの行動は、子どもと一緒に過ごすとき、いつでも出来ます。微笑む、話しを聞く、目を合わせる、褒める、スキンシップ、一緒に遊ぶなどです。

しつけとは、教え、導くことです。そのためには、行動を具体化し、わかるように教えることが大切です。「ちゃんと、きちんと、しっかり、ちょっと、もう少し、、、」子どもには、よくわかりません。具体的に、わかるように話すことです。良い行動も、悪い行動も、して欲しい適応行動も、具体的に伝え教えることです。

ペアレント・トレーニングにも、色々あります。自分にあうものを探したり、学んでみるのをおすすめしています。子育てに関する引き出しを多く持っていると、成長に合わせ、状況に合わせ、臨機応変に対応出来、「これでいいのかな?」という不安が少なくなります。
posted by 佐藤 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2019年04月19日

4月のサロン

DSCN3962.JPG今回、発達障害児とママのためのサークル「タンポポ」のときからつながっている、家族法務を専門分野としている行政書士の佐々木啓さんをゲストに、飲み物と菓子付きで、サロンを開催しました。

旭川「親なきあと」相談室もされている佐々木さん。障害のある子の親亡きあと問題、親のいる間の準備や、親なきあとの実際などもお話下さいました。

「子どものことを考えたら死ねない」と話された参加者さん。みんな同じ思いです。だからこそ、しっかり、考え、困ったときに○○さんに連絡すれば大丈夫!という仕組みをつくることが大事です。

気さくな佐々木さん。参加者とスタッフと、笑いの多い時間でした。
posted by 佐藤 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年04月05日

「旭川の現状〜教育支援の視点から〜」

NPO法人ペアレントサポート
「発達障害」講演会

「旭川の現状〜教育支援の視点から〜」

日時 5月24日(金)10:00〜12:00
場所 旭川市ときわ市民ホール 研修室101
講師 旭川市教育委員会
      教育指導課 白石真氏
      学務課   梅津周平氏
内容 発達障害などで、特別な教育的ニーズのある子どもの様々なこと。
   就学先、支援学級、通常学級での支援。将来の進学、進路にむけた注意点。
   学校現場で取り組まれていること。
   これから就学先をきめる子や、支援を受けている児童の親向け。

   ざっくばらんに教育委員会の方に聞けるチャンスです。
 
定員  20名(関心のある方)
参加費 500円
申込み問合せ 090−9083−2817

主催 NPO法人ペアレントサポート
後援 旭川市教育委員会
posted by 佐藤 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定