CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月29日

脳の特性から知るアプローチの方法 ~平日の夜 開催〜

ペアレントサポート学習会

〜発達障害学習会〜

   「脳の特性から知るアプローチの方法」
 
 日 時  7月5日(木) 18:00〜20:00

 場 所  旭川市ときわ市民ホール 研修室101
         (旭川市5条通り4丁目)

  講 師  NPO法人 ペアレントサポート
          代表  佐 藤 隆 子

 内容  知れば知るほど、なぜ?と思う発達障害の特性。脳の発達のしくみ、
     脳の特性を知ると、発達障害のある子への効果的な関わり方、教え方が
よくわかります。親はもちろん、保育園、幼稚園、小学校の先生、多く
の方に知っていただきたいお話です。

 定員  30名

 参加費  500円 

 参加対象  関心のある方

 申込先  090−9083−2817 (佐藤)

 
         NPO法人 ペアレントサポート
posted by 橋  at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年05月28日

成長に合わせた適切な関わり方

content_image-b914c.jpeg
こんにちは、ペアレントサポートです。
5月25日にときわ市民ホールで「成長に合わせた適切な関わり方」についての勉強会を開催しました。
講師はクリーミーママの会 代表 羽賀志磨子氏にお願いしました。

今回は赤ちゃんの時期から中学生期までのお話をしていただきましたがどの時期にも、「ありのままのあなたでいい」良いところを褒めて育てることが大切ということでした。

2、3歳の頃は反抗期で悪意の無い自己中心的な時期ですが子供の思いに寄り添い、受け止め、粘り強く、諭すように導く事で、子供の好奇心や意欲、集中力など自立の能力が育ち心が伸びていくそうです。

中学生期には、自分の理想に向かう時期であり、他人の目を気にするようになります。
親に反発しながらも依存したい気持ちもある時期です。
子供を表面的に見るのではなく、その奥の心を理解してあげる事が大切だそうです。
実際我が家でもまさにこの中学生期に突入し私に反発することも増えてきました。
ですが一方で甘える事もあり子供のギャップに戸惑う事もありますが今回のお話で成長の通過点でありあたたかく見守る事が大切なのかなと感じました。


〜ひとりごと〜
中学生くらいになるとけっこう核心をつくようなツッコミや触れてほしくない痛い事、ああ言えばこう言うといった感じで子供の方も口が達者になりそちらの面でも成長をみせます。
とはいえこちらも仏様にはなれずカッとすることも多々あります。
そんな時に勉強会で得た子育ての情報が冷静に対処するきっかけになればなあと自分に期待しています。頑張れ!自分!




posted by 橋  at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2018年05月23日

自閉症の理解と子育て

ペアレントサポート学習会
〜発達障害の学習会〜
「自閉症の理解と子育て」
    日 時  7月21日(土) 10:00〜12:00
    場 所  旭川市障害者福祉センターおぴった(旭川市宮前3丁目)
             3階 映像スタジオ
    講 師  北海道自閉症協会旭川分会 旭川自閉症児者親の会
           事務局長  小 川 美 穂 氏
    内容   主に知的障害を伴う自閉症児者の親の会の事務局長。
ご自身の子育ての経験談から、自閉症の特性、対応、工夫の仕方、必ず成長することなど、わかりやすいお話で、元気、勇気がもらえます。
    定 員   15名
    参加費  500円
    参加対象  自閉症の子の親
           関心のある方
    申込問い合わせ 090−9083−2817(佐藤)

NPO法人ペアレントサポート
posted by 橋  at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年05月22日

言葉の育て方、引き出し方

ペアレントサポート学習会
〜子育て学習会〜

「言葉の育て方、引き出し方」
       
 日 時  7月10日(火) 10:00〜12:00
     場 所  旭川市ときわ市民ホール 研修室101
             (旭川市5条通4丁目)
    講 師  青 木 久 美 子 氏
札幌聾学校、小学校支援学級の教諭退職後、言葉の発達などに不安を持つ親子らに、ボランティアで指導を続ける。文芸社出版「大人が忘れた子どもの世界」著者

    内 容  大人とのやりとりの中で、言葉は育ちます。
実際どうすれば、気持ちが芽生え、言葉にしてあげられるのか。
子どもの心をつかみ、子どもの考える力を伸ばす親の関わり方を学べます。

     定 員   20名    
     参加費  500円
     参加対象  関心のある方
     申込問い合わせ 090−9083−2817(佐藤)

NPO法人ペアレントサポート
posted by 橋  at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年05月15日

ペアレントサポートの茶話会

               
ペアレントサポートの茶 話 会

6月 29日(金曜日) 10:00〜12:00
おぴった(宮前1条3丁目)  2階 和室
無料  子ども連れOK 出入り自由
申込不要

日々の子育てに疲れている方は、気分転換に!
子育てや発達に不安がある方は、相談に!

〜みんなちがって みんないい〜
〜ママの笑顔が子どもの心を育てる〜

子育て学習事業・子育て支援事業
  NPO法人ペアレントサポート
  090−9083−2817
posted by 橋  at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年05月07日

ADHDの理解と子育て

ペアレントサポート学習会
〜発達障害の学習会〜
「ADHDの理解と子育て」
    日 時  6月22日(金) 10:00〜12:00
    場 所  旭川市ときわ市民ホール 研修室101
             (旭川市5条通4丁目)
  講 師  旭川ADHD・LDへの理解を深める会 てんとうむしの会
           事務局 千 葉 智 恵 美 氏
           代 表 砂 原 由 美 氏
  内 容     ADHD・LDをはじめ発達障害児を抱える親に寄り添うため、また周囲の理解を深めに、13年前に千葉氏らが設立し、活動を続けている「てんとうむしの会」。
           まだ社会的に認知度が低く、学校生活、日常生活においても、問題が絶えなかった日々。どのように子育てをし、周囲に理解し対応してもらうために、どのような行動、説明をしてきたのか。そして、息子さんの成長。子育て時期を振り返り思うことなどを千葉氏に。
           会の活動や、現在高等支援学校に通う娘さんのいる砂原氏の話。
  定 員   20名
  参加費  500円
  参加対象  関心のある方
  申込問い合わせ 090−9083−2817(佐藤)

NPO法人ペアレントサポート
posted by 橋  at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年05月02日

脳の特性から知るアプローチの方法

こんにちは〜4月24日におぴったで「脳の特性から知るアプローチの方法」についての勉強会を行いました。
DSC_0207_HORIZON.JPG

今回の勉強会には企業の研修として参加していただいた方達もいてたくさん来ていただきました。
みなさんの関心の強さを感じた勉強会でした。

発達障害についてあまり知らない方にとって「障害って?どこが?」「病院に行けば治るの?」「育て方が悪いの?」など素朴な疑問がたくさんあると思います。

今回は発達障害について脳の発達、脳のネットワークの成長、扁桃体の形成不全や海馬の機能不全などが大きく関わっているという話を中心に勉強しました。

また脳の「働き」の発達は一生続き脳は使えば伸びるためその子の特性を理解し環境ややり方の工夫を支援することで今まで難しかった事も出来ることが増えるなどその子なりの成長を感じられる事もあるそうです。

また今はもう合言葉のように言われる事ですが「自己肯定感を上げよう!️」これが何より大切だというお話もありました。

最後には質問コーナーもあり皆さん熱心に聞いていました。

5月25日に「成長に合わせた適切な関わり方」について勉強会を開催する予定です。
場所はときわ市民ホールです。
興味のある方はぜひご参加ください。
問い合わせ、申込み 
   NPO法人ペアレントサポート 090-9083-2817(佐藤)


〜ひとりごと〜
発達障害のある子にとって新学期の新しい環境に慣れることは本当に労力を使います。
とても頑張ってみんなに合わせようとしていることも多いです。
見た感じ他の子と同じように出来ていると感じるかもしれませんが心はヘトヘトかもしれません。
ゴールデンウィーク明け何かSOSを出すこともあります。
せっかくの連休ですから心が充電出来る楽しいゴールデンウィークを過ごせるといいなあと思います。




posted by 橋  at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告