CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月22日

勉強会 褒めて育てる子育てレシピ


こんにちは〜ペアレントサポートです。
2月13日におぴったで勉強会「褒めて育てる子育てレシピ」を開催しました。

IMG_20180222_095133.jpg
当法人代表の佐藤が講師となり褒められたときの脳の状態や褒めて育った子と無関心で育った子、怒られて育った子の違いなども学びました。
参加者からは褒めるところが見当たらないという意見もあがりましたが何か特別なことが出来たときだけ褒めるのではなく朝の準備を時間通り出来た事、こぼさず飲み物を注げた事、友達と仲良く遊べた事、日常のいつもの事がいつも通り出来た事も褒めどころだと聞き褒めることへのハードルがかなり下がりました。

うちの子は以前テストで100点だと「すごいね〜」と何気なく褒めていました。
母としては本当に何気ない言葉掛けでしたが100点以外は見せて来なくなり本人も点数で自己評価しているように感じたので褒めどころはそれぞれ子供の性格や特性を考えてあげなくてはと思いました。
うちの子の場合は結果を褒めるのではなくプロセスを褒めなければ効果はないと感じました。

また家庭で実践できる褒めことばや行動をみんなで考えてみました。
子供の年齢によってもかけることばはかわってくると思いますがやはり大事なのは子供の気持ちを一旦受け止めそれからこちらの聞いて欲しい話をすることが基本なのかなと感じました。
ついつい母はいきなり「ダメ️」とか「こらっ️」とか言いがちなんですけど気を付けます(>_<)
まずは母の心の余裕が大切ということでしょう(^_^;)


次回の勉強会は3月2日おぴったで旭川市障害者総合相談支援センター あそーと センター長 西昌直氏をお招きして「福祉の制度とサービス、就労、生活」を行います。
申し込み、問い合わせはNPO法人ペアレントサポート 090-9083-2817(佐藤)までお願いします。




posted by 橋  at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2018年02月15日

勉強会 学校との連携〜すくらむの活用 パート2

こんばんは〜ペアレントサポートです。
2月9日におぴったで「学校との連携〜すくらむの活用 パート2」を行いました。

講師は旭川市教育委員会学校教育部教育指導課 課長補佐 旭川市適応指導教室長 白石氏でした。

すくらむについていろいろ教えて頂いて思ったのは支援を必要とするその子の家庭、学校、医療、デイサービス等みんなでその子の情報や支援の方向性、また支援の方法の共有が出来る事が一番の良さだと感じました。

白石氏によると福祉と教育の連携、保育園→小学校→中学校→高校→というようにすくらむの引き継ぎがとても重要だということでした。

今後、学習指導要領の改定を控えていてすくらむの活用も進むのではないかと期待も感じる反面、まだまだすくらむ活用には教師、保護者共に理解が浅くすくらむを作成しても活用するまでに至らないケースもあるようです。

すくらむは活用しないとただの書類になってしまうので教育現場、家庭での理解が深まるといいな〜と願っています。

IMG_20180215_215211.jpg

〜ひとりごと〜
娘の学校でもインフルエンザでの欠席がちらほら…。
インフルエンザは出席停止になるため1週間くらい休まなければいけない場合もあります。
休み明け行き渋ったり生活リズムが狂ってなかなか調子を戻せない場合もありますよね〜(ToT)
うちは卒業式まで残り1ヶ月位なのでこれからももし感染したら…卒業前ってイベント多し(*_*)考えただけで恐ろしい((((;゜Д゜)))
昨シーズンA、B両方感染したわが娘…今年はならないでおくれ(>_<)


posted by 橋  at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2018年02月14日

「福祉の制度とサービス、就労、生活」



      「福祉の制度とサービス、就労、生活」

   日 時   3月2日(金) 10:00〜12:00

   場 所  旭川市障害者福祉センターおぴった(3階映像スタジオ)
        (旭川市宮前1条3丁目3−7)

   講師  旭川市障害者総合相談支援センター あそーと
         センター長    西 昌 直 氏

 内容  発達障害児から者へ変わるとき。いろいろな手続きも変わります。
療育手帳、特別児童扶養手当、障害者基礎年金。就労継続A型、B型などの現状。国の方針など、これからのために知っておくとよい制度や情報など。


 定員  15名

 参加費  500円

 参加対象  関心のある方

 申込先  090−9083−2817 (佐藤)

posted by 橋  at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2018年02月08日

講演会 児童デイぱすてるが目指すこと

こんばんは。ペアレントサポートです。

1月30日おぴったで講演会「児童デイぱすてるが目指すこと」を行いました。
株式会社ドームの「ぱすてるグループ」代表勝山氏、ぱすてるホワイト代表千葉氏、作業療法士笹山氏に来ていただき、療育する際のポイント、目標、経験、将来、家庭でも役立つ関わり方、教え方などについてお話ししていただきました。

療育の際、苦手な事を行う場合には達成感や自信につながるように最後は「できた!」で終わらせることを心掛けているというお話しが印象的でした。

また、学校卒業のタイミングなど子供から大人への移行時期の切れ目ない支援が重要というお話しはとても共感できる内容でした。

2018.1.30 ペアサポ講演会 児童デイ.JPG


明日2月9日はおぴったで講演会「学校との連携〜すくらむの活用 パート2」を行います。
講師は旭川市教育委員会学校教育部教育指導課 課長補佐 旭川市適応指導教室長 白石氏をお招きします。
興味のある方はぜひご参加ください。
問い合わせ、申し込みはNPO法人ペアレントサポート 090-9083-2817(佐藤)まで。
posted by 橋  at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2018年02月04日

講演会 「褒めて育てる〜子育てレシピ」



      「褒めて育てる〜子育てレシピ」

 講師  NPO法人 ペアレントサポート
        代表  佐 藤 隆 子

 内容 怒らず褒めて育てましょうと言われる時代。
    うちの子は「褒めるところがない」と思っていませんか?
    何を、動、なぜ褒めるのか、効果的なほめ方のコツをお話します。

 日時 2月13日(火)10:00〜12:00

 場所 旭川市障害者福祉センターおぴった 会議室3
    (旭川市宮前1条3丁目3−7)

定員   15名

 参加費  500円

 参加対象  子育て中の親、関心のある方

 申込先   090−9083−2817  (佐藤)

posted by 橋  at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

講演会 「学校との連携〜すくらむの活用」 


     「学校との連携〜すくらむの活用 パート2」

 講師 旭川市教育委員会学校教育部教育指導課 課長補佐
    旭川市適応指導教室長
                白 石 真 氏

 内容 ・学校の先生方との話し合い、学校と家庭との役割分担、連携の取り方を話し合うツールの一つ「すくらむ」の活用の仕方。第二弾。
・小学校、中学校の支援学級、親学級の先生との話し合いの時に、どこまで、
     どう話したらよいか迷う親が多く、今回、教育委員会から白石氏を講師に
     迎え教えていただきます。
    *「すくらむ」とは、支援を受けている児童生徒のための、育ちと学びの応援ファイル。個別の指導計画が作成されます。

 日時 2月9日(金) 10:00〜12:00

 場所 旭川市障害者福祉センターおぴった 3階 映像スタジオ
     (旭川市宮前1条3丁目3−7)

 定員   15名

 参加費  500円

 参加対象  年長、小学、中学の支援(特別支援学級、通級)を受けている、受けるよていの子の親

 問い合わせ・申込  090−9083−2817 (佐藤)

posted by 橋  at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定