CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月04日

〜頑張れ!?〜

発達障害のある子たち
毎日、頑張っているのに
もっと頑張れと言われる・・・

頑張るって、かなり体力も気力も必要
どこまで、頑張ればいいの?
何を頑張ればいいの?

とうとう限界にきて
「頑張れない」と言ったのに・・・
「もう少し頑張れ!」って、どういうこと?

もし、あなたならどうでしょう?
精一杯頑張っているのに、
上司や夫から、出来ていないことばかり指摘され、
努力が足りない、もっと頑張れと言われたら・・・
ストレスで、胃痛など身体にきたり、うつ状態になったり、
イライラして、爆発したりしませんか?

発達障害を持つ子は、とても真面目です。
その子なりに、いつも頑張っています。
それをわからず、もっと頑張れ。我慢しなさい。怠けるな。
真面目にやれ。努力しろ。って、言われたら・・・

「ほどほど」に力を抜くのも、困っていることを伝えるのも、
不安やイライラを上手く発散したり、気持ちをコントロールするのも
かなり苦手な子達です。

二次障害おきて当然ですよね。

「頑張れ!」より「頑張っているね!」と声をかけてあげましょう。
小さなことも、いっぱい褒めてあげましょう。

発達障害をもつ子たち、みんな頑張っています。
育てる親も、みんな頑張っています。
みんな、みんな、偉いです。



posted by 佐藤 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき