CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月16日

〜「進化」が新しい障害を生む?〜

私は、アナログおばさん。
パソコンもスマホも、ストレス。
必要に迫られて、
必要なところだけ、
どうにか使っている(笑)。



会ったことのない人と、
電話やメールでだけでのやりとりは、
ものすごく不安な私。
一度でも、お会いした後なら、
なんか安心なんですが・・・



そんな私と、
今もガラケーで電話機能だけ使用の夫。
少しずつ、生活に不便さも・・・



何かを申し込もうとすると、
電話での申込みが出来ない。
毎年使っていたカタログショッピングも、
いつものコンビニ支払いでと思ったら、
WEBでの注文でしか、コンビニ支払いできない。


QRコードだ、スマホ決済だ、なんだ、かんだ・・・
必要なければ、覚える必要ない。


なのに「進化」が、「時代」が、
ついて行けない人種を置いていく。


世の中のみんな(多数)が、普通に出来ることを、
私や夫は、普通にはできない。
これからも、小さい文字は、読めなくなり、
まして知らないカタカナ言葉は、思考を停止させる。
小さい枠に、名前や住所を書く書類。
高齢者用の書類は、意地悪なほど小さい。
これからも、出来ない、わからないが増えるだろう。


世の中、便利になるかもしれないけど、
「進化」が、新しい障害を生んでいると思う。



みんなが出来るのに、自分は出来ない。
みんな、わかるのに、自分はわからない。
みんな、次に進むのに、自分はどうしたらいいのかわからない。
娘の気持ちが、少しわかる気がする。



「多様性を認めようよ」と
言っておきながら、
知的障害がある人、発達障害がある人、
身体、精神、聴覚、視覚の障害のある人、
障害とまでいかなくても、
不自由を感じる人々に、
優しい社会になっていない。


様々な人に対応できる、
色々な方法を、大切にしてほしい。
多数派だけが、利用できる、利用しやすい社会は、
少数派には、障壁、障害となる。




ありがたいことに、私には、
パソコンやスマホで困った時、
助けてくれる知り合いがいるので、
今日もパソコンが使えます。
感謝!



大切なことは、
SOSが出せること。
助けてくれる人がいること。
発達障害のある娘と同じです。





posted by 佐藤 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜

2019年11月09日

〜セミナーに参加して〜

2日間、専門職の方が対象の、セミナーがありました。
ペアレントサポートの活動を理解されている方の
お誘いで、受けることが出来ました。


テーマは
「子どもの療育と家族支援」
感想
今回は、心が温かくなりました。


2年前まで、発達障害関係の講演、研修に、
行ける時にだけですが、いくつも参加していました。
たいてい、最後に「母親の支援が今後の課題です」と
お約束のように締めくくられ、悲しい気持ちに。


今回のセミナーは、
現場で、療育と家族支援をずっとされている
医師、PT、OT、ST、保育士のお話や、特別講演があり、
(都合により全部は聴けなかったのが残念でしたが)
現場の熱い思いが伝わってきました。
パワーをいただきました。


家族支援、
簡単なものではない親支援。

時々、余裕がなくなり、心が折れそうになることも・・・

でも、親として持つ発達障害のある子の子育ての悩み、
不安を共感できる私たちだからこそ出来る親支援。

「ようやく気持ちをわかってくれる人に会えました。」

「否定されず、意見されず、話を聴いてくれて、共感してくれて、ホッとしました。」

「ここに来て、救われました。」

そう言われると、頑張ろうと思います。




私たちが、出来ることで・・・

私たちだから、出来ることで・・・





posted by 佐藤 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜

2019年10月27日

〜家庭教育〜

昨日、私が学ぶ家庭教育の講演会がありました。

学べば学ぶほど、奥が深い・・・

発達障害を持つ子を育てていて、

初めは、発達障害のことばかり、調べていました。

あるとき、ふと、思いました。

発達障害の特性があろうと、なかろうと、「子育て」だ!

ハイハイして、立って、歩いて、走って・・・

子育ての基本は同じだ。

それに特性をプラスしたら、

もっと理解出来るかもしれない。

そう思ったとき、東京家庭教育と出会いました。

子どもの成長と親のあり方、夫婦、家族のあり方を教えてくれます。

学んで、良かったと思うものの1つです。


家庭教育の教えは、

比べたり、脅したりせず、お母さんの豊かな心で、

子どもと一緒に育っていく。

豊かな心を育て、

自立心を育て、

社会性を養う。

実践するために、必要な子どもの育ちと親の関わり方を学ぶ。

親が、変れば、子どもは変る。

子どもから学ぶ家庭教育です。

たぶん、全国に、学んでいるグループがあると思います。






posted by 佐藤 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜

2019年10月23日

〜逆に美味しい立場です〜

ペアレントサポートの活動を通し、様々な方とつながります。

講演会や勉強会、
絵本や本、専門書なども紹介してくださることも有ります。

今、専門職の方が読む本を、読んでいます。

元看護師なので、一般の方よりは、専門用語的な羅列には、慣れていますが、
内容を、私自身が理解し、経験や知識と合わせて、
どうわかりやすく、腑に落ちるように伝えられるか・・・
なかなか難しく、大変です。

200ページ以上ある、小さな文字ばかりで、内容にも無駄がなく、専門用語も多いこの本。
まず1ページずつ、私の頭に落とし入れていく作業が・・・しばらくかかりそう。
でも、勉強になります。

こうして、様々な専門分野の方と出会えて、学べることで、
私は成長していけます。母として、
そして当法人の活動にも、活かしていけます。

私は、心理士でも、保育士でも、〜療法士でも、〜福祉士でもありません。
何にも、縛られない、専門性を追求しなくてすむ、
しいていえば専門分野は「親目線」だから、
逆に美味しい立場です。

それにしても、勉強するほど、
発達障害あっても、なくても、
子育て期、乳幼児期の子育てが、いかに大事かと、
「人間形成の基礎は、乳幼児期に有り!」
と、つくづく思います。


posted by 佐藤 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜