CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月17日

令和元年10月15日発達障害講演会報告

子供の・大人の発達障害当事者・支援者と、相互理解、研究 あざらしらぼ 代表 谷口正悟氏に、「共に生きる〜必要な理解と支援 男、女、発達障害互いをつなぐ通訳が欲しい」と題して、お話いただきました。

その中で、発達障害と定型と言われる人との、ちょっとした考え方のすれ違い。言葉の感じ方のすれ違いが、お互いに「なんで?」になることが多い。という話がありました。言葉の意味や、概念、使い方など、実はわかっていない、違っている場合もあるので、確認したり、教えたりして欲しい。

自閉症スペクトラムの、見え方の違い、わかり方の違い、やり方の違い、感じ方の違い、こだわり、それらを全部わかろうとしなくていい。1人1人、違うし、感じ方なんて、わかるの無理でしょ。それより、お互いの「価値観」を相互理解することが大切。

そのためには、何はともかく、尋ねる、最後まで話しを聴くこと。
できる限り「どうしたの?」「そうなんだ。」「うん、うん」と最後まで。
否定せずに話しを聴いてもらえたと感じられれば、割と落ち着いてきます。
NGワードは、「普通は〜」「わかる」「何が?」「でも」「だけど」「みんな同じ」「何で?」
など、お話しされました。

他にも、いっぱい、教えて頂きました。

生まれた時から持つ特性なので、自分が他の人と、どう違うかなんて、発達障害当事者もわかりません。ですから、お互いが歩み寄り、話し合い、ちょっと違う価値観であることを、相互に理解し、違いを認めることが、共に生きやすくなるために必要な支援の第一歩なのでしょう。
posted by 佐藤 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年09月18日

「子どもに伝える生と性の話」を終えて

9月17日、子育て講演会
「子どもに伝える生と性の話」
講師 母乳育児相談室きらり 助産師 山崎幸子氏
優しい語り口で、わかりやすくお話いただきました。

私たち親世代は、性の話は親から教えられず、
聞いても、答えて欲しいことは答えてもらえず、
そのうち、大人になれば、わかること。
嫌らしい話、エッチな話、というイメージでした。

学校でも、性教育として、教えますが、
赤ちゃんは、どこから産まれるの?
赤ちゃんは、どうやって産まれるの?
赤ちゃんは、どうしたら赤ちゃんできるの?
の疑問に、子どもの聞きたい答えは、教えてくれません。
女の子の身体、男の子の身体と変化(成長)についてと、
プライベートゾーンの話などです。

ポルノ大国ニッポン、性被害、性感染症、望まぬ妊娠、
それらから子ども達を守るためには、
子ども達が、正しい知識を持っていることが大事です。

小さい頃から、日々の生活の中で、
子どもが聞いてきたら、応えてあげることが、大事だそうです。

どんな質問でも無視せず、受けとめること。
今すぐ答えられないときは「今、上手く答えられないから、明日まで待ってね。」
「一緒に調べようか?」この、<受けとめてくれる>ということが、
子どもに、安心感を与え、信頼感を育むことになります。

何を伝えるか、より、どう伝えるかが、重要だそうです。
性の話(月経の話なども)を伝える大人の雰囲気が重要。
大切なこととして、伝えるか
それとも、面倒なこと、やっかいなこととして伝えるか、
その伝え方の雰囲気を
子どもは、敏感に感じます。

人の身体は、卵子と精子が出会って、新しい命が生まれます。
そうして、私たちは、生まれ、ここに存在するのです。
大切な命です。
性の話は、命の話です。

9歳頃から、性腺刺激ホルモンが、出始め、
身体や心が成長していくときです。
子どもが「自分の身体って、スゴイ!」
自分の身体を肯定的に受け止められるように、伝えることです。

絵本や専門書も多く出ています。
是非、活用してみてください。

「性」について子どもに真剣に伝えることは
「どう生きるか」を伝えることです。

など、お話いただきました。











posted by 佐藤 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年09月14日

「福祉の制度とサービス、就労、生活」発達障害講演会を終えて

9月13日、旭川市障害者総合相談支援センターあそーとセンター長紺野あゆみ氏をお迎えして、子どもの成長と将来に向けて、福祉サービス、就労、生活などについて、旭川市の現状なども交えて、お話ししていただきました。

18歳になったら、障害者総合支援法に規定されたサービスが利用できます。
全国共通のルールで提供される主なサービス「自立支援給付」。
サービス内容が市町村ごとに異なる「地域生活支援事業」。
内容をわかりやすく説明していただきました。
障害福祉サービス、利用までの流れや、障害者区分、サービス利用計画、20歳からの障害者基礎年金と手続きなどについても、旭川市の現状を交え教えていただきました。

実際の相談支援の例も紹介していただきました。

大事なのは、本人がどのように暮らしていきたいのか。
時には、親の思いと違うこともあるそうです。
相談機関がいろいろあるので、悩まず相談してみるといいとのこと。
そして、一度決まったからといって、変えられない訳ではありません。
本人にとって合わなければ、早めに(二次障害を起す前に)変えた方がいいとも、お話しされました。

2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的・精神障害者もヘルパー付きのひとり暮らしが出来る可能性は大きく広がりました。
旭川では、10月6日(日)CoCoDeで、「道草」という映画の上映会があります。
@10:00〜 A14:00〜 B18:00〜 (上映時間 95分)
重度の自閉、知的障害がありながら、介護者付きのひとり暮らしを送る人々の、ドキュメンタリー映画です。(監督 宍戸大裕)
上映会の問い合せは、平田さん(080−9619−3708)まで。







posted by 佐藤 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年09月07日

「9月サロン」を終えて

今回、サロンゲストにお呼びしていた不登校を考える市民ネットの方が、急用で来れなくなり、参加者とサポートスタッフとの皆さんで、「不登校」のこと、そのときの子ども、そして親の思いなど、語り合いました。

不登校といっても、原因は様々。
また、要因となる背景も異なります。
ですから、その対応も1人1人違ってきます。

その一つ
「学校を休みたい」休みたくて仕方が無い息子。
実際に、休む日が続くと、ホッとして安定する。
ところが、そのあとに、
学校に行けない自分を責めだし、不安になっていく。
そこで、不安定になった息子を説得し、
毎日、少しずつ、学校へ通う、(1時間だけ登校から)
練習した経験談も出ました。

何より、自分自身を責める子ども自身が
一番、傷つき、ストレスを抱えていることを
忘れてはならないと思います。

もちろん、学校に通うということは、大切です。
社会に出る練習のはじまりです。
小学生でいうと・・・
朝、起きて、顔を洗い、身支度ととのえ、朝食をとり、学校まで行き、我慢して椅子に座り授業を受けて、休み時間には、他の子ども達と遊んだり、時にはケンカし、人間関係、コミュニケーション、我慢を覚えていきます。給食も家庭では出ない料理も食べて、家族以外の人と一緒に食べる。下校し、宿題をして、遊んで、夕食をとり、お風呂に入り、寝る。
という毎日(子どもにとっては)果てしなく続く経験が、社会人になったとき、仕事をするときに、毎日頑張れる土台になるのです。社会人としての基礎的な生活パターンを身につける練習の時期です。と教えられましたが・・・
でも、人間は、機械でも、ロボットでもないので、疲れもするし、気力を失うこともあります。
学校に行かなくても、それなりに出来ますし、学校へ行って自信を無くし、自尊心を傷付けられ、生きていく自信を無くすくらいなら、行かない方がいい。

不登校・・・
「今」の問題は、人生何十年の中の、一時の問題かもしれない。
でも、もしかしたら、
「今」の問題の対応の仕方は、その子の人生に大きな影響を与えるかもしれない。

不登校・・・
子どもの「辛い、助けて!」のサインだと思います。





posted by 佐藤 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年07月28日

ペアレント・トレーニング6月コースを終えて

当法人独自の、ペアレント・トレーニング(Growing up アドバイザーコース)6月コースが終わりました。
終了時の、アンケートの、感想欄に、
とても嬉しい感想が書いてあり、紹介したいと思います。

幼い子を育てている方です。
〜この講座を受講するまでは、“しつけ”というもののイメージが、とてもネガティブなもので、「親の言う事を聞かせる」「言う事を聞かない場合は、怒鳴る」という印象でした。
本当のしつけは、子どもと親の良い関係を築くために行なうものということが理解できました。
しつけの具体的な方法を学べました。今後の子育てに役立てていきたいと思います。〜

講座の初日、不安そうだった彼女の表情が、変って行くのを、嬉しく見ていました。
何が良くて、何が悪いのか、手探りでの子育て。
この講座を受けることで、道しるべができます。

学んだこと、気がついたこと、
きっと子育てに活かしてくれることと思います。
フォローアップで、また会う日が、楽しみです。



posted by 佐藤 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年07月21日

活動報告「発達障害を持つ子の子育て」

DSCN4065.JPG私、NPO法人ペアレントサポート代表佐藤が、発達障害を持つ娘の、小さい頃からの子育て経験談、今感じることをお話しました。

子育てって、なんでこんなに大変なのかと、思いながら、一日、一日、精一杯でした。
今考えれば、自閉症や知的障害の特性なのですが・・・。
「しつけが出来ていない!甘やかすからだ!」と言われ、母としての自信を無くし、体調も崩し、辛い日々でした。
「しつけができていないことを棚に上げて、娘を障害者にする気か!」と怒られ、病院にも行けず、どこかに相談しようと考える余裕もないほど、疲弊していました。

幼稚園入園、毎日のように問題を起し、幼稚園の先生の後押しで、病院受診へと繋がり、発達障害と診断されました。それでも、私も、夫も、十分な知識も無く、手探りの子育て。仕事で忙しい夫の理解、協力は、なかなか得られず、本来大切な夫婦共同歩調は、全く出来ず、子育てについては不和な状態が続きました。(今では、かなり理解し、共同歩調も出来るようになりましたが。)

幼稚園や学校の先生方に、娘も私も育てていただきました。
(最悪な年も、ありましたが・・・)

ママ友と、「他のママ達も応援したいね。勉強もしたいね。」とサークル(当法人の前身)を立ち上げ、発達障害のことを、講師を呼んだり、親の会に参加したり、講演会に行ったりしました。

色々学ぶことで、点と点が繋がり、腑に落ち、私達と感じ方、理解の仕方が違うこと、どう対応すれば良いのかが、少しずつわかるようになっていきました。ASD療育の方法、早期療育プログラムなど、学べる物があることがわかりました。

発達障害があるなしに関わらず、子育ての基本は同じです。CSP(コモンセンスペアレンティング)や家庭教育のペアレント・トレーニングで、子どもの成長に合わせた関わり方や、実践的スキルを身につけることで、今とるべき対応(教える、待つ、褒める等)の引き出しが多くなります。
「しつけとは、怒ってするものではありません。教えて、褒めて、身につけさせるもの」。学ばないと出来ません。

最近「発達障害」という言葉は、周知されてきましたが、どう対応したら良いか、どう共生したら良いかが、まだ十分に知られていません。先進国のイギリスのように、発達障害の人がいて当たり前の社会に、早くなって欲しいですし、それには、発達障害児者に関わる皆の意識が大事だと、思っています。

発達障害の「障害」は、社会の側にあるのです。日本では、「「親」が一番の障害」になっているケースがまだまだ多いのです。

この10年で、発達障害に関する様々なことが、変化してきました。旭川市の小中学校では、対象となる子がいれば、特別支援学級が作られ、児童デイサービスも、多くあります。
ですが、大切なのは、家庭です。家族が理解し、適切に関わることが大事です。
そして、学校の先生。
以前、親の会の方に教えて頂きました。「親は先生を育て、先生は親を育てる。それが、子どもに大きく影響する。」と。(先生にもよるけど・・・)

発達障害を持つ子の親に、しっかり寄り添うことが、必要です。
ペアレントメンターという方々が、いますが、制約が多く、身軽に活動は出来ません。
私は、毎日、娘に振り回されながら、綱渡りの状態で、活動しています(笑)。
学べる場を少し作ることだけしか出来ません。
専門職の方々や、私のような思いのある方々が、疲弊しているたくさんの親に、心を寄せていただけたらと思っています。
posted by 佐藤 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年07月17日

〜里親さんゲストのサロンを終えて〜

私も短期養育里親をしていますが、今回、尊敬しているファミリーホームをされている長谷川さんをお招きして、皆さんに里親についてお話いただきました。

経験豊富で、専門里親でもある長谷川さんの元には、様々な問題を抱える子も来ます。
「みんな実子と同じように、愛情をかけ、手をかけて育てています。大変な日々のこともあるけど、里親を止めようと思ったことはありません。体は疲れるけど、幸せです。今も、研修などで学びながら、子ども達と一緒に、みんなで、楽しく暮らしています。」などお話してくださいました。

お話を聞いた方が、「こんなにすごい人達がいることに、感動しました。」「視野が広がる〜。子育ても、環境も、親子関係も、色々、見え方が変った、広がった。」「発達障害が問題ではなく、養育が大きく影響する。親子関係が重要と、思った。」など、感想が聞かれました。

身体的、精神的虐待、ネグレクト(育児放棄)で保護された児童が、里親の元に来ることがあります。
赤ちゃんのときから、適切に育てられていない子は、情緒が不安定だったり、自分なんて・・・と自己肯定感が超低かったり、その場しのぎの行動や、態度。人を信じることが、苦手だったり・・・。はじめは、育てにくい子だったりします。

悪い子はいません。悪い環境と、悪い学びが、あっただけです。そのせいです。
ですから、良い環境と良い学びを、いっぱい経験させることが、大切なのです。
ですが、幼児期の安全、安心、愛情をいっぱい受けて成長発達する時期に、虐待を受けていると、愛着形成が不安定で、人との関係が上手く出来ない、人を信じることが出来ない大人になっていきます。実は、虐待する親自身も、虐待を受けて育てられていたことが多いです。また、発達障害などがあり、どう育てたらよいかわからず、きちんとしつけようと、頑張りすぎて叩いてしまう、ということもあります。子どもだけでなく、親の支援も必要です。

幼児虐待は、その親だけの問題ではない、社会の問題なのです。

里親さんが増えてくれるのも願っています。









posted by 佐藤 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年07月09日

活動報告「7月8日ワークショップ」

今回のワークショップは、
当法人のペアレント・トレーニング「Growing Up アドバイザーコース」の紹介講座。

ペアレント・トレーニングは、色々な物があります。
米国には400以上有るそうです。次々枝分かれして、増えるそうです。

その中で、
★「CSP(コモンセンスペアレンティング)」米国で100年以上研究されてきた、
家庭でできる子育て支援・虐待防止プログラム。
★「家庭教育」日本国内で、50年以上、学び研究されている東京家庭教育。
★「脳の発達・発達障害」発達障害も定型発達も、胎児期から脳は成長・発達します。
この3つを学ぶのが、当法人独自のコースです。
以前は、バラバラに行なっていましたが、3つを学ぶことで、より子育てに自信を持ち、適切な子育てができると考え、コースにしました。

今回は、その中から、少しずつピックアップして、紹介しました。

休憩時間、
参加者のお一人が話されたこと・・・
2ヶ月の赤ちゃんと、4歳の女の子を育てていて、感じること。
子ども1人を育てるのと、2人育てるのは、すごく違う。
下の世話をしつつ、上の子も、大切に・・・と思っている。
赤ちゃんより、上の子としっかり関わることが大事と言われていて、
そう思うけど、余裕がない、十分できていない。
と、話してくださいました。
それで、ワークショップに来てくれたようです。
上の子の、優しい、感受性豊かなところも、しっかり受け止めており、
すてきなお母さんだな〜と、思いました。

上の子が女の子なので、「一緒に赤ちゃんを育てようね。」と、
おむつ交換の時に、おむつを持ってくる、タオルを持ってくる、あやすなど
できることを頼んで、お手伝いをさせ、一緒に赤ちゃんと関わり、
「ありがとう」と言う事で、上の子の気持ちも、安定しやすくなるとお話しました。

皆さん、偉いです。
ワークショップでのお話を、うなずきながら、真剣に聴かれていました。
少しでも、活かしていただければ、嬉しいです。

8月以降のGrowing Upアドバイザーコースへの申込みもありました。
お子さん連れの方がいる場合、隣の部屋で子守りをしてくれるサポートスタッフに来てもらいます。5回コースなので、欠席の場合、補習します。終了後、定期的にフォローアップします。

子育て支援の一つとして、学ぶ場の提供。
虐待予防のためにも、子育てに悩む親の支援のためにも、
学ぶための大切さ、学べるところ、いっぱい、いっぱい増えて欲しいと思っています。



posted by 佐藤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年06月25日

〜Growing upアドバイザーコース4月と5月コースも終了〜

Growing upアドバイザーコースとは、
当法人で実施しているペアレント・トレーニングのことです。

子育てで、悩み、CSP(コモンセンス育児法)に出会い、家庭教育に出会い、脳の発達や発達障害についても勉強し、この3つを学ぶと、親は、悩まないですむという思いから、子育てする親向けに作ったコースです。親が親のために、作ったコースです。
たぶん、こんなことしている所は、当法人だけだと思います。

*CSPとは、コモンセンスペアレンティング幼児版のことです。
 米国で100年以上の実績があり、世界に広がっている「怒らず褒めて、問題行動を減らす、子育て支援・児童虐待防止プログラム」
*家庭教育は、50年以上の実績がある、東京家庭教育。その中の子育ての部分。
*脳の発達の仕方、発達障害、HSC:ひといちばい敏感な子、養育が及ぼす影響など。

4月コース、5月コースが終わり、今後、定期的にフォローアップしていきます。
親のために作ったコースですが、誰でも、受講できます(定員はあるけど)。参加者は、発達障害のあるお子さんの母親、定型発達の子の母親、子育て支援者、発達障害当事者支援者、祖母など、立場が違うので、逆に、違う視点でみる話が聴けるので、他の親や子どもと自分を比較することがなく、視野が広がったという感想が多いです。

受講者の感想
・子どもの問題行動に直面したとき、まず、自分が落ち着こうと意識するようになった。
・今まで気づけなかったこと、気づこうとしていなかったことに、気づくことができるようになりました。
・今までの、子育ての再確認ができました。
・学んだことを、意識して、子どもに接するようになった。
・効果的に褒める、予防的教育法、すぐに活かせて、面白かったです。
・子どもが原因ではなく、私の言い方が悪かったと、気がつきました。
・子どもって、褒めたら、こんなに喜ぶんだって、改めて思いました。
・前より、イライラしなくなりました。

Growing upアドバイザーコースは、子どもを育てるためのスキルを学ぶものですが、学ぶことで、大切なことに気がつき、親も育って欲しいと、願いを込めてつけた名前です。

現在、6月コース実施中。
8月、9月、10月コースは、そろそろ募集
旭川市や近郊にお住まいで、興味のある方は、こちらをご覧下さい。
http://asahikawa.genki365.net/gnka07/mypage/mypage_sheet.php?id=66919




posted by 佐藤 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2019年06月05日

「子育てカフェ〜子育て講演会」

旭川で活動する子育て支援関係者団体が集まった、おやこサポートネット旭川。これの一周年記念企画として、6月4日、子育てカフェを開催。その第一部として、ペアレントサポートの佐藤が、「子どもの心を動かすコミュニケーション」〜良好な親子関係を築くために〜と題して、講演を行ないました。

今回の、子育てキーワードは、「愛着形成」と「子どもの人権」。そして、コミュニケーションのキーワードは「小さい子には、共感」「大きい子には、認める」で、お話しました。

「悪い子どもはいません。子どもが悪くなるのは、ただ悪い環境と悪い学びがあっただけです」と、いう言葉が有ります。

親は、社会に出て、恥ずかしくないようにと、愛情込めて、叱咤激励しているつもりでも、子どもの側では、愛着形成が不安定で、親は子どもの気持ちなんて無視して、しつけという名の押しつけを強要して、子どもの人権、人格の尊重なんて考えていない。 
これが、児童虐待や、その子が大人になりきれなかったり、大人になって犯罪をおかしたりするのではないか、と強く思います。

昭和の子育てでは、みんなと同じを求められ、社会の目、世間体、、、
子どもの気持ちは、二の次でした。
子育ては、「心育て」です。しっかり、愛着関係を築き、子どもの人格を尊重する子育てをして欲しい。へこたれない、転んでも、起き上がれる人に、育てて欲しいと、願いを込めました。

講演会のあとには、おやこサポートネット旭川の加入団体が、各ブースで、参加者らと語らいました。あっという間に、時間がすぎました。

posted by 佐藤 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告