CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月09日

〜セミナーに参加して〜

2日間、専門職の方が対象の、セミナーがありました。
ペアレントサポートの活動を理解されている方の
お誘いで、受けることが出来ました。


テーマは
「子どもの療育と家族支援」
感想
今回は、心が温かくなりました。


2年前まで、発達障害関係の講演、研修に、
行ける時にだけですが、いくつも参加していました。
たいてい、最後に「母親の支援が今後の課題です」と
お約束のように締めくくられ、悲しい気持ちに。


今回のセミナーは、
現場で、療育と家族支援をずっとされている
医師、PT、OT、ST、保育士のお話や、特別講演があり、
(都合により全部は聴けなかったのが残念でしたが)
現場の熱い思いが伝わってきました。
パワーをいただきました。


家族支援、
簡単なものではない親支援。

時々、余裕がなくなり、心が折れそうになることも・・・

でも、親として持つ発達障害のある子の子育ての悩み、
不安を共感できる私たちだからこそ出来る親支援。

「ようやく気持ちをわかってくれる人に会えました。」

「否定されず、意見されず、話を聴いてくれて、共感してくれて、ホッとしました。」

「ここに来て、救われました。」

そう言われると、頑張ろうと思います。




私たちが、出来ることで・・・

私たちだから、出来ることで・・・





posted by 佐藤 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック