CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月07日

〜プライド〜

お店の中で、子どもが騒いだときに、
親が大声で叱る光景、
たまに見ます。


騒いだり、人に迷惑をかけている子を、
叱らない親のことを、非難する言葉も、
よく見ます。聞きます。


欧米では、子どもを叱るとき、
人前では、叱らないそうです。
人のいないところに連れて行き、
しっかり目を見て、
落ち着いて、
何がいけないことか、
どうしたらいいのかを、
言い聞かせるそうです。

子どものプライドを守ることは、
子育てで重要なことだそうです。


日本とは、えらい違いです。

人前で、こどもを叱り、
「私は躾けをしているのよ〜」と
アピールしている親。

ただ必死に、子どもの行動を
止めさせようと、
大声で叱るしか、
方法を知らない親。


親自身が、子どもの頃、
どのように育てられたか、

人権もプライドも、
傷つけられて、育ったら、
その影響は、大人になっても続きます。
いつも、何かにおびえて、
自分の人生なのに、
自分らしく歩めない。


そのことに気がつくだけでも、
まず一歩。
我が子の、人権、プライドを、
傷付けてはいないだろうか。
同じ思いをさせていないだろうか。


発達障害のある子は、特に傷つきやすいです。
気を付けてあげてください。










posted by 佐藤 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック