CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月29日

〜感情コントロールできる脳の土台〜

人間の脳は、未熟な状態で生まれてきます。


赤ちゃんの時は、生きるため、身を守るため、「泣く」という唯一の方法で、

「痛い」「お腹空いた」「不安」などの不快な身体感覚を表出します。

そして、「鳴き声」に対して、

「お腹空いたのね」「うんちかな?」「ねむたいのかな?」と

わかってくれることで、赤ちゃんは安心します。


脳の次のステップとして、

身体に感じる痛みや不快なこと、心に感じる不安や恐怖の感情を、脳が正しく自覚、認識する力をつけ、回路をつくり、統合されることです。

そのためには、大切な親の役割があるのです。



最近、子どもが転んだとたん、母親が「痛くない! 泣かない! 大丈夫!」

言われた子どもは、何事もなかったように歩き出す。「えらい!」と褒める母親の姿が・・・


子どもは、膝に感じた痛みを無いものに、泣きたい気持ちも無いものに・・・

なぜなら、子どもは親なしには生きていけないことを本能で知っているからです。

自分の不快な思いや感情を表出することを常に否定される場合、

身を守るために、自分の身体に感じたことを、無いものとして、

脳の中では、統合ではなく解離がおこります。

親の求める「よい子」になります。

「痛くない!」「泣かない!」「我慢しなさい!」「恐くない!」と、

泣かない子、我慢出来る子が、よい子と、勘違いしての結果です。



本来は、身体の不快を「泣いて表現」し、大人が気持ちをわかり「言葉にして」あげることで、

子どもの脳が「痛いという感覚なんだ」「恐いという感覚なんだ」と、正しく認識できる回路がつくられます。

この繰り返しが、次のステップ(身体の感覚と理解、認識が繋がり、感情のコントロールする能力を育てます)

「痛かったね〜」「泣きたいほどの気持ちだったんだね」「恐かったね」「不安だったのね」

まず、その「感情」を受け止めてあげてください。それから、対応してあげてください。

(悪いこと、無理なことは、その後に、説明したり、諭したり・・・)


昔は、子どもが転んだら、

「どこが痛いの?(手を当て)イタイの イタイの 飛んでいけ〜」と母親が優しく言う姿が。

身体の不快な状況を母親がわかってくれて、安心を与えてくれる。この安心が大事です。

 

いい子でも、いい子でなくても、見捨てられない存在だと子どもが感じていること。

不安なとき、親の顔を見たら、安心できる関係。

これが、大人になっても「安定した感情コントロール」ができる脳をつくります。

土台は、乳幼児期につくられます。

(今、気づかれた方、今からでも、遅くはありません。子どもの気持ちを否定せず意見せず聞くことです。)



親にとって都合の良い子に育てようとしないでください。

子どもの脳の成長に合った良い親になってくださいね。




posted by 佐藤 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック