CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月18日

〜練習と我慢〜

お皿洗いのお手伝いを終えて、食器用洗剤の補充をしだした娘。

私は心の中で「練習、練習」とつぶやく。

食器用洗剤の詰め替えは、難しい。
シャボン玉のように、膜が張ると、上手く入らない。横からたれてしまう。
量も加減が必要だ。入れすぎても、あふれ出す。

優しく「シンクの中でしてね」「集中してね」とだけ言って・・・
横目で、ひやひやしながら見守る。
こぼれたときは、「大丈夫、これは難しいからね。こうして始末したらいいのよ」とフォローしようと、頭で考えながら・・・

ずいぶん練習した成果で、昨日は、こぼさずに、8分目まで補充出来ました。
やったね! 娘の満足した表情!

娘は、「やりなさい」「やってみようよ」と言っても、本人にやる気がないと絶対出来るようにならない。
「やりたい」と思うことが、何度も,何度も、失敗しながら、経験しながら、コツをつかみ、いつかは出来るようになります。

「やりたい」と言ったことは、できるだけ「全てダメ」と言わず、少しだけでも大丈夫なことをしてもらい、「今日は、これだけね。また、今度頼むね」「ありがとう」「すご〜い」「たすかったよ」と持ち上げて終了させるように心掛けてきました。

実は、私の心は、毎回葛藤・・・
「あ〜また面倒なことを始めたよ。今は、止めてよ〜」「イライラ」「良く見てよ!落ちる〜こぼれる〜そこじゃないって!」「違うでしょ!」「ぎゃ〜、あ〜あ〜、やっちゃった・・・」
という叫びの全てを「我慢、我慢」し、
「練習、練習」と、心に言い聞かせ・・・

子育ては、忍耐。
自分との戦い!



posted by 佐藤 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック