CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 平和の定着を目指して【社会】 | Main
戦略 [2012年02月05日(Sun)]
お久しぶりです。倉庫番です。
恥ずかしながら、倉庫番の都合で1年半以上にわたって開店休業状態でしたが、細々と営業再開したいと思います。

再開第一弾は、まだ調べもの等があまりできていないので、最近の話題についての雑感から。

-----

1月29日、広島大学平和科学研究センター主催のシンポジウムをピースビルダーズも共催させていただいたのですが、そこでなかなか示唆的なことが話されました。
そのシンポは「広島、そして福島の復興」というタイトルで、昨年3月11日の地震・津波そして原発事故で被害を受けた福島からもパネリストをお迎えし、広島の戦後と福島のこれからについて語り合い、復興の在り方について考えるというものでした。
(詳しくはこちら

ここで何人かのパネリストに共通した見解だと感じたのが、放射線という見えない不安を抱える福島の方々が今望んでいるのは、信頼できる情報とそれを踏まえた長期的な生活再建戦略であるということ。
原発に近く複雑な状況にある南相馬で市民復興会議委員を務める田中章広氏(原町青年会議所2012年度直前理事長)からは、「ゴールが見えれば走ることができる」というお言葉もありました。

不安を抱えながらも、力強く草の根から故郷の再建を支えようとする人が必ずいることは、戦災や災害のあった社会にとって大きな希望であるとして、それをあきらめさせない大きな戦略が不可欠なのだと思いました。
広島でも、戦後公職選挙による初めての市長となった浜井信三氏が優れた戦略家であったことは、復興にとって重要なことであったとのことです(詳しくは下の参考文献参照)。

もちろん、単に思いつきで声高にああしろこうしろというだけでは戦略とは言えませんね。
広島でも、それまで軍都であったという文脈をきちんと踏まえてこそ平和記念都市という戦略が意味を持ったように、福島でも高度経済成長の中で中央に人を供給する地方であったこと、事故が起こるまで行政は原発を推進してきたことなどを踏まえた上で、これからの新しい姿はどうなるのかを示してこそ、住民にも周囲にも説得力のあるものになるんだろうなというのが、このシンポの全体を通して感じられました。

このブログは「手づくり」が趣旨ですから、カリスマ的な指導者が出てくればいいと言いたいわけではありません。そして実際に、市民復興会議が立ち上がっていたり県外避難者の方(このシンポのパネリストにもなっていただきました)も署名運動など独自の努力をしておられるなど、新しい福島を作っていくのは市民の力だと思います。
ようやくブログを再開したので、また戦後広島のそうした市民の行動を、調べていきたいと思います。


【参考文献】

篠田英朗「平和構築としての広島の戦後復興」『現代平和構築活動の視点から見た広島の戦後復興史』IPSHU研究報告シリーズNo.40


倉庫番@ピースビルダーズ
生きる [2010年06月10日(Thu)]
昨日6月9日、広島サロンシネマで開かれた、井上ひさし追悼「父と暮らせば」上映会に行ってきました。
8月6日の6と8月9日の9で、6.9に開催したのだそうです。

告白すれば僕はこの有名な作品をお芝居でも映画でも見たことがありませんでした。
生きることが申し訳ないと思いながらそれでも生きた原爆後の広島の人の心に、少し近づけた気がします。見ておいて本当に良かった。
こんなブログをやっているからには見ておかなくてはいけなかったとも言えますが。

もちろん当時の人の気持ちを僕が代弁するつもりはありません。
しかし、井上ひさしさんのお話に常に見られるような人間全体へのリスペクトの気持ちをもって、今の僕たちの周りの問題とも共通する大切なこととして、このブログで戦後広島の取組を紹介していこうという気持ちを新たにしました。

倉庫番@ピースビルダーズ