CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年11月 | Main | 2013年01月»
子どもたちのピアノ発表会 [2012年12月20日(Thu)]

 12月16日(日)午前、「ピースあいち」1F交流のひろばにて、ご近所に在住の渡辺宏美さんのピアノ教室発表会が開かれました。このピアノ教室で練習している子どもたちやそのお友達、お母さんたち約60名が参加されました。

 この日は、比較的暖かい気候に恵まれ、朝から準備する子どもたちの元気な声が聞こえていました。ピアノ発表会は、10時半から始まり、11人の子どもたちが、日頃の練習の成果を発表し、最後に、渡辺先生がブラームスの曲を弾き、全員で「ジングル・ベル」を合唱して、正午頃終了しました。
「ピースあいち」がこのような場として、ご近所の皆さんに活用されることは歓迎すべきことです。CIMG3504.JPG
戦争・空襲記録づくり東海交流会開催!! [2012年12月18日(Tue)]

12月16日(日) 午後1時30分から、ピースあいちに於いて「第28回戦災・空襲記録づくり東海交流会」が開かれました。東海地域をはじめ東京から京都までの7県・20団体・50名以上が集い、活発な議論と交流が行われました。
 最初に特別報告として、三重県桑名市の「桑名しるべ勉強会」から「『桑名の戦争遺跡』の出版」について、名古屋市見晴台考古資料館から「見晴台遺跡から出土したBー29機体と高射砲陣地」、春日井の戦争を記録する会からは「米軍資料を自宅のパソコンで見る方法」、が行われました。
 続いて、各地域で活動している団体から、この1年間の取組みが報告され、活発な議論をおこなわれました。
最後に、世話人の小出さんがまとめを報告され午後4時30分に閉会しました。 <金子 記>

CIMG3513.JPG
ピースあいち年末祭 [2012年12月11日(Tue)]

今年最後のイベント『ピースあいち年末祭』は絶好のお祭り日和でした晴れ

恒例餅つき餅つきA.jpg

餅つき@.jpg

干しエビを入れたピンク色のキレイなお餅は大評判ムード

開催中の展示『戦争と子どもたちのくらし』にちなんだプログラム

子ども講座
子ども講座@.jpg


子ども講座A.jpg

せんじちゅうの12歳の男の子とせいくらべしたり、
IMG_0254.JPG

子ども講座B.jpg

防空頭巾ともんぺを着てみたり


竹馬お上手exclamationでご機嫌
竹馬 (1).jpg


お手玉.jpg

るんるん「あんたがたどこさ、ひごさ、ひごどこさ」 歌って調子を合わせてお手玉
おとなも楽しい遊びがいっぱい

3階では野山の木の実で作るリースが大人気
リース@.jpg

ステキな出来上がり
リースA.jpg

リースB.jpg
ガンバレ〜

午後はコンサート『歌紙芝居 ぞうれっしゃがやってきた』
ソプラノ水野寿子さん ピアノ熊谷幸祐さんです。

コンサート@.jpg

水野さんが描いた紙芝居でお話と歌を聞かせてもらいました。

コンサートA.jpg

後半は楽しいクリスマスソング。白い妖精のような水野さんの歌声に子どもたちは目を輝かせていました。
とてもピースフルなコンサートでした。












服部君事件から20年 報告会 [2012年12月11日(Tue)]

『服部君事件から20年 銃社会アメリカのいま』12月1日(土)午後1時から、故剛丈君のご両親服部政一さん美恵子さんをお招きして開催しました。

第1部『世界に轟いた銃声』上映会
この事件をアメリカ在住の中国人女性監督クリスティン・チョイが映画化しました。アメリカでのニュース映像や現地市民の反応、日本ではあまり報道されなかったことなど、事実を描いています15年前の作品ですが、あらためて日本とは全く異なるアメリカ銃社会の現実を知りました。

多くの参加者で1階会場は満席になってしまい、3階に用意した第2上映室へも入ってもらいました。


展示資料
展示キルト
yoshi0001.jpg

当時の新聞記事と、YOSHIの会の呼び掛けで一般の方から寄せられ、銃規制を求める署名とともに海を渡りアメリカに届けられたキルトを展示しました。

第2部『銃社会アメリカを語る〜バトンルージュでの記念式典の報告』

12月1日.jpg


服部さんご夫妻に平田雅己名古屋市立大学准教授がインタビューし、さる10月に行われたルイジアナ州バトンルージュでの追悼式典の様子や、銃規制を求める運動、銃なき社会への思いを語っていただきました。
写真のとおり、参加者と講演者が膝を突き合わせるような満席状態。テレビ局4社と新聞各社の取材陣も入っていました。窮屈に場なってしまい、すみませんでした。

イボンヌ・バナジーさん
イボンヌ0001.jpg


最後にYOSHI基金で名古屋市内の高校にアメリカから留学中のイボンヌさん(17才)が日本語でスピーチしてくれました。
「アメリカではあまりにも簡単に銃が手に入ってしまう。銃犯罪の阻止には一人ひとりが努力を」
と一生懸命な素晴らしいスピーチに、暖かい拍手が送られました。


「銃は攻撃するもの。それで平和は得られない。人の交流で平和な社会をつくっていくことが大切」と服部さんからメッセージをいただきました。

多くの参加者をともに銃なき平和、非暴力の社会の実現を考える機会になりました。
ご協力いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。










ワックス掛け [2012年12月08日(Sat)]

12月1日(土)午後4時から恒例のワックス掛けをしました。今冬はイベントの後だったので18名もの参加がありました。寒くなるという予報が出ていたので心配でしたが、まあまあの天気で良かったです!
いつも最後になって「疲れ」を覚える箇所を今回は最初にやることに決めて成功かな?
どちらにしても、ポリッシャーを上手く扱うボランティアさんがいてくれてこそこのワックス掛けができるのです。 それと汚れ取りの雑巾がけを一生懸命やってくれるボランティアさん達。ピカピカになったフロアで気持ち良くなりましたよ。
CIMG3338.JPG
CIMG3339.JPG