CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
ばら0630 [2011年06月30日(Thu)]





薔薇0629 [2011年06月29日(Wed)]

名古屋は今日も暑いです。
たくさん咲いています [2011年06月24日(Fri)]


ばらも咲いています。「ひめゆり」展は明日までです
7月5日(火曜日)までやっています。
ピースあいちに見に来てください。


地図・交通アクセス・駐車場案内
毎日新聞が「ひめゆり学徒隊」展を紹介 [2011年06月23日(Thu)]

 平成23年6月23日付毎日新聞朝刊にピースあいちで開催中の「沖縄戦とひめゆり学徒隊」展が紹介されています。
 6月23日は沖縄戦での日本軍の組織的抵抗が終わった日で、「沖縄県慰霊の日」とされています。これに合わせて毎日新聞が記事を書いてくれました。
ばらが咲いています [2011年06月22日(Wed)]


↑昨日(火曜日) ↓今日(水曜日)




↑昨日(火曜日) ↓今日(水曜日)

沖縄慰霊の日企画 [2011年06月18日(Sat)]

沖縄戦で日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる1945年6月23日。
この日は沖縄慰霊の日。
毎年行っている沖縄に関連する企画で、今年は6月18日(土)に
NHKディレクター豊田研吾氏をお招きしました。

「NHK慰霊の日特集 集団自決 戦後64年の告白〜沖縄・渡嘉敷島〜」(2009年放送)

ビデオを見た後、取材時のお話を聞き、参加者との質疑応答をしました。

戦争の生み出す異常さ、残酷さ。二度と繰り返してはならないと強く思います。


「語り手の会」が開かれた [2011年06月07日(Tue)]



 2011年5月30日の午後、「ピースあいち・語り手の会」の第3回例会が「ピースあいち」で開かれました。野間美喜子館長と斎藤孝代表の挨拶のあと、竹川日出男事務局長が10年度の活動を報告しました。
 県下の小中学校へ出掛ける訪問授業は、12校(児童・生徒773名)、語り手は14名。毎年恒例となった8月の「戦争体験を語る会」は10日間(聴衆は284名)、語り手10名、「ピースあいち」独自の語り手の派遣と来館の団体見学30団体(2,352名)での語り手は、延べ36名という実績でした。また、戦争体験手記の出版も報告されました。
 次いで、新年度の活動計画を承認。このあと参加者全員が活動報告や近況を披露しました。戦場・戦時体験、空襲被災、学徒動員、学童疎開、原爆体験、引き揚げ経験など様々な体験と近況を語り、成功裡に集いを閉じました。
語り手の会第3回例会開催 [2011年06月03日(Fri)]

 去る5月30日(月)の午後、ピースあいちで語り手の会第3回例会が開催されました。前日の29日には台風2号が紀伊半島沖を通過中で、雨、風とも強く、愛知県下各地で大雨・洪水警報が出るという状況でしたが、幸い30日には遠州灘沖に遠ざかり雨もあがって無事開催することができました。
 一宮、春日井、瀬戸、岡崎、半田などといった遠方からも合わせて26名の方々が参加されました。平成22年度の活動報告や23年度の計画などが示されたあと、参加者全員に一言ずつ発言していただきました。参加された皆さんはお元気で、最高齢は91歳の方がお二人見えました。皆さん、何らかの活動に参加したいとの意慾を示され、おおいに力づけられました。
 23年度も各種の語り事業を展開するほか、戦争体験の手記集の続編を発行することを目標に、その原稿の募集も提案しました。
 皆さんの発言が活発で、午後4時終了の予定が30分も延長し、充実して終えることができました。