CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
最新ガザ報告会 [2011年03月29日(Tue)]

先週3月26日(土)13時30分から行われました。

北林岳彦氏(パレスチナ子どものキャンペーン代表理事)
『包囲された人びと、窒息させられる希望 ガザの現在と私たち』



最新のガザの映像資料を見ながら、皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
質疑応答も活発にやり取りされ、充実した会になりました。
よもぎ台界隈(3) [2011年03月25日(Fri)]

「平和」の地名と隣り合う「ピースあいち」

よもぎ台の西隣の町名は「平和が丘」。ここに1960(S35)年創建の新しい神社「平和ヶ丘神社」があります。安保闘争で日本中が揺れた同じ年に「平和」を冠する神社が建てられたのも皮肉です。
「ピースあいち」から平和公園へ向かう途中の交差点「平和が丘」から南へ折れ、同三丁目信号から右へ急坂を登ったあたりの住宅地に挟まっておわします。標高58メメートルの高台からは遠く猿投山まで望めます。
パレスチナ・ガザの子どもたちの絵画展始まる [2011年03月24日(Thu)]

3階展示室で4月23日(土)まで開催しています。

アンネのばら0324 [2011年03月24日(Thu)]

蕾!蕾出た!!


2つとも道路に近い所の株です。
アンネのばら 剪定から1か月余り [2011年03月22日(Tue)]

葉が出た。

    

切ったばかりの写真はこちら
http://blog.canpan.info/peaceaichi/archive/20
展示替えしました [2011年03月21日(Mon)]

先週までの名古屋空襲展が終了し、今日は展示替えの作業を行いました。
今週から「パレスチナ・ガザの子どもたちの絵画展」です。
休日に参加されたみなさまお疲れ様でした。



中日新聞に掲載されました [2011年03月21日(Mon)]

3月19日の「慰霊の夕べ」が20日の中日新聞朝刊(市民版)に掲載されました。

新聞社のカメラマンさんはいろんな角度から撮影されていました。
名古屋空襲追悼の日津田さゑ子さんの詩 [2011年03月19日(Sat)]

「名古屋空襲犠牲者追悼の夕べ」で津田さゑ子さんが66年前の3月19日の空襲を詩にして語ってくれました。

   『大空襲の夜』
私が生まれた街   名古屋市中区御園町が   一夜で燃えつくされた夜を
今もはっきり憶えている

昭和20年3月19日の夜   空襲警報のサイレンが終わるや
B29が轟音を響かせ     大きな姿を現わした

着の身着のまま寝ていた私   「急いで」と母にうながされ
小走りで外に出てみれば    いつもと違うそのありさま
あちこちから焼夷弾の     煙と炎が立ちのぼる  

家族揃う術もなく   前に決めた場所目指し  広い通りへ出てみれば
逃げまどう人がひしめいて   大きな荷物をしょった人
重そうな大八車やリヤカーが  北へ 南へと流れて行く

乳母車を押す母は   3歳の妹をおんぶして  必死で歩く私を気づかう
中学2年生の兄は   重たくなった自転車を捨てたいのを
我慢して喘ぎながら引いていた

ゴーゴー バリバリと容赦なく  炎は街を嘗めまわす
焼けたトタンが空を舞い   大きな塊が飛び出して  小さな火の粉は雨霰

真昼のような明るさで   ビュービュー熱い風が吹く
小さな体は熱をおび    目 鼻 口は カラカラだ

目指すは前に焼けた跡   広い空地になっていた
ばらばらに家を出た母子  奇跡的に巡り会い  うれし涙が頬濡らす
ほっとする気も力無く   恐怖と疲れで眠れない

東の空が白む頃   霞の中で太陽が   白く丸く(まーるく)浮かんでいた 

父にはまだ逢えないと  不安の気持ちおし隠し  我が家へ向かうその道で 
目にとび込む光景は   くすぶり続く焼野原  
立ち木はどれも黒こげで  姉の指さすその先に  四角く残るデパートだけ 

ふと後方に目をやれば  大須観音がまるで  まっ赤なお椀を伏せたごと
きれいな形で焼け崩れ  今なお眼裏(まなうら)に残っている

ようやく我が家に辿りつき  くすぶり続ける焼跡に  呆然と立つ父を見た
幽霊でないとわかった時   互いの無事に感謝した

けれどこれから何処へ行く?  父と母は思案顔

その時父の旧友が  知多の方から自転車で  訪ね訪ねておにぎりを 
お見舞いとして下さった 
地獄で仏に会ったようで 皆んなで美味しく頂いた 人の情がうれしかった 

でも本心は味気なく  悲しい思いが増すばかり
自慢にしていたおひな様  兄の大切な本箱も  姉の新しいオルガンも
みんなみんな消え失せた

神風が吹いて勝つと言われた戦争は  多くのものを灰にして
子供や大人を苦しめる これが戦争ということなの? 幼い私にはわからない

私は中ノ町国民学校1年生  焼けた日を境に先生や友達に
一度も会うことはなかったのです
名古屋空襲犠牲者追悼の夕べ [2011年03月19日(Sat)]

本日午後5時より名古屋空襲犠牲者追悼の夕べを行いました。
あわせて東北・関東大震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りしました。


空襲体験の語り 語り手の会 津田さゑ子さん


ともしび灯火


追悼法要 建昌寺 敦賀住職


ピアノ演奏 山口由里子さん
よもぎ台界隈(2) [2011年03月13日(Sun)]

よもぎ台に公園二つ

その一 よもぎ公園


ピースあいちの北方約300メートルにあるよもぎ公園は、僅かな遊具とベンチとを備えた一見ごくありふれた小公園です。
ところがこの公園の地下は雨水の調節池になっているのです。高台の頂点付近にも近く、周りは勾配のある地形で、湛水常習地とも考えられません。ハテナ???
| 次へ