CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 今日のピースあいち | Main | イベント情報»
企画展「沖縄戦と日本軍」 [2015年05月29日(Fri)]

5/19(火)より、企画展「戦後70年 今、振り返る沖縄戦と日本軍」が開催されています。
展示の第1部「沖縄戦の実相ー今に伝える」では旧南風原陸軍病院壕から出土した遺留品を南風原文化センターよりお借りして展示しています。
医療器具など、実物資料を間近で見ることができます。

他にも兵士として沖縄戦を体験した方の紹介や、沖縄の今を伝える写真・パネルなど…
開催期間は7/4(土)までと少し長いので、
お時間のある時にゆっくりとご覧になっていただきたいです。

※Twitterでより詳しく紹介しています。
https://twitter.com/peaceaichi/

15_okinawa_01.jpg

15_okinawa_02.jpg
写真展「平和を紡ぐ1000人の女性」 [2015年04月10日(Fri)]

4/7(火)より、写真展「平和を紡ぐ1000人の女性」が始まりました。

2003年にスイスで始まったプロジェクト『1000人のピースウーマン』。
154の国と地域から「平和に貢献する1000人の女性」をノーベル平和賞に推薦しました。
その女性たちを紹介する本が出版され、世界各地で写真展が開かれてきました。

その写真展を「ピースあいち」で見ることができます。
関連資料を座って読めるスペースも。

開催期間は5/10(日)までです。
通常、日・月曜日は休館日ですが、5/10(日)は「ピースまつり 2015」開催のため、展示を見ることができます。
なお、「ピースまつり」当日は入館無料です!

※Twitterでより詳しく紹介しています。
https://twitter.com/peaceaichi/

15peace_women_02.jpg

15peace_women_01.jpg
名古屋大空襲展と「ピースあいち」入館者5万人達成! [2015年03月07日(Sat)]

3/3(火)より、企画展「知っていますか ? このまちに爆弾が降った 〜名古屋大空襲から70年〜 」が始まりました。

この展示は「名古屋大空襲の概要」「名古屋市内にある戦争遺跡」「マンガ『あとかたの街』(おざわゆき作/講談社BE・LOVE)の複製原画展」の3つの構成でできています。
開催期間は3/28(土)までです。

3/7(土)は、「ピースあいち」入館者5万人 達成!という記念すべき1日となりました。
当日は取材の方もいらっしゃり、ボランティアスタッフもソワソワと落ち着かない空気に。
本日ご来館いただいたお客さま、団体の高校生の皆さま、
ありがとうございました。

また、今までにご来館いただいた、5万人の皆さま、
本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

※Twitterでより詳しく紹介しています。
https://twitter.com/peaceaichi/

150307_peace_01.jpg

150307_peace_02.jpg

150307_peace_03.jpg

150307_peace_04.jpg
戦争の中の子どもたち展 [2015年01月14日(Wed)]

1/13(火)より、子ども企画展「戦争の中の子どもたち」が始まりました。
この展示は過去にも開催されていますが、今回新たに追加された写真やパネルもあります。
写真は地元名古屋の小学校のものをより多く取り上げています。
開催期間は2/28(土)まで。

1・2月は多くの学校から団体申し込みをいただいております。
子どもでもなるべく理解しやすいよう、展示に工夫をしていますので、お子さまを持つご家族にも、この機会に足を運んでいただけると嬉しいです。

※Twitterでも紹介しています。
https://twitter.com/peaceaichi/

2015_kodomo_01.jpg

2015_kodomo_02.jpg
2014 所蔵品展、始まります! [2014年11月09日(Sun)]

11/11(火)より、2014 所蔵品展「資料 深読みー戦時下のあんなモノ こんなモノ」が始まります。
展示内容は、たくさんのモノ(資料)はもちろん、当時の紙芝居をピースあいちのスタッフが朗読し、それを映像で流すなどの見所も。パネルにはイラストを入れるなどの工夫もしました。
多くのお客さまに見に来ていただけると嬉しいです。

11/8は展示の準備が行われました。

peace_taremaku_1108.jpg

peace_1108.jpg
peace nine 2014 巡回展、始まりました [2014年09月10日(Wed)]

名古屋芸術大学が2007年より開催しているpeace nine展。
出展者ひとり一人が考える「平和」への想いを形にしたものです。
今年度の作品の中から一部をピースあいちでご覧いただけます。
期間中はピースあいちも小さな美術館のような空間に。
ぜひ一度お越しください。

CIMG6404.JPG

CIMG6407.JPG
戦争と若者展、始まります! [2014年07月21日(Mon)]

7/22(火)より企画展「戦争と若者 断ち切られた命と希望」が始まります。
この展覧会では、先の戦争で命を失った多くの若者の遺書や日記、遺品や絵画を展示しています。

当時の若者が何を考え、何を想っていたか。遺品の一つ一つと対話してみる。
そんな静かな空間へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

[開催前の準備の様子]
遺品の扱いは丁重に、緊張感のある作業風景でした。
peace_wakamono_01.jpg

peace_wakamono_03.jpg

peace_wakamono_02.jpg
子ども展 盛況裡に始まる ー 70年ほど前、日本は戦争していました ー [2014年01月15日(Wed)]


「戦争の中の子どもたち展」が、1月14日(火)から始まりました。展示期間は、〜 2月28日(金)まで。

戦争中、゛勝つために゛という教育がだんだんと色濃くなり、子どもたちの遊びの場にも゛戦争゛が持ち込まれました。この当時の子どもたちの教育内容は、展示されている教科書で知ることができます。
遊びは、メンコ・かるたなどの展示品から知ることができます。
漫画「のらくろ」「冒険ダン吉」などの各種の雑誌も展示されています。

 子どもたちは、゛少国民゛として、「お国のために」「天皇陛下のために」滅私奉公することが求められる時代でした。おもちゃも、兵隊さん、戦車、飛行機など戦時色一色でした。
幼い子どもたちも、軍国教育をうけ、勤労動員で軍需工場で働かされるなど戦争に協力させられました。

初日の14日(火)には、多くのマスコミが取材に来館しました。名テレは、その日のお昼の時間帯に報道しました。NHK名古屋は、15日の昼ニュースの時間に放送する、場合によっては、午後6時〜の時間にも入れたい、と云っていました。中日新聞、朝日新聞の紹介記事は、15日の朝刊に載りました。

CIMG5231.JPG
9月は「名古屋芸術大学 peace nine 2013 展」 [2013年09月11日(Wed)]

芸術の秋です。
名芸大の学生講師17人が、憲法9条と平和をテーマに制作した絵画や立体作品の美術展です。

IMG_1747.JPG

キャプションを読みながら鑑賞すると、ひとり一人の平和への思いを感じて、立派な美術館に負けない見ごたえがあります。
あと7日間です [2013年08月23日(Fri)]

ゲン焦る.jpg

         あっと気づけば展覧会はあとわずかです。

          まだのかた、ゲンが待ってま〜す。

            コミック10巻も買えます。
| 次へ