CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«7. ゾウ列車がやってきた | Main | 9. 傷痍軍人の写真»
8. 第2展示「戦争の全体像・15年戦争」ほか [2011年05月30日(Mon)]

■常設展示から
第2展示「戦争の全体像・15年戦争」ほか
稲田浩治
ピースあいち・メールマガジン[第8号]2010/7/25



 私も戦争を知らない世代の一人である。「空襲」も「学童疎開」も「灯火管制」も、実際には知らない。だから、ピースあいちに来ると学ぶことばかりである。
 最近最も関心を持って見ているのは、『第2展示 戦争の全体像 15年戦争』である。ここには膨大な情報が詰め込まれていて圧倒されるが、「十五年戦争」を総体として理解するのに、大いに役立っている。
 また、特別展にはさまざまの発見があって、刺激を受けることが多い。例えば、今回の『名古屋空襲を知る〜』では、米軍の資料により爆撃が綿密な計算に基づいて行われていたことなどが明らかにされていた。「学童疎開」についても、「疎開」が元来は軍事用語であることや、その意義が防空体制の足手まといの排除と将来の戦力の温存にあったという指摘には驚愕させられたものである。
 戦争体験をもつ人が減り、日本がアメリカの戦争に関与を深める今日、戦争を学ぶ場として、あるいは平和を発信する拠点として、ピースあいちの存在はますます重要になると思う。微力ではあるけれど何か力になれれば幸いである。
コメントする
コメント