CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«23. 2F展示 「靖国の子−戦争遺児 八巻春夫君」 | Main | 宿題相談歓迎»
24. 2F展示「眼をそらさないで下さい。これが戦争です」 [2011年12月25日(Sun)]

■常設展示から
「2F展示 戦災孤児、浮浪児たち」
近藤 直美
ピースあいち・メールマガジン[第25号]2011/12/25



 「ピースあいち」に携わって四年半。初めて常設展示室を見た時に、自分の知らなかった事実がこんなに多くあった事に驚きでした。私自身も三才で、母親、生まれて二ヶ月の妹と満州から引き揚げて来ました。

 初めて日本の地を踏んだのは京都舞鶴でした。あの時から六十五年。戦争のない今の平和が続く様に戦争資料館「ピースあいち」に携わっていきたいと思っています。

 常設展示室の 「眼をそらさないで下さい。これが戦争です」 の写真の子供達の眼は何を思い、何を見ていたのか、きっと三才の私もあの様な感情の失われた眼で大きな引揚艦を見ていたのかと。

 戦争の悲惨さと国民の日常生活が、展示物が教えてくれます。是非見てください。
男性の居ない世の中で、子供達に悲しみ、寂しさを感じさせない様に、祖父母、母、女性達が知恵と努力で精一杯、子供達の平安を願って頑張っていた様子が伺えます。

コメントする
コメント