CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今日から「子ども」展 | Main | 終戦の日特別企画»
S小学校6年生の質問 [2011年07月29日(Fri)]

O市立S小学校での平和学習支援事業
 去る7月14日(木)S小学校において、仲直敏さんを語り手として平和学習支援事業を実施しました。
 同校の6年生全員120名が図書室に集まり、床に座っての事業でした。
語り手の仲さんは、長崎での被爆体験をいつものようにじっくりとそしてとつとつと心をこめて語ってくれました。
 このほど、その感想が子どもたち全員から送られてきました。その中に戦争に対する疑問や仲さん自身への質問が幾つかありました。語り当日の14日には質問は余り出ませんでしたが、その後感想文を書く中でいろいろな疑問が湧いてきたのでしょう。
 そこで、仲さんへの質問は仲さんにお答えいただくとして、次に掲げる質問についてはどなたでも自由に回答してください。このブログで集めて私(竹川)が学校へ送りたいと思います。皆さんよろしくお願いします。
質問1
  なぜ日本は太平洋戦争を起こしてしまったのですか。
質問2
  なぜアメリカはあんな恐ろしい原子爆弾を広島と長崎に落としたのですか。
質問3
  なぜ日本は強力なアメリカと勝ち目のない大戦争をしたのですか。またなぜ天皇はもっと
 早く負けを認めなかったのですか。早く認めていたらこんなに多くの人が死ぬことはなかっ
 たの

              ピースあいち語り手の会 竹川
コメントする
コメント
質問1を考えてみました。想像力の欠如とか、洞察力の不足とか、アメリカの事をよく知らなかったから、言葉はいろいろ出てきますが、近代化を目指し、先進国に仲間入りしようと欧米の植民地政策とか豊かな生活を急激に求めるあまり、強引な中国進出など世界の反感をかい、石油、石炭など資源を輸入できなくなり、輸出で外貨を稼げず追いつめられたからではないでしょうか?
 勤勉な国民に危機感を煽り、神の国だから日本は負けないなど非科学的な呪文を信じ込ませ、戦争しか方法がないかのような雰囲気を作ったからではないでしょうか?
Posted by: hiro  at 2011年08月02日(Tue) 17:26

質問3の回答
天皇制を維持できる体制で負けを認めたかったので、国民の暮らしを無視して敗戦を伸ばしたのです。
Posted by: bunntyann  at 2011年07月30日(Sat) 13:56