CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月08日

【橋本商店街職トレ】引き継ぎの様子

【相模原事業部 若者支援部】
12月に入り、今年も残り1カ月を切りました。めっきり寒くなりましたが、サポステ事務所の中は無駄に暑い!そして街にはクリスマスツリーやらイルミネーションやらで賑やかな季節となりました。

今回の記事は2回目となりますが、橋本商店街職トレの様子を書きたいと思います。12月は10月から職トレを始めた参加者の体験最終月となるため、次の代に引き継ぐ作業があります。

10月から商店街職トレを始めた彼は「商店街の加盟店を回る時に緊張して喉が渇いた」、と話していました。その前の代の参加者との引き継ぎが3日しかなかった、ということもあってわからないことは聞くしかない!

でも自分が困ったことは何か?、それをどうやって乗り越えたのか?、体験すると身に染みてわかって次の参加者にも「同じことで困らないように」と忠告できるんですね〜♪

次の代を任された彼も商店街の事務所に入るまではやや緊張しているようでしたが、「最初はみんなわからないし緊張して当たり前」、「2か月かかってようやく慣れてきた作業もある」という先輩の言葉を聞いて、徐々に安心して笑顔も出てきました。

次の代で商店街職トレは10代目!こういう伝統が代々続いていくっていいですね(^^♪

↓イオン2F 杜のこみちでの作業引き継ぎの様子
P_20161206_141439.jpg
posted by ぱらすて at 16:54| 職トレ

2016年06月22日

ところで職トレってそもそも何なの?

【相模原事業部 若者支援部】

6月も下旬に入り、関東は梅雨空の天気が続いています。毎年、この時期は夏が待ち遠しい・・(;^_^

さて、今回の記事はサポステが行っている「職場体験トレーニング」、通称「職トレ」の説明をしたいと思います。

職トレ先は有名なアパレルブランドのお店から家族経営の町工場まで多種多様です。でも、共通していることがあります。それは、店主や施設長の方が「若者を育てる」気概を持っていること。そして職トレに来た若者を「労働力」としてではなく、将来の貴重な社会財産としてみなしているため、成長のためなら失敗したってOKなことです。
職トレを体験した方からは「職トレで自信がついてアルバイトに応募できた」、「『働く』ってどういうことか、少しだけわかった」という声もありました。

最後に、サポステを利用されている方でまだ職トレに一歩踏み出せない方。やってみるとあっという間に終わるかもしれません。世界が広がるかもしれません。自分は何をやっている時が好きで何をやっている時が嫌いか、わかるかもしれません。いずれの場合も一歩踏み出して、体験しないことには始まりませんよ(^^♪

「もっと具体的に何をやるか知りたい!」という方。今度、職トレ先にスタッフが体験取材をしに行きます。もちろん、その様子はブログにも載せます!それまで乞うご期待!

↓現在、若者を受け入れている職トレ先は計34か所あります。
DSC_7398.JPG
posted by ぱらすて at 17:13| 職トレ

2015年06月30日

橋本商店街 職トレ!

【相模原事業部 若者支援部】

イオン杜の小道で作業中の職トレ参加者にバッタリ!
橋本商店街事務所での職業トレーニングの一コマです。
橋本商店街職トレ.JPG

さがみはらサポステでは、様々な職業トレーニングメニューを用意していますが、
たいていは3日〜1週間程度。そんななか、橋本商店街さんは最低でも1カ月、最大3カ月の職業トレーニングを受け入れてくれています!

昨年夏から始まり、途切れることなく若者が参加、現在の彼女はすでに4代目です。
最後の月に、次の参加希望者が入り、作業を引き継いでいくというスタイルも人気の秘密!
参加した若者は、商店街の方々に可愛がられ、みなさん笑顔で取り組んでいってますよ〜。興味のある方は是非担当まで!
posted by ぱらすて at 17:47| 職トレ