CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月27日

GATB  5月23日実施

【相模原事業部 若者支援部】

5月23日(月)、GATBを行いました。

GATBは一般職業適性検査の1つなのですが、詳しく説明すると…

GATB(General Aptitude Test Battery)とは…
9つの適性能(知的能力、言語能力、数理能力、書記的知覚、空間判断力、形態知覚、
運動共応、指先の器用さ、手腕の器用さ)を測定する検査。
対象:中学生〜成人(45歳程度まで)
検査所要時間:紙筆検査…45〜50分(当サポステで行っている検査はこちらのみ)
       器具検査…12〜15分
特徴:制限時間内にできるだけ正確に回答する最大能力検査。適性のうち、能力に関する
   特徴が把握できる。

GATB写真.JPG
これが紙筆検査一式です。


平たく言えば、「自分が持っている能力が客観的にわかる」ということでしょうか。
なので、自分で得意だと思っている能力が高く出る場合もあるし、その逆もある。
また自分で気付いていない能力が高く出る場合もある。
自分で頑張れば上げていかれる能力もわかったりします。
そういった結果から、自分に向いている職業を知ることができる検査です。

プログラムの流れとしては、最初に簡単な注意事項をお話ししてから検査を行い、
検査終了後は各自で採点を行います。
さらに次回面談で担当相談員と検査結果のお話をします。


今回はサポステスタッフも1人体験しました。
そのスタッフによると、「すごく集中したから体が熱くなったexclamation」とか。
部屋は特別暑くはなかったんですが、検査を受けると暑くなるようですよるんるん


次回のGATBは7月を予定しています。
興味のある方はぜひ受けてみてくださいねわーい(嬉しい顔)