CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
身近な取り組みから学ぶ伊豆地域の防災と災害救援 [2016年01月14日(Thu)]
(公財)静岡県労働者福祉基金協会NPOプレゼント講座の
お知らせです


身近な取り組みから学ぶ
伊豆地域の防災と災害救援
知恵や経験を伝えあおう
 
Microsoft Word - 2015年度公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会NPOプレゼント講座 チラシ2-001.jpg
 
日 時
2016年1月26日(火)13:00〜15:30
受付12:30〜


会 場:伊東市役所8階大会議室

参加無料

内 容

第1部 事例紹介 伊豆各地の市民が自ら取り組んでいること

 ◎楽しいまち歩きと防災マップづくり(西伊豆町) 
  仲田慶枝さん
西伊豆町災害ボランティアコーディネーター連絡会代表 

 ◎地区防災計画への取り組み(伊豆市)
  谷村彦太郎さん
伊豆市自主防災会代表 修善寺ニュータウン自主防災会会長 

 ◎災害時の孤立に備えた組織づくり(賀茂地域)
  井田一久さん
NPO法人賀茂災害ボランティアコーディネートの会理事長 

 ◎あらゆる場面に備えた自治会活動(伊東市)
  山本文夫さん
小室山富士急別荘地自治会長 

 ◎障がい児者や家族を対象としたNPOの取り組み(伊東市) 
  伊東市社会福祉協議会職員
(後方支援をしている市内NPOの活動2例の紹介)
 
第2部 知恵を出しあうワークショップ
小グループに分かれ、それぞれの地域で取り組んでいる
防災や災害救援の課題について解決の道を探ります


第3部 情報交換タイム 参加者交流


対 象
地域で防災や災害救援に取り組む団体
(自主防災会、災害ボランティア団体、町内会、自治会、NPOなど)や市民、
これから取り組みたい方、
このテーマに関心のある方
(第1部の事例紹介のみの参加もできます)

申込み
下記のチラシをダウンロードのうえ
FAX、メール、お電話で
NPOプレゼント講座1.26.docx

NPOプレゼント講座1.26.pdf

お問合せ
いとう市民活動支援センターPal
電話0557−36−1444

主催:(公財)静岡県労働者福祉基金協会

後援
静岡県・静岡県労働金庫
(一社)静岡県労働者福祉協議会

協 力:伊東市


企画・運営 いとう市民活動支援センターPal
NPO法人東海道・吉原宿


中城ヶ崎海岸 1day ジオガイドツアー [2016年01月06日(Wed)]
伊豆高原ジオパーク研究会からのお知らせです

伊豆高原ジオパーク研究会

いがいが根から四季の花公園へ
中城ヶ崎海岸

ポットホール.jpg
ポットホール

日 時
2016年1月24日(日)8:30〜15:00
荒天の場合は1月31日(日)に延期

集 合(解散も同じ)
伊豆急行線伊豆高原駅桜並木口

内 容
伊豆高原駅に集合し、「いがいが根」から「かんのんが浜」のポットホールを見学し、「大島ヶ根」、四季の花公園へ行き、伊豆高原駅に戻ります。

ガイド:斉藤俊仁さん
伊豆城ヶ崎ネイチャースクール代表
伊豆半島認定ジオガイド

対 象
上記コースが歩ける方ならどなたでも

参加費
1人1,500円・小中学生750円
(保険料・資料代含む)

申込み
1月20日(水)までに
延期の場合の参加可否と合わせて、
住所、氏名、年齢、電話番号を下記にご連絡下さい。
詳細は別途参加申込者にお知らせします。
090-6098-2177 花房
080-1122-8941 湯井

主 催:伊豆高原ジオパーク研究会

後 援:伊豆半島ジオパーク推進協議会、伊豆新聞本社
協 賛:伊豆高原を考える会
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml