CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記憶をつなぐ―災害の歴史を知り、伝えるために [2014年09月30日(Tue)]
伊東市市史編さん室からのお知らせです。

第12回シンポジウム文化財を守る

記憶をつなぐ
―災害の歴史を知り、伝えるために―


2014文化財を守る (1).jpg


静岡県伊豆半島の沿岸部は、過去に何度かの津波や高潮によって被害を受けており、その状況を伝える古文書や遺構などが近年多数発見されている。これらの災害史を紐解き、研究することは過去の災害に向き合い、未来の生活を守る盾となる。
静岡県文化財等救済ネットワークでは、「記憶をつなぐ」と題して第3回目のシンポジウムを開催する。郷土の災害を伝える文化遺産の事例を学習しながら、改めて「記録」が伝える災害の「記憶」を考える。


日  時
2014年10月25日(土)
13:20〜16:15(受付13:00〜)
※起雲閣見学(有料)希望者は12:00〜

会  場
熱海市起雲閣ギャラリー



日 程 

13:20開会

13:45〜シンポジウム

【報告】
(1)伊豆東海岸の災害史   金子 浩之 さん
(伊東市教育委員会生涯学習課 伊東市史編さん担当主幹)
(2)町を守った武ヶ浜浪除け 増山順一郎 さん
(下田市教育委員会生涯学習課 社会教育係主査)

【ポスターセッション】(休憩20分)

【問題提起】
「災害遺産〜保存から伝承へ〜」日比野秀男 さん
(常葉大学造形学部特任教授)

【意見交換】


開催チラシ
2014文化財を守る (1).pdf


参加費
受講無料要事前申し込み
※起雲閣を見学される方は入館料410円が必要です。

申込み
はがきまたはメールで、住所・氏名・電話番号・起雲閣見学希望の有無を10月23日までに連絡(ただし定員80名になり次第締め切りとなります)


申込み先
〒420−8601静岡市追手町9番6号
静岡県教育委員会文化財保護課内
静岡県文化財保存協会
「第12回シンポジウム文化財を守る」係まで
mail shizuokabunkaアットマークgmail.com

問い合わせ 静岡県文化財保存協会 
電話054‐221−3159


主 催
静岡県文化財等救済ネットワーク
一般財団法人伊豆屋伝八文化振興財団
静岡県文化財保存協会

後 援
熱海市教育委員会 静岡県博物館協会

協力 起雲閣
成果を上げ、支援し続けるためにNPOがすべきこと [2014年09月28日(Sun)]
2014年度NPOプレゼント講座in伊豆
(公財)静岡県労働者福祉基金協会

発達障害者に特化した
就労サポート事業経営者に学ぶ

成果を上げ、支援し続けるためにNPOがすべきこと

10.19表.jpg

独自の職業訓練&就活支援プログラムで、就職率80%、定着率90%の実績を上げている(株)Kaien代表の鈴木慶太さんに、同社の取組みや目標、株式会社を選択した理由、企業経営者から見た、発達障害福祉に取り組むNPOへの苦言や助言をうかがいます。

日 時
2014年10月19日(日)
14:00〜【開場13:30】

講演終了(16:00を予定)後、鈴木さんを囲んでの意見交換会(40分程度)を行います。
ご希望の方はあわせてお申し込みください。


参加無料

会 場 
三島商工会議所4階会議室


◆鈴木慶太(すずきけいた)さんプロフィール
2000年、東京大学経済学部卒。NHKアナウンサーとして報道・制作を担当。'07年からKellogg (ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院)留学。MBA。渡米中、長男の診断を機に発達障害の能力を活かしたビジネスモデルを研究。帰国後Kaienを創業。
◆【株式会社Kaien】
発達障害は人口の6%とも言われています。学校・大学だけでなく、若者支援・就労支援の現場でも、発達障害に対する関心が高まっています。一方で”新しい障害”のため支援方法が確立していません。Kaienは発達障害に特化した支援を5年前から行っている業界のパイオニア。お子様から大人まで、彼らの強みを活かして社会に送り出すプログラムを作成・運営し、進化させています。
<沿革>
2009.09 設立
2010.04 発達障害者向け「職業訓練」開始
2010.07 発達障害者専門の「職業紹介業」開始
2011.08 横浜事業所開設・「発達障害者就労支援モデル事業」受託
2012.02 発達に凸凹のある小中高生向け 「TEENS(ティーンズ)」開始
2012.10 発達障害者向けの「就労移行支援事業」開始
2013.04 発達障害(含・疑い)の学生向けの「ガクプロ」開始


(株)Kaienが行っている発達障害の方専門の4つの事業のご紹介
1) 人材サービス事業 
 発達障害者の人材紹介、障害者雇用についての人事コンサルティング
2) 就労支援事業 
 大人の発達障害者向け「就労移行支援事業」運営、在職者向け「Kaien倶楽部」運営
3) 教育事業 
 お子様向けの児童デイ「TEENS」運営、大学生向けプログラム「ガクプロ」運営
4) 啓発事業 発達障害"体験型"セミナー「出前講座・授業」
※4)の啓発事業は、今年9月で創業5年目を迎えた同社が、これまでの知見を活かして、開始した新しいサービス。同社社員研修を再構築した”発達障害の魅力を伝える体験型”の「出前講座」と、当社プログラム(ガクプロやTEENS)を外部で実施する「出前授業」だそうです。


対 象
発達障害のある方の就労支援や発達障害のある子どもたちの支援をしている、または考えている団体やグループの方、
上記の活動に関心のある方
◎複数でのご参加を歓迎します。


主 催
(公財)静岡県労働者福祉基金協会

後 援
静岡県 静岡県労働金庫 
一般社団法人静岡県労働者福祉協議会 

企画・運営
NPO法人アットコミュニティ

協 力
いとう市民活動支援センター

問合せ・申込み
申し込みチラシはこちら↓
10.19講座チラシ表.pdf
1019プレゼント講座裏申込用紙.docx
にご記入の上
チラシ内のNPO法人アットコミュニテイ連絡先まで
または、いとう市民活動支援センター
FAX0557−36−1520まで
電話でのお申込みは
いとう市民活動支援センター
0557−36−1444まで
お名前・団体名・連絡先・参加人数・意見交換会参加の有無を
お知らせください。


平成26年度 第3回ジオツアー(中級者向け)城ヶ崎 新発見《 南海岸コース 》 [2014年09月27日(Sat)]
伊豆高原ジオパーク研究会からのお知らせです


平成26年度 第3回ジオツアー(中級者向け)
城ヶ崎 新発見《 南海岸コース 》

H26年城ケ崎新発見ポスター(1)修正版.jpg

日 時
2014年10月26日(日)9:30〜14:00
荒天の場合は11月2日(日)に延期

集 合(解散も同じ)
伊豆急行線伊豆高原駅桜並木口

コース
伊豆高原駅→とよ→てんぐのはな→てんまじり→あかねの浜→せいじゃあな→はしがかり→こさいつな→対島の滝→大淀小淀→橋立吊り橋→伊豆高原駅。

ガイド:斉藤俊仁さん伊豆城ヶ崎ネイチャースクール代表

対 象:上記コースが歩ける方ならどなたでも

 
参加費:1人1,700円(保険料・資料代含む)

申込み
10月16日(木)までに
住所、氏名、年齢、電話番号を下記にご連絡下さい。
詳細は別途参加申込者にお知らせします。
090-6098-2177 花房・080-1122-8941 湯井

主 催:伊豆高原ジオパーク研究会

後 援:伊豆半島ジオパーク推進協議会、伊豆新聞本社
協 賛:伊豆高原を考える会


秋の狩野川バードウォッチング 秋の渡りを観察する [2014年09月26日(Fri)]
伊豆野鳥愛好会からのお知らせです。

秋の狩野川 バードウォッチング
(公開探鳥会)
秋の渡りを観察する


日 時
2014年10月11日(土)9:30〜14:00頃
受付 9:00〜
 
雨天中止

場 所:伊豆の国市狩野川

集 合
伊豆の国市韮山 狩野川桜公園駐車場

内 容
狩野川桜公園から狩野川の左岸を
上流の新大門橋に向け探鳥します。
ほぼ平坦なコースです。
途中で昼食をとり、桜公園まで戻ります。
【観察できそうな鳥】
カイツブリ、カワウ、カワセミ、イカルチドリ、イソシギ、
カモ類、サギ類、ツバメ類、セキレイ類、ワシタカ類等

カイツブリjpg .jpg
カイツブリ

対 象
上記コースを歩くことができる方ならどなたでも
鳥が見やすいので初心者も楽しめます。


参加無料(保険等は当会で加入しています)
事前申込不要 当日集合場所へ

主 催:伊豆野鳥愛好会(本部:伊東市)

問合せ
事務局 渡辺高助(ワタナベコウスケ)
0557−54−4088

持ち物等
弁当、筆記用具、双眼鏡(お持ちの方)
歩きやすい服装でお出かけください。


■メッセージ
秋の狩野川でそろい始めた冬鳥を観察します。南の国へ渡るツバメにも逢えるかもしれません。渡り鳥は特に食料が緯度が高い地域では冬期に少なくなりますので食料が容易に獲られる地域に移動します。これが秋の渡りです。日本に渡ってくる冬鳥も秋の渡りと考えてよいと思います。
バラ蒸留&田舎料理手作り体験&ジオハイキング [2014年09月21日(Sun)]
NPO法人 伊豆の田舎暮らし夢支援センターからのお知らせです。

バガテル公園とバラ蒸留体験で秋バラ堪能
&田舎料理手作り体験&ジオハイキング

26.8.jpg


田舎暮らしや河津町に興味ある方々に、香りの良い秋バラが見頃の河津バガテル公園の散策、伊豆で長年バラの栽培をしている伊豆ばら園で蒸留水作りとリース作り、河津七滝ジオハイキング、河津産の食材を使用した田舎料理の手作り体験を開催します。
日時 :平成26年10月18日(土)〜19日(日)
参加費:お一人様15,000円(税込)
    宿泊代(1泊2食)、19日昼食代含む
定員 :15名
申込締切:平成26年10月8日(水)
「申込・問い合わせ先」
NPO法人伊豆の田舎暮らし夢支援センター
    TEL:0558-32-2307
詳細はこちらから

秋の自然観察会 〜寺社林の秋探し〜 [2014年09月21日(Sun)]
NPO法人シンプルライフ普及センターからのお知らせです。

第35回 土曜学校シンプルライフ講座
秋の自然観察会 〜寺社林の秋探し〜

朝善寺境内(宇佐美嵯峨野)の里山環境で秋の自然観察会をおこないます。自然観察会第4弾。地域の自然への理解を深め、生物多様性と循環型社会のありかたを考えます。

Microsoft Word - 141004_第35回土曜学校イベント案内チラシ.jpg

日 時
2014年10月4日(土)
13:30〜15:00


場 所 
シンプルライフ普及センター本部講義棟2階ほか
(伊東市宇佐美845)

講 師   
山口康裕さん『天城のブナと語る会』代表

参加費100円(資料代)

事前申込み不要、当日集合場所へ

その他
長袖・長ズボンの歩きやすい服装・足ごしらえでおいで下さい。

主 催
NPO法人シンプルライフ普及センター

後 援
伊東市教育委員会

問合せ
特定非営利活動法人 シンプルライフ普及センター
(事務局)〒414-0001 静岡県伊東市宇佐美845
電話 070−6444−3700 
(または東京連絡所042-707-1440)

〇講師メッセージ〇
今年は異常気象で夏の後半は気温低下と雷雨に見舞われ自然が年々変化をとげていることを実感させられる夏でした。それでも私達の周りの自然には秋の到来を告げる草花が咲き出し秋の気配を感じさせてくれます。今回の「秋探し」は朝善寺の寺社林を散策し秋を告げる植物達の装いを観察します。薄暗い照葉樹の元に真っ白な壺の中から真っ赤な傘をさしてオレンジ色のドレスに身を纏ったタマゴダケの立ち姿に目を奪われるに違いありません。さあ、秋探しに朝善寺に出かけてみましょう。
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml