CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
「いのち(医農地)をつなぐ」〜農医連携と健康都市づくり〜 [2012年01月22日(Sun)]
NPO法人伊豆の風からのお知らせです。

NPO法人伊豆の風設立8周年記念講演会 
「いのち(医農地)をつなぐ」
〜農医連携と健康都市づくり〜

日  時
2012年2月11日(土)
13:30〜15:00 (開場13:00)

会  場
伊東市八幡野コミュニティセンター大会議室
伊東市八幡野1189-172 電話0557-53-1177

講  師
佐久間哲也氏 
医師 エム・オー・エー奥熱海クリニック院長 

対  象:どなたでも

参加無料
事前申込不要、当日会場へ。

主 催:NPO法人伊豆の風

問合せ
事務局 杉本 正徳(スギモト マサノリ) 
0557−45−2056


■メッセージ
統合医療・農医連携などの研究と提言で知られる、エム・オー・エー奥熱海クリニック院長の佐久間哲也医師に、最近注目されている「統合医療」や「農医連携」について、わかりやすくお話いただきます。

■NPO法人伊豆の風プロフィール 
事務局:伊東市 理事長 宮内和雄、法人正会員:10名 設立:2004年4月 
「健康保養地・伊豆」の創出を願い、予防医学や統合医療等の啓発活動を行ってきたが、途中、諸事情により活動を中断、2011年10月より活動再開。
「自らの健康は自らが守る」「自らの食べ物は自らがつくる(自産自消)」をスローガンに、伊豆半島在住者を対象に、「自然農法」による家庭菜園の実
施と自然食生活を通して、自らの生活習慣を見直し、自然に則した生活の啓発にとりくんでいる。昨年10月から12月にかけて伊東市八幡野地域と荻地域で、自然農法に関心がある方や家庭菜園を実践している方を対象に、自然農法の講座と実習をそれぞれ1回ずつ計4回行った。30名あまりの参加があり、今後も定期的に研修会を行う予定。

自然農法の実習、畝づくり(参加者撮影)
「江戸時代の伊東を探る」伊東市史講座受講生募集! [2012年01月22日(Sun)]
伊東市生涯学習課からのお知らせです。

伊東市史講座受講生募集!

江戸時代の伊東を探る
―『伊東市史 史料編近世U』を活用しつつ―

毎回好評の市史講座を開催します。刊行された『伊東市史』を活用して、伊東の歴史と文化に関する専門家からの講話と史料解読を進めます。お気軽に御参加ください。

延享元年(1744) 赤沢村絵図(赤沢区所蔵)

 江戸時代の赤沢村のようすを描いた絵図面。画面下部に海が描かれ、中央部の海岸近くと山間部に家々の屋根が描かれている。上部には伊雄山と遠笠山が位置し、画面右側には八幡野村との境界と血塚が書き込まれている。
伊東市内の村絵図は十数点が現存するが、いずれも当時の村の生活環境の要所を描いており、貴重な情報が得られる史料である。


日  時
平成24年2月4日、18日、25日、3月3日
(いずれも土曜日)13:30〜15:30

会  場
伊東市生涯学習センター中央会館 4階 第一会議室
(ただし3月3日は同3階視聴覚室)



日程と講師 

2月 4日「寛政の陰陽師騒動」
関口博巨(神奈川大学講師・近世史)

2月18日「江戸時代の伊東の寺社と信仰」
金子浩之(伊東市史編さん事務局)

2月25日「紀行文でみる江戸時代の伊東」
加藤清志(伊東市史編集委員・伊東市文化財審議委員長)  

3月 3日「伊東の飢饉と災害」
関口博巨(神奈川大学講師・近世史)


概  要
新たに『伊東市史』の一冊として刊行した『伊東市史 史料編 近世U』をテキストとして使用し、専門家の指導のもと同書に掲載された江戸時代の古文書を読み解き、伊東の江戸時代の人々の姿や村々のようすを探訪します。

参加費
受講料は無料ですが、テキスト(『伊東市史 史料編近世U』)代として4,000円がかかります。
※既に同テキストをお持ちの方は参加無料、受講の際にテキストをご持参ください。

申込み
テキストおよび会場準備の都合上、電話にて下記宛お申し込みください。
テキストを既にお持ちの方は、その旨お知らせください。

申込み・問合せ先
伊東市教育委員会生涯学習課 市史編さん担当
電話0557‐32‐3288

講演会 新しい公共における協働と市民活動の役割 [2012年01月17日(Tue)]
NPO担当の伊東市企画政策課からのお知らせです。

伊東市男女共同参画啓発充実事業講演会
「新しい公共」における
「協働」と「市民活動の役割」




日 時
2012年2月2日(木)14:00開演



講 師
日詰一幸さん


会 場
伊東市生涯学習センターひぐらし会館3階ホール
駐車場は 桜木町こども広場 をご利用ください。
※マップではホテルニュー岡部前の空き地

内 容
これからの「新しい公共」を進めていく中で、
どのように行政と市民が協働し、
また市民活動がどのような役割を担うことができるか、
さらには、
どのように男女共同参画の推進を図ることができるかを
わかりやすく学びます。

入場無料

事前申込み不要
(ただし、会場定員は200名です)


主催:伊東市(企画部企画政策課)

後援:伊東熱海地区労働者福祉協議会
江戸城石丁場遺跡文化財指定地域見学会(伊東市) [2012年01月06日(Fri)]
NPO法人宇佐美江戸城石丁場遺跡保存会からのお知らせです。

日本初!江戸城石丁場遺跡を文化財に指定
(静岡県伊東市)
文化財指定記念事業第一弾
文化財指定区域現地見学会

日 時
平成24年1月22日(日) 9:30〜12:00
小雨決行

場 所
「江戸城石丁場遺跡」文化財指定区域他
全行程徒歩

集 合
宇佐美コミュニティセンター
9:30までにお越しください。

内 容
(1)事前講義
(2)現地見学
(3)まち中“築城石”見学
今回見学する文化財指定区域は通常は入ることができません。
◎現地見学では、緩やかな勾配のある山道も歩きます。

講 師:伊東市教育委員会学芸員
※見学では保存会メンバーも案内を務めます。

保存会メンバー、ではなく
マスコットキャラクターの刻印丸くん

対 象:上記に参加できる方ならどなたでも

参加費:500円/人(資料・保険代等の実費)
当日ご持参ください。

その他 
ハイキングができる身支度でご参加ください。

定 員:先着50名程度

要事前申込:連絡先はこちらをクリック

主 催:NPO 法人宇佐美江戸城石丁場遺跡保存会

後 援
伊東市・伊東市教育委員会

■メッセージ
伊東市は、平成23年9月に日本で初めて「江戸城石丁場遺跡」(一部)を史跡として文化財に指定しました。本事業はそれを記念して行う一連の事業の第一弾です。この機会に本物に手を触れて400年の歴史を体感して下さい。
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml