CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
野外調理を楽しむ/くん製&ダッジオーブン料理 [2010年08月30日(Mon)]
NPO法人伊東里山クラブからのお知らせです。

2010年度第3回
「アウトドアライフを楽しもう、伊東市里山講座」
野外調理を楽しむ
くん製&ダッジオーブン料理


本講座は、伊東市健康保養地づくり事業の一環として市民が身近な自然に親しみながら、アウトドアで行うプログラムを楽しみ、参加者に心身をリフレッシュしてもらおうとするものです。

日 時
2010年9月12日(日)
9:00〜14:30(受付8:30〜)
雨天決行



内 容
秋のキャンプや野外クッキングのおすすめとして、くん製とダッジオーブンを使ったお料理をご紹介します。身近な食材を使って簡単に作れる調理を体験してもらうほか、じっくり時間をかけて作る豚バラベーコンを、参加者の皆さんに試食してもらいます。
メニュー(予定)
魚のひもの、さけの切り身、チーズのくん製。
鶏骨付きもも肉のロースト、メロンパン。
他にメンバーが作った豚バラ肉のくん製。


参加費
ひとり500円(テキスト、傷害保険代含む)

※乳幼児は参加費無料

定員:20名程度
要事前申込

持ち物
エプロン、タオル、マイカップ・皿・箸、お弁当

主 催
伊東市健康保養地づくり実行委員会
NPO法人伊東里山クラブ

申込み・問合せ
〒413-0231静岡県伊東市富戸1317番地の5481
NPO法人伊東里山クラブ 高野政英
電話・ファクス0557−51−4179
携帯090−6574−5019

参加ご希望の方は、なるべく早めに電話でお申し込みください(不在時は、留守電メッセージにお名前と連絡先のお電話番号を録音してください。後で確認の連絡をします)。
詳しくはこちらから(PDFファイルが開きます)



講演会「伊豆のジオストーリー」 [2010年08月25日(Wed)]
NPO法人まちこん伊東からのお知らせです。

NPO法人まちこん伊東まちづくり講座 
伊豆を学ぶ ジオパーク伊豆をめざして

=特別オープン講座=
伊豆のジオストーリー 
― 伊豆の大地の生い立ちと現在 ―

伊東観光協会提供

日 時
平成22年9月11日(土)13:30〜16:30



内 容
伊豆の大地の成立から現在までの歴史を概説すると共に
将来のジオサイトとなりえる見どころのいくつかを紹介し、
伊豆ジオパークのテーマを提案する。


対 象:どなたでも

参加費
300円(資料代等)

事前申込み不要
当日会場へお越しください。


問合せ
NPO法人まちこん伊東 事務局長 田畑みなお 
FAX0557-51-0149  携帯090-2777-9345


NPO法人まちこん伊東が「伊東市健脳健身推進事業」の助成を受けて実施している連続講座「伊豆を学ぶ ジオパーク伊豆をめざして」は、おかげさまで参加希望者が定員を大きく上回って、多くの方々をお断りせざるを得ない状況になりました。
そこで、参加できなかった方やジオパークに関心のある方々など、できるだけ多くの方に小山先生のお話を聞いていただきたいと思い、今回の講座を、オープン講座として実施する事にしました。
どなたでもご参加いただける講座としては他に10月17日のシンポジューム「伊豆の魅力を探るジオサイトの構築」(仮題)があります。
●参考●
ジオパークシンポジューム「伊豆の魅力を探る ジオサイトの構築」
日時:平成22年10月17日(日) 13:30〜16:30 会場:伊東市役所8階 大会議室
基調講演:宮島 宏 氏 (糸魚川市ジオパーク推進室 参事)
パネリスト:小山真人 氏 (静岡大学教育学部教授)ほか
(伊東観光協会提供)

城ヶ崎ガイドウォーク 晩夏の巻 [2010年08月20日(Fri)]
伊東自然歴史案内人会からのお知らせです。

8月の城ヶ崎海岸、秋の足音を探しに
城ヶ崎ガイドウォーク 晩夏の巻
(伊東市、8月21日、22日)


伊東自然歴史案内人が、ご案内します。
(原則として参加7名につき案内人1名)

日 時
2010年8月21日(土)、22日(日)
雨天中止
各日とも、受付9:30〜12:00まで。 
受付後順次出発します。行程約2時間

コース
伊豆高原駅から橋立つり橋までを往復します。 
大淀・小淀へ降りていく道は注意が必要ですが、
小さなお子さまでも歩けるコースです。

対 象
上記コースが歩ける方ならどなたでも 

集合場所
伊豆高原駅 美足の湯付近

事前申込みは不要です。
当日集合場所にお集まり下さい。

料 金
1人500円(同伴の中学生以下は無料)

持ち物
帽子、タオル、飲み物、あれば双眼鏡など。
暑さや日よけ対策をして歩きやすい靴でご参加ください。

問合せ
伊東観光番 電話0557−37−3550
(9:00〜17:00)

主 催:伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)


■メッセージ 
伊豆高原駅を出発し「近道」の林間を下って、木々の間に、橋立吊り橋の全景を眺めます。
緑陰の道を辿って、対島(たじま)川沿いに遊歩道を歩き、出発地点の伊豆高原駅に戻ります。
主なポイントは、眺望に優れた橋立の吊橋、断崖絶壁に打ち寄せる太平洋の波、自然が作ったプール「大淀・小淀」、珍しい亀甲状石、美しい柱状節理、対島の滝、水原秋桜子句碑など。
夏休みの思い出作りに一緒に歩いてみませんか。
夏休み 伊東松川渓谷探検隊 [2010年08月15日(Sun)]
伊東自然歴史案内人会からのお知らせです。


夏休み 伊東松川渓谷探検隊
涼やかな渓谷で、川の生き物たちの不思議を探す
(8月19日、伊東市)



伊東市街を流れる松川、その上流で川に棲む生き物たちを見つけ、観察します。
松川の生き物調べを行ってきた環境カウンセラーの山口康裕さんと、伊東自然歴史案内人がご案内します。

日 時
2010年8月19日(木)10:00〜12:00
(約2時間の川遊び)

雨天中止

●当日催行確認●
7時から9時の間、伊東観光番0557-37-3550へお問合せください。
伊東自然歴史案内人会・ホームページにも掲載します。

集 合
伊東市松川湖ログハウス前 
受付9:30〜 出発10:00
こちらから地図が開きます。
集合地点ログハウスは2ページ目でご確認ください。

コース
ログハウスをスタートして松川湖上流側の松川に入り、白川橋までの約700mを川の生物の観察をしながら遡上します。滑りやすいところや歩きにくい所があります。

対 象
5才以上の方
ただし、10才までの方は保護者の同伴が必要です。

参加費
1人500円(16歳以上)
※5才〜15才までの方は1人300円 

持ち物
帽子、飲料水、タオル等、着替え。
あると便利な物
水中眼鏡、水の中で使える網、虫眼鏡

事前申込不要、当日受付場所へ。

川遊びの出来る服装(水着)・(水の中を歩ける)靴で、
お越しください。

問合せ:伊東観光番(9:00〜17:00。当日は7:00〜)
電話/FAX0557−37−3550  

主 催:伊東自然歴史案内人会 松川湖一碧湖部会
協 力:山口康裕 環境省環境カウンセラー


松川上流には色々な生き物たちが棲んでいます。川の中にも私達人間と同じように社会があり、生き物たちはその中で工夫を凝らして生きています。なかにはびっくりするような不思議な生き物もいます。体を二つに切っても死なずに2匹になってしまうプラナリアや、成虫になり1日で結婚相手を見つけて卵を産んで死んでしまうカゲロウ、赤ちゃんを大事に抱いているサワガニ、頭の赤いヘビトンボ、岩で家を作ってしまうトビケラ、結婚を控え色鮮やかに衣装変えをしたオイカワたちが皆さんを待っています。この夏休みには松川湖生き物見つけ探検隊の隊員になって川に棲む生き物たちを皆で調べて見ましょう。
■山口隊長からのメッセージ
遊び大好き人間、日本や外国の山々を歩き回り、ロープを使って深い洞窟に潜り込んではコオモリと遊び、カヌーで狩野川を下っては柿田川の清流で遊び、飲み水、食料を持たず毒草を薬にサバイバルキャンプをしては虫たちと遊び、ツリークライミングで20mの木のてっぺんから世の中を眺めています。探検は今まで見えなかったものを見えるようにしてくれます。探検こそ人生の先生!さあ一緒に探検に出かけましょう。
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml