CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
NPO法人森のボランティア 伊豆高原たけのこ村 [2010年04月26日(Mon)]
NPO法人森のボランティアからのお知らせです。

NPO法人森のボランティア 
伊豆高原たけのこ村   
探す! 掘る! 食べる! タケノコ狩りは3度楽しい
初心者にはタケノコインストラクター?の指導も
(5月5日まで、伊東市)


伊豆高原たけのこ村は、所有者の変更にともなって、
今年から、森ボラが、期間中運営することになりました。 
伊豆高原たけのこ村(伊豆高原竹の子村)は30周年!!
森ボラ結成10周年!です。
記念事業の資金確保のために頑張って運営します。
      

日 時:開催中〜5月5日 雨天休業
      10:00〜16:00(入場は15:00まで)

場 所:伊豆高原たけのこ村 伊東市富戸アラ山1314−9
     東海バス「栗の原」バス停から徒歩3分


国道135号線からすぐ。
伊豆高原駅方面からだと左折、伊東方面からだと右折です。
看板は「竹の子」村・・・

入村料:大人1,000円 子ども(小学生以下)500円
    お持帰りのタケノコ大人2kg子ども1kgを含みます。
    ※長靴・鍬(クワ)は無料貸出
    ※タケノコ狩りをしないお子さんの入村は無料

いざ出陣!


問合せ:NPO法人森のボランティア たけのこ村
     080−2617‐0991


ふだん竹林の整備をしている森ボラメンバーたちが、ご希望によりタケノコ掘りのコツを伝授します。背中に森のボランティアと書いてある黄色いジャンバーを見かけたら気軽に声をかけてください。


タケノコ狩りのコツやタケノコの下処理方法はこちらの「森ボラブログ」でご覧ください。
伊豆の自然を考える会 細野高原自然観察会 [2010年04月26日(Mon)]
伊豆の自然を考える会からのお知らせです。


初夏の細野高原・三筋山 自然観察会
ここならではの眺望と自然を体感する
(5月16日、東伊豆町)
細野高原(三筋山)


大型風力発電施設計画がある東伊豆町の細野高原・三筋山で、自然観察会を開きます。
反対や賛成のまえに、まず、自然の豊かさや山頂からの眺望を体感していただきたいと思います。


日 時:2010年5月16日(日)9:30〜15:30頃
      ●雨天中止
場 所:細野高原・三筋山(東伊豆町)往復約3km。
    アップダウンのあるやや健脚向きのコース

集 合:細野高原桃野湿原入口駐車場
     9:30迄に集合。

      現地不案内の方は、下記へお問合せください。
内 容:風力発電施設開発計画が進む細野高原・三筋山
     に棲む動植物を日本自然保護協会自然観察
     指導員のガイドで観察します。

■観察できそうな動植物
ヒバリ、セッカ、ホオアカ、クマタカ、オオタカなどの鳥類
センチコガネ、ニワハンミョウ、クロスジギンヤンマ、アサギマダラなどの
昆虫類。
コキンバイザサ、コケリンドウ、オカオグルマ、ヤマツツジなどの花。


セッカ

アカハライモリ

オカオグルマ


対 象:どなたでも
持ち物:お弁当、飲み物、タオル、帽子、筆記用具、
     図鑑・双眼鏡(お持ちの方)など。
     天候により雨具を用意

参加費:100円(資料代と保険料)
事前申込み不要。当日集合場所へ。
問合せ:酒井洋平(さかいようへい)
     携帯090−5623−2897
その他:歩きやすい服装と靴でご参加ください。


主 催:伊豆の自然を考える会(代表・山本里子)


ヤマツツジが咲く三筋山山頂

■企画趣旨
風力発電については耐用年数や故障、また、工事・運搬のために必要な道路建設や建設地造成のための自然破壊、設置後のバードストライク(風車に鳥が巻き込まれる)などの問題から、その建設を疑問視する有識者も少なくありません。
 一方、細野高原は、伝統的な山焼きにより伊豆最大規模の草原環境が維持され、またところどころに湿原が点在することから、多種多様な動植物が生育するところとして知られており、レッドデータに記載されている昆虫や植物が何種類も観察されています。
伊豆の自然を考える会(代表 山本里子 会員10人)は、2005年6月、伊豆の自然を守り育てる会として発足。風力発電施設建設によって影響が及ぶと考えられる地域の現在の自然環境を冷静にかつ入念に調査することが大切として、これまで延べ100回以上に及ぶ調査のほか、行政への提言、事業者との意見交換などを行ってきました。 
私たちが調べたことや学んだことを多くの方々と共有して、一緒に伊豆の自然やエネルギー政策について考えていくことが必要と、今回の観察会を企画しました。
参加をお待ちしています。
伊豆野鳥愛好会 新緑の天城滑沢渓谷探鳥会 [2010年04月26日(Mon)]
伊豆野鳥愛好会からのお知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新緑の天城滑沢渓谷バードウォッチング
(愛鳥週間協賛公開探鳥会)
5月15日、伊豆市

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公開探鳥会 伊豆市滑沢渓谷(なめさわけいこく)

カワガラス


日 時:2010年5月15日(土)10:30〜14:00 
●雨天中止

集 合:伊豆市道の駅「天城越え」駐車場  
受付 10:00〜10:30


内 容
道の駅「天城越え」から、滑沢渓谷経由で
太郎杉まで探鳥しながら歩きます。
太郎杉で昼食休憩をとって駐車場まで戻ります。
ほぼ平坦なコースです。

◇観察できそうな鳥
カワガラス、キセキレイ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、
オオルリ、ウグイス、ミソサザイ、コゲラ、キビタキ、クロツグミ、ホオジロ等

対 象
上記コースを歩くことができる方ならどなたでも

参加無料(保険等は当会で加入しています)

事前申込み不要。当日集合場所へ


問合せ:事務局 渡辺高助(ワタナベコウスケ) 
0557−38−1535


持ち物等
弁当、筆記用具、双眼鏡(お持ちの方)、
歩きやすい服装でお越しください。


主 催:伊豆野鳥愛好会(本部:伊東市)

■メッセージ
5月10日から始まる愛鳥週間(5月16日まで)に協賛しての公開探鳥会です。
天城に棲息する野鳥の姿や囀り(さえずり)を楽しみます。
NPO法人伊東里山クラブ タケノコ情報 [2010年04月25日(Sun)]
NPO法人伊東里山クラブからのお知らせです。

中伊豆の森・夕焼け小径
タケノコ狩り ご自由にお楽しみください。
ただし、「イノシシスタイル!」はお断り
山人ルールでお願いします。
(時季終了まで、伊豆市)




伊東里山クラブでは、伊豆市姫之湯地区で里山整備事業「中伊豆の森・夕焼け小径」を手がけていますが、この場所でモウソウチクの放任竹林を除伐したところに筍が次々に出てきています。
筍好きな方はどうぞ、ご自由に掘っていってください。

もちろん、無料です!!

<お願い>
筍を掘ったら、穴を埋めてください。皮を放置せず、むいた皮は土に埋めて山の美観に配慮して下さい。


場所は以下から。クリックすると開きます。↓



PDFはこちらから↓

伊東方面からは、修善寺街道の伊豆スカイライン「冷川IC」を過ぎて最初の信号「東八幡」(ひがしはつま)を左折。大見川に架かる小さな橋を2度渡り、間もなく右折。その目印は、曲がり角に「戸倉野」バス停と「松屋製めん所」看板、クリーム色シャッター。

問合せ:NPO法人伊東里山クラブ 高野政英
413-0231 伊東市富戸1317-5481 
T/F 0557-51-4179  携帯090-6574-5019
伊豆城ヶ崎ネイチャースクール 4月火山教室 [2010年04月23日(Fri)]
伊豆城ヶ崎ネイチャースクールからのお知らせです。

開校6周年記念 4月市民火山教室
『城ヶ崎海岸ピクニカルコース』探訪

(4月25日、伊東市)

日 時:2010年4月25日(日)9:00〜12:00
     (受付8:30〜)

雨天の場合は4月29日(木・祝)に延期
集 合:城ヶ崎海岸ピクニカルコース入口 
     ぼら納屋前広場(ぼら納屋トイレ横)
     受付8:30〜 オリエンテーション8:50〜
     出発9:00


コース
ピクニカルコース起点(ぼら納屋)〜門脇崎灯台まで

内 容
9:20 ぼら納屋(ぼら漁基地)
9:10 まえかど【火山地形@】
◎溶岩上の岩塊は何?
見張り小屋の外観と遠謀
旧海岸線、大室山火山溶岩扇状地、
遠笠山、定置網、溶岩球
9:40 こずり・おおずり【火山地形A】
◎六角巨石はどこからきたの?
波食洞、溶岩トンネル、迷子石、ポットホール
10:30 ふたまた【火山地形B】
◎同心円地形はなに?
10:50 もずがね【火山地形C】
◎伊豆大島遠望
伊豆七島〜太平洋〜火山フロント
11:00 かどかけ【火山地形D】
◎貴重!!溶岩トンネル跡
かどかけポットホール、大室溶岩の秘密
【かんらん石・石英の斑晶】
11:30 つばくろ島【火山地形E】
◎アマツバメの営巣
11:50 門脇吊り橋・舟形
【溶岩トンネル・柱状節理】
12:00 門脇崎灯台で解散

対 象:上記コースを歩ける方
参加費:300円(小学生150円)保険料・資料代含む。

持ち物:飲み物・筆記用具・帽子・防寒具・
     (あれば)ルーペ、天候により雨具

主 催:伊豆城ヶ崎ネイチャースクール(代表 斎藤俊仁)
申込み・問合せ:
同スクール 電話・FAX0557−45−0477

※事前申込が望ましいが当日受付も可。
電話090−1629−4940

◆企画の特徴
 約4000年前に大室山が噴火し、海に向かって流れ出した溶岩が10kmに及ぶ城ヶ崎海岸を作りました。海岸線は風化や黒潮の働きでたえず変化していますが、突端や入江には噴火当時のなまなましい様子を示すもの、4000年の間に起きたいろいろな出来事を記録しているものなど興味深いものがひしめいています。美しい海岸線は「自然が作った巨大作品」とも「実物で語る古文書」ともいえます。
伊豆城ヶ崎ネイチャースクール「火山教室」6周年企画として、城ヶ崎ピクニカルコース(全長3km)の一部(1km弱)を詳しく観察し、城ヶ崎海岸の歴史を考えます。
伊東自然歴史案内人会 城ヶ崎ガイドウォーク [2010年04月23日(Fri)]
伊東自然歴史案内人会城ヶ崎・大室山部会からの
お知らせです。


新緑の城ヶ崎海岸、その隠れた魅力をご案内します。
城ヶ崎ガイドウォーク 春の巻
(5月1日、2日 伊東市)



日 時:2010年5月1日(土)・2日(日)雨天中止
       受付9:30〜12:00まで 
       受付後順次出発します。行程約2時間
コース:伊豆高原駅から橋立までを往復します。
      小さなお子さんや、歩きなれない方でも
     参加できるコースです。

内 容:木々に囲まれた対島(たじま)川沿いの遊歩道を歩い
     て、城ヶ崎の橋立(はしだて)へ向かいます。
     主なポイントは、眺望に優れた橋立の吊橋、断崖絶
     壁に打ち寄せる太平洋の波、自然が作ったプール
     「大淀・小淀」、珍しい亀甲状石、美しい柱状節理、
     対島の滝、水原秋桜子句碑などです。
     天城連山や大島、利島、新島など伊豆諸島も
     ご覧になれます。

対 象:上記コースが歩ける方ならどなたでも
集 合:伊豆高原駅前広場(美足の湯付近)
事前申込み不要。当日集合場所にお集まり下さい。
料 金:1人500円(中学生以下は無料)
その他:伊東自然歴史案内人が、ご案内します。

        (原則として参加7名につき案内人1名)     
持ち物:飲み物、あれば双眼鏡など。
     歩きやすい靴と寒くない服装でご参加ください。

問合せ:伊東観光番 電話0557−37−3550(9:00〜17:00)
主  催:伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)
     

■メッセージ 
 伊東自然歴史案内人会城ケ崎・大室山部会の公募案内です。
歩いて気持ちの好いこの時期、城ヶ崎海岸の木々は新緑にあふれ、青々とした海との対比の美しさも楽しんでいただけます。
城ヶ崎海岸では門脇岬の海の吊橋(長さ48メートル)や灯台が有名ですが、橋立周辺は観光の穴場です。60メートルの長さがあり橋の上からさまざまな景色が楽しめる橋立の吊橋や、昔から地元の子供たちの磯遊びの場である「大淀、小淀」など一般の観光コースでは体験できない城ケ崎の魅力を案内人が紹介します。
ホームステイボランティアの会 交流プログラム参加者募集 [2010年04月23日(Fri)]
伊東市のホームステイボランティアの会からのお知らせです。

伊東市・臨沂市学生のホームステイ交流プログラム
参加学生の募集

参加費の一部を会が支援します。締切5月15日



募集対象 伊東市在住の中学生・高校生、
        伊東市出身の専門学校生・大学生
期   間 平成22年7月25日(日)−8月3日(火)
募集人数 3名

内   容 臨沂(リンイー)市内一般家庭にホームステイ
       し、地元市民との交流を図る
      ・学校訪問による中学生、高校生、大学生との
       交流
      ・書道その他の文化交流、スポーツ交流
      ・青島(チンタオ)、泰山など
      その他希望により対応
費   用 10万円 
       うち3万円は会で補助、
       自己負担は1人7万円です。
       
         10万円に含まれるもの
         成田⇔青島の往復航空券、
         伊東⇔成田、青島⇔臨沂の交通費
         宿泊にかかる費用と朝・夕食は不要(ホストファミリーの負担)
         ★含まれないもの
         期間中の昼食代、保険料、パスポート取得費など
そ の 他 交流や観光には日本語の出来るスタッフが
       同行します。
       ステイ先は日本語の出来る人の家庭を
       優先して貰う予定です。
       (現在臨沂市と交渉中です)
申 込 み 所定の申込書に記入・写真貼付の上、
       下記へ郵送で申込む

       
募集要項はこちら↓

申込書はこちら↓

申込・問合せ
       会事務局 小西恒男
       〒414-0054 伊東市鎌田1076-136
       電話090-2571-1999 

申込締切 2010年5月15日(当日消印有効)
選考方法 書類及び面接により選抜(5月末を予定)
主   催 山東省外字弁公室(担当 趙 明坤 主任 )
       ホームステイボランティアの会 ( 石田 寿子 代表 )
後   援 伊東市、伊東市教育委員会




●会のプロフィール
 ホームステイボランティアの会(IHCI)
 2002年9月発足 会長石田寿子(いしだかずこ)
 外国人のホームステイ受入れと外国でのホームステイ支援、
 国際交流・親善活動などの活動を行なっているボランティア団体です。
 会員数 30家庭
 主な活動
 2000年より毎年タイ大学生を1〜2ヶ月受け入れ、
 ホームステイを通じて日本文化体験、 日本語研修などを行なう。
 又、伊東からタイを訪問し、国際親善を図る
 2006年〜中国山東省臨沂(リンイー)市と相互交流を図る
 2007年〜ロシア/ハバロフスク市より市民・学生を受入れ、交流を図る
       イタリア/リエティ、イギリス/メドウェイの学生市民の受入れや
        会員が相手市を訪問、ホームステイを通じて交流を図る。
 など
 
NPO法人まちこん伊東 講演会「伊東の仏像」 [2010年04月23日(Fri)]
NPO法人まちこん伊東からのお知らせです。


NPO法人まちこん伊東 
平成21年度通常総会記念講演会  

「伊東の仏像」
〜どなたでもご参加いただけます〜
(4月27日、伊東市)

伊東の古代史を考える上で貴重な仏像の数々を、
伊豆をフィールドに仏像調査を手がける上原仏教美術館学芸員の田島先生をお迎えし、伊東市域における最新の調査結果から見えてきた、仏像・仏教文化についてお話を伺います。


花岳院宝冠阿弥陀如来坐像


日 時:2010年4月27日(火)18:30〜20:00 
      開場18:10
テーマ:「伊東の仏像」
講 師:田島 整(たじま せい)
      上原仏教美術館学芸員・伊東市文化財審議委員
会 場:伊東市生涯学習センター ひぐらし会館 
     第2会議室

       伊東市桜木町1-1-17 電話0557−38−1511
対 象:どなたでも
参加無料・事前申込不要、当日会場へお越しください。
問いあわせ:事務局 田畑みなお 携 帯 090−2777−9345
主 催:NPO法人まちこん伊東

■企画趣旨
 今まで、あまり知られていなかった伊東市域に遺る仏像について、近年の調査・研究により、古代、中世にさかのぼる多くの優れた仏像が伝えられていることが明らかになりつつあります。かつて伊東市内に現存する中世以前の仏像は、南北朝時代の浜崎家の毘沙門天立像(伊東市指定文化財)しか知られていませんでしたが、近年の調査により市内の寺院で平安時代から鎌倉・室町にさかのぼる多くの優れた仏像が見出されています。
現在確認されている伊東市最古の仏像は円応寺の本尊、阿弥陀坐像と言われ、等身大に近い大きさの本格的仏像で、平安中期以降の定朝様式を示しています。又、花岳院の宝冠阿弥陀如来坐像は、鎌倉時代の慶派仏師による本格的な作と考えられる貴重な像で、本像が組む特異な印は類例が少なく、全国的にみても貴重な像として静岡県の文化財指定を受けました。
 平成21年度総会を記念して、伊豆の仏像調査を長年続けてきた上原仏教美術館の田島先生を講師に迎え、最新の研究成果をお話していただきます。
NPO法人郷組 お茶摘み体験 [2010年04月17日(Sat)]
NPO法人郷組からのお知らせです。

茶摘み体験 参加者募集!
摘んだお茶は製茶して後日お渡しします。
(5月2日、8日、伊東市)

新緑あふれる伊豆で、新茶を五感で楽しみませんか? 

日 時:2010年5月2日(日)、8日(土)
10:00〜13:00

※雨天の場合は両日とも翌日に変更


受 付
NPO法人郷組事務所(伊東市荻)
9:00〜9:30 


場 所
加美製茶園茶畑(〃)



クリック↑


参加費
1200円(新茶100g=製茶後お渡しします。保険料)
製茶したお茶の送付をご希望の方は送料別途。
中学生以下は無料(体験と試飲。保険料は主催者負担)


持ち物
帽子・タオル(昼食の用意はありませんので必要な方はお弁当)
動きやすい服装と靴で。

茶摘みカゴは用意します。


申込み
なるべく事前にお申込みください。
当日も受付可能ですが、申込み状況により
お受けできないことがあります。ご了承ください。


申込・問合せ
NPO法人郷組
小 澤090‐2344‐5113
海老原090−7953−1723


その他
茶摘みの合間に新茶の試飲も行います。
ご希望により新茶の購入もできます。


主 催:NPO法人郷組  
後 援:伊東市 伊東観光協会 伊東市振興公社 
協 賛:伊豆高原ペンション協同組合 加美製茶園




新茶100gは約500gの生葉から作られます。
NPO法人郷組では、市民農園の運営のほか、竹林・梅林・雑木林の整備事業、菜園事業などを行っていますが、茶園農家(茶畑4,000坪)支援もその1つです。
昨年から同茶園で市民農園利用者や一般向けの茶摘み体験会を実施しています。
NPO法人まちこん伊東 シシクボの森で遊ぼう! [2010年04月17日(Sat)]
NPO法人まちこん伊東からのお知らせです。 


森の学校 シシクボの森で遊ぼう!
(4月25日、伊東市) 
    
親子で楽しめる森づくりとして、間伐体験、森の健康調査、ロープ滑降、タケノコ掘り、竹筒を使ったタケノコご飯づくり、竹や木を使った工作など、盛りだくさんのプログラムを用意しました。今建設中のログハウス造りにも挑戦できます。お土産は掘りたてのタケノコです。

日 時:2010年4月25日(日)9:00〜15:30 
●雨天中止

場  所
伊東市吉田字猪久保「シシクボの森里山体験ゾーン」
(集合・解散も同じ)
 

内  容
子ども
お話「森のやくわり」、間伐体験、タケノコ堀り、
竹筒ご飯づくり、工作、読み聞かせ

大 人
ログハウスづくり、間伐体験、林内整備他


募集対象
小学生(小学3年生以上、1・2年生は、保護者同伴で)から
一般成人まで

参加無料
(但し、まちこん伊東っ子クラブ参加者は、当日、今年度保険料を徴収)


持 ち 物
昼食・飲み物・防寒着・雨具(カッパ等)・かゆみ止め
軍手・タオル・タケノコをいれる袋(レジ袋等)
持っている方→ヘルメット・ノコギリ・ナタ・スコップ・唐鍬等の作業道具

申込み
住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、下記へFAXで

FAX0557−51−0149(まちこん事務局 田畑)
締切:2010年4月23日(金)

問い合せ
事務局 田畑みなお 携 帯 090−2777−9345

主 催:NPO法人まちこん伊東・まちこん伊東っ子クラブ

■企画趣旨
 みどりの日を中心とした1ヶ月間、県下各地で森林関係行事を一斉に展開する「春の森づくり県民大作戦」参加行事です。今年のテーマは「未来へつなげる森づくり」で、イベントリーフには
「静岡県の3分の2を占める森林は、地球温暖化防止、災害の防止、生物の多様性など多面的機能を有しています。たくさんの恩恵を与えてくれる森林をより良い形で次の世代に引き継いで行く事が私達の使命といえます。「植える」から「育てる」へ視点を移すと共に「活用する」という視点を加え未来につなげる森づくりとなるよう多くの方々の参加をお待ちしています。」とあります。
国土緑化推進機構・静岡県緑化推進協会の助成を受け、まちこん伊東では毎年実施している活動です。森を守り、育て、活かすきっかけ作りとなることを願っています。
「森の学校」でチエンソーの安全技術を学んだ方々による、模範的間伐作業を同時に行います。 
| 次へ
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml