CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まちセン伊東Palブログ(旧いとう市民活動支援センターブログ)

伊豆半島東海岸にあるちっちゃなNPOセンター「Pal」は平成28年3月31日をもって閉館、いとう市民活動支援センターは伊東市市政戦略課内に、運営組織まちづくりセンター伊東は伊東商工会議所向かいに移転しました。


<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
竹広場にお邪魔しました [2009年12月29日(Tue)]
竹広場訪問記の続きです。
森ボラさんの活動の場にお邪魔するたび、指揮命令がないのに、メンバーが各々自分の持ち場で作業が進めていらっしゃるのに感心ます。代表に秘訣を尋ねても「自然にこうなってる」と笑うだけで・・・。



いよいよ餅つきが始まります。

メンバーのご家族で、餅つき初心者?みんなの注目を集めていました。

搗きあがったお餅にベテラン女性陣の手が一斉にのびます。

お孫さんたちも加わってまずは鏡餅づくり


森ボラは来年活動10周年を迎え、記念イベントも計画中だそうです。
来年もますます活動頑張ってください。
竹広場にお邪魔しました [2009年12月29日(Tue)]
午前中、NPO法人森のボランティアの竹広場にお邪魔しました。きょうは会員とご家族の餅つきです。といっても、御餅つきに参加したのではなくて、紙抄きのとき材料に混ぜる竹の粉が欲しいと頼まれていただきに伺ったのですが。



炭焼き窯もお正月を迎える準備が整っています。

こちらは大掃除の後始末でしょうか?

餅つきの準備も着々進行中

働くものには・・・ [2009年12月28日(Mon)]
Palの御用納めは12月25日の金曜日でしたが、Palで初の有給スタッフ受入準備のために開館。

と、そこへ、NPO法人郷組からヤツガシラの大量差入れが!
写真はごくごく一部です。

きょうは正会員限定の御餅つきの日ということで、おつまみのモツ炒めと、
横浜でお料理教室も持っていらっしゃる代表お手製のヤツガシラの煮物もいただきました。ご馳走様です!!

ヤツガシラは柚子の香りがふんだんに漂っていました。
ねっとりしてと程よい甘さでした。

以前に郷組からいただいて土にいけておいたネギを
白髪(太いですが)にして温めたモツ炒めに載せてみました。
ものすごく柔らかく甘みと辛味があるネギでした。
湯の花ふるさと便で届いたレモンを添えました


皆さんのおかげでよいお正月が迎えられそうです。
来年もどうぞよろしくお願いします。←って何を?????
森づくり安全技術・技能習得講習会 [2009年12月22日(Tue)]
NPO法人まちこん伊東からのお知らせです。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 参加者募集!!
荒廃森林の機能回復と間伐材等活用事業
 「森の学校」森づくり安全技術・技能習得講習会

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

NPO法人まちこん伊東では、昨年に引き続き、国土緑化推進機構「緑募金」特定公募事業助成を受け、森づくりに必要な安全技術を学び・生かすため、チエンソーワークの基礎から伐倒・ロープワークなどを実際の間伐作業を通して身につけることを目的とした講座「森の学校」を下記の通り実施します。


ボランテイア・NPO活動として、森林作業に参加する方々が年々多くなっていますが、森づくり活動への参加者が増えるに従い各地で重大な事故が報告されています。
楽しく安全に森づくり活動を行うためには、十分な技術と技能をもって作業にあたる事が望まれています。

日 時
2010年1月30日・31日、2月27日・28日の土・日、
全4日間 いずれも9:00〜15:30

場 所
伊東市吉田字猪久保 【シシクボの森】

内 容
「森づくり安全技術・技能習得制度」研修会の内容に即し、
チェンソー使用を主体に実技の講習会を実施します。
○チェンソーワーク 目立て、丸太切り、受口作り、追い口切り、追いツル切り
○クサビ ○伐倒 ○ロープワーク、チルホール 

指 導
NPO法人ジットネットワークサービス
(森づくり安全技術・技能推進協議会委員)

対 象
初心者、経験者を問いませんが、全日参加できる方を優先します。

定 員:10名

参加費
5,000円(全4回、保険料他)

その他
チェーンソー等の道具は主催者が用意しますが、ご自身のチェーンソーも可。

締 切
2010年1月10日(日)
※ただし定員になり次第締切

申込み
氏名・年齢・住所・電話・E-Mailを明記の上、
下記にFAXでお申し込みください。
NPO法人まちこん伊東 事務局 田畑
 FAX0557−51−0149 

問合せ
事務局 田畑 090−2777−9345

主 催
NPO法人 まちこん伊東(代表理事 上山育子)
〒414-0023 静岡県伊東市渚町2−48 伊東観光番内 
伊東自然歴史案内人会大室山ガイドウォーク [2009年12月22日(Tue)]
伊東自然歴史案内人会城ケ崎・大室山部会からのお知らせです。

☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★

第2回静岡県景観大賞優秀賞受賞
大室山「お鉢めぐり」と、さくらの里散策
                
★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆<>★<>☆


日 時
2009年12月27日(日)10:00〜12:00頃迄
受付9:30〜

雨天中止

コース
麓からリフトで大室山に登って噴火口を一周します。
その後、さくらの里を散策し、集合場所に戻ります。
小さなお子さんや、歩きなれない方でも参加できるコースです。

対 象
上記コースを歩ける方ならどなたでも

集 合
JR伊東駅または伊豆急伊豆高原駅から伊豆シャボテン公園行きバス利用
「シャボテン公園」バス停(終点)下車

事前申込み不要
当日集合場所にお集まりください。

参加費
1人500円(中学生以下は無料)
別途リフト代がかかります。往復で420円(子ども220円)

主 催
伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)

伊東自然歴史案内人が、ご案内します。
(原則として参加7名につき案内人1名)

持ち物
飲み物、あれば双眼鏡など。
歩きやすい靴、暖かい服装でご参加ください。

問合せ
伊東自然歴史案内人会(城ヶ崎・大室山部会)
石田泰嗣(いしだひろし)
電話0557−36−0220 携帯090−6088−3796

■メッセージ
伊東自然歴史案内人会城ケ崎・大室山部会の公募案内です。
平成21年度「静岡県景観賞」美しい静岡景観推進協議会主催で、優秀賞(静岡県建築住宅まちづくりセンター賞)を受賞した大室山をご案内します。
リフトで登る大室山山頂には、海・山・空が織り成す、360度の大パノラマが広がっています。噴火口を一周する「お鉢めぐり」では、太平洋に浮かぶ伊豆諸島、天城連山・雪化粧した富士山そして南アルプス等、大自然の素晴らしい景色が望めます。寒さとともに空気が透明度を増すこの季節、お天気次第では、遠く横浜や東京、千葉方面の高層ビルも見られます。大室山にまつわる神話や民話にも耳を傾けてみませんか。

※県及び関係団体で構成される「美しいしずおか景観推進協議会」は、
昭和63年度に「静岡県都市景観賞」を制定し、過去20年間、優れた都市景観を創出している地区などを表彰してきました。平成20年度からは、名称を「静岡県景観賞」に改め、優れた景観を創出している地区や景観の形成に貢献する優れた活動を表彰しています。今年は88件の応募がありました。
伊東里山講座〜火山がつくった宇佐美の風景 [2009年12月22日(Tue)]
NPO法人伊東里山クラブからのお知らせです。


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

《参加者募集》
伊東市健康保養地づくり事業2009年度第5回
 「アウトドアライフを楽しもう、伊東市里山講座」     
〜火山がつくった宇佐美の風景〜 
 
   
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

本講座は、伊東市健康保養地づくり事業の一環として
市民が身近な自然に親しみながら、アウトドアで行うプログラムを楽しみ、
参加者に心身をリフレッシュしてもらおうとするものです。

日 時
2009年12月23日(水曜日、祭日)9:00〜12:00
受付8:30〜

雨天中止

会 場
伊東市宇佐美の大丸山=だいまるやま=
(巣雲山ハイキングコース沿い)


内 容
山歩きをしながら山の成り立ちを学びます。
途中、ハイキング道脇にオオシマザクラの苗を植樹します。
(20本程度)


写真はいずれも11月22日の森づくり県民大作戦で撮影したものです。

集 合
    
対 象
サポートなしで山道を歩ける方(小学生以下は保護者同伴)
※急な上り坂もありますが、解説を聞きながらゆっくり歩きます。

参加費
ひとり 200円(テキスト、傷害保険代含む)

定 員
20名(定員になり次第締め切ります)。

持ち物
筆記用具、防寒の用意。

講 師
斉藤俊仁氏
(日本火山学会会員、伊豆城ヶ崎ネイチャースクール主宰)

主 催
伊東市健康保養地づくり実行委員会

企画・運営
NPO法人伊東里山クラブ

申込み
伊東里山クラブ・高野まで電話でお申込みください。
0557−51−4179
※留守の場合は、留守電にお名前と連絡先電話番号を録音してください。

■メッセージ
大丸山は、巣雲山ハイキングコースの途中にある眺めがいい山です。
周辺の山々や伊豆大島等も眺望でき、地質の成立ちを知ることができます。
山道の造成工事や植栽場所整備によって地層を見るチャンスもできました。
土質が弱い宇佐美の山間部は、火山噴火と繰り返し起きた土石流によってできているようです。50万年前ぐらいと見られる宇佐美火山、多賀火山や、1000万年以上前の湯ヶ島層群など
伊豆半島形成のロマンを、山を歩きながら考えてみたいと思います。
また、講座の中で登山道脇にオオシマザクラ(苗木約20本)を植樹します。
原種の一つとされるこの桜は、伊豆半島など火山活動の歴史とも
関係が深いようです。
花のテーブルリース作りに挑戦! [2009年12月21日(Mon)]
Palの強力メンバーでもある、エム・オー・エー美術文化財団伊東支部のぶーこちゃんから、クリスマスのテーブルリースのキットをいただきました。13日の花サークルに参加した小学生の感想に励まされて恐る恐る挑戦。

まず、お皿にカット済みのオアシスを並べて・・・

と早速間違えました。まずは和紙とフィルムを敷いて、です。

で、オアシスをリースの形に置きます。

花やグリーンをアレンジし、真ん中にフィルムを置いて
中心や周囲にオーナメントを飾ります。
が、アレンジを終えてキャンドルを飾ったら
重心が崩れてオアシスもろとも四方にひっくり返ってしまいさあ大変。
いただいたグリーンやお花も全て飾ったのもバランスを崩す原因でした。

何とか仕上げて玄関に飾りました。
クリスマスらしいかどうかはともかく
玄関が明るく華やかになりましたキラキラ
ぶーこちゃんありがとう!
ふるさと便のお野菜で・・・ [2009年12月19日(Sat)]
ふるさと便のお野菜を料理しました。

菜花は、冊子にあったとおり辛し和えに。色よく茹でて、水気を絞って芥子を溶いただし汁に浸しました。


キュウリは、NPO法人代表のYさん作です。斜め切りにしてそのまま試食してみると甘みがあってこのままで充分おいしいんですが、きょうは、ほんの少し塩をして軽く水分を取ってから、ラッキョウの梅味噌漬けを薄切りにしたものと和えてみました。和え衣はラッキョウを漬けてあった梅味噌です。
梅味噌ラッキョウは自家製です。今年初めてラッキョウ漬けに挑戦。甘酢漬けと梅味噌漬けをつくりました。・・・梅味噌は、味噌と義母のお手製梅ジュースを混ぜただけですが。(直売所湯の花で売っている梅ジュースもとてもおいしくて疲れが吹っ飛びます)

大根は、とぎ汁で茹でてから、湯でこぼした牛スジと四国のおでん風にじっくり煮込みました。芥子酢味噌でいただきます。


大根の皮は、お酒と少量のお砂糖と、昆布茶・お醤油できんぴらに。


たまにはこんな日もあります。
湯の花ふるさと便 到着! [2009年12月17日(Thu)]
NPO法人南伊豆湯の花から「湯の花ふるさと便」が届きました。
ありがとうございますハート


箱を開けると、水仙の香りが漂いました。そして、ぎっしりの野菜の上に「ふるさと便」のA3カラーチラシが。昨年の倍の大きさ!直売所や出荷者数などの情報が書かれています。
↓クリックでチラシが開きます。

チラシを外すと、おなじみみなみのさくらと菜の花まつりのチラシと、何と!新しいアイテム、冊子「湯の花ふるさと便」!
昨年は、確か野菜の紹介が簡単にまとめられた1枚のリーフレットでしたが、今年は、生産者・野菜の特徴・お料理が、お野菜ごとに1ページずつで紹介されています。

で、冊子とチラシをとると・・・
広報をお手伝いしている関係で、例年より野菜を2品増やすことは知っていましたが、想像以上の迫力!


ストレチア、水仙、枝つきみかん、みかん、キウイ、レモン、菜花、キャベツ、キュウリ、大根、サトイモ、サツマイモ、ショウガ、岩のり、カツオ節、梅干、わさび漬け、アクリルたわしの全18品!ショウガは予定していたカブの代わり、水仙・枝つきみかん・アクリルたわしはおまけのようです。


中身ももちろんですが、ふるさと便チラシ、ふるさと便冊子と、「湯の花」のみなさんの頑張りに拍手!拍手 拍手 拍手
残念ながら『湯の花ふるさと便』は今年の受付を既に終了しています。
湯の花ふるさと便についてはこちらからご覧ください。
伊東自然歴史案内人会 松川のんびりウォーク [2009年12月06日(Sun)]
伊東自然歴史案内人会 松川湖一碧湖部会からのお知らせです。

oooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo

松川のんびりウォーク 冬の野鳥観察

oooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo

松川(伊東大川)沿いを冬の野鳥の観察をしながら歩きます。

コガモ

日 時
2009年12月13日(日)10:00〜12:00
受 付:9:30〜

●雨天中止、小雨催行
当日の催行は、伊東観光番0557-37-3550にお問合せください。
伊東自然歴史案内人会ホームページのお知らせにも掲示します。

集 合
伊東市 なぎさ公園

内 容
松川河口から岡橋あたりまで松川遊歩道を約1キロ、
のんびりと野鳥観察をしながら歩きます。
なぎさ公園から松川右岸沿いに遡り岡橋を回り、
室生犀星詩碑「じんなら魚」の下の公園にて解散となります。

メジロ

対 象
軽いウォーキングが出来る方
ただし、小学4年生未満は保護者の同伴が必要です。

参加費1人500円
(同伴の中学生以下は無料)
 
持ち物
飲み物・筆記用具・あれば双眼鏡、
帽子・ルーペ・タオル・天候によっては雨具等。
お弁当が必要な方はご用意下さい。

その他
歩きやすく寒くない身支度でご参加ください。

事前申込み不要。
当日集合場所へお越しください。

問合せ
伊東観光番(9:00〜17:00)
電話/FAX  0557−37−3550  

主 催
伊東自然歴史案内人会 松川湖一碧湖部会

■メッセージ
伊東自然歴史案内人会・松川湖一碧湖部会の公募案内です。
今回は、冬の野鳥に的を絞ってご案内します。
伊東市の松川では河口に集まるカモメ類から始まって
カモ、サギ、セキレイ、カワセミ等の水辺の鳥、
周辺の木々に集まるメジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、
水辺の草むらにはアオジ、ウグイス等、数多くの野鳥を
双眼鏡がなくても観察することができます。
案内人の解説を聞きながら野鳥観察を楽しみませんか。
| 次へ
プロフィール

まちづくりセンター伊東さんの画像
まちづくりセンター伊東
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pal_ito_blog/index2_0.xml